2008年09月07日

自衛隊が米軍海兵隊スカイトレインを撃墜した件は猛省を迫られる。 日航ジャンボ123便

日航ジャンボ123便 自衛隊が米軍海兵隊スカイトレインを撃墜したのはまずかった。U字溝~スゲの沢第4支流にスカイトレイン残骸
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/684.html


1985年8月12日の日航ジャンボ123便であるが、
U字溝付近~スゲの沢第4支流にかけては、C-9B SKY TRAIN II の残骸が落ちている。
これは、医療機器等救援物資を積んだ米海兵隊C-9B SKY TRAIN IIを自衛隊が撃墜した際の残骸である。

自衛隊におきましては、JAL123便撃墜生存者虐殺と共に、米海兵隊C-9B撃墜も猛反省しなければならないと思います。


<参考>医療機器残骸
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/6677.jpg  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日航ジャンボ123便 御巣鷹の尾根で散見される空対空核ミサイル残骸部品にMILコンでは無くニチコンニチケミ部品が見られる
http://www.asyura2.com/10/lunchbreak42/msg/654.html
投稿者 愉快通快 日時 2010 年 9 月 22 日 12:00:35: aijn0aOFbw4jc

 

(回答先: 日航ジャンボ123便 光線カッター的な火傷。ディスク円盤状の真鍮製反射放射板を介して放射された。 投稿者 愉快通快 日時 2010 年 9 月 21 日 14:20:21)

070903 peter start 070903 peter end

 

御巣鷹の尾根で散見される空対空核ミサイル残骸部品にMILコンでは無くニチコンニチケミ部品が見られる。


御巣鷹の尾根で容易に散見される、空対空核ミサイルの散弾残骸である。
http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/2009/12/123_bf5d.html
↑のそばには、空対空ミサイルの電子部品もいっしょにバラバラに突き刺さった状態で埋まっている。


米国製ミサイルならば、コンデンサには米軍MIL規格のコンデンサ(通称「ミルコン」)が使用されているはずである。

そもそも、米軍規格を満たしていなければ米軍へは納入できない。
しかし、御巣鷹の尾根での実際の空対空核ミサイルの不発残骸を見ると高グレードのニチコン、ニチケミ(日本製の非米軍仕様)の部品が使用されている。
これは、米軍の装備ではありえない状況を示しており、日本製の自衛隊空対空核ミサイルである状況証拠である。  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日航ジャンボ123便 マルキスト台湾マルクス主義ソ連が、皇国日本ユダヤアメリカに攻めてきたのがJAL123便であります。
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/727.html
投稿者 愉快通快 日時 2012 年 1 月 23 日 07:18:11: aijn0aOFbw4jc

 

(回答先: 日航ジャンボ123便 総括 日本に必要なのはアメリカ主導による国家再構築である。 投稿者 愉快通快 日時 2011 年 12 月 26 日 18:40:35)

070903 peter start 070903 peter end

マルキストは反天皇反ユダヤです。

台湾客家民族を象徴する建物はマルキストの旗印の形そのものです。
 

客家(はっか)族というのがいまして、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%A2%E5%AE%B6
JAL123便で客家民族をはじめとするマルキストが日本に攻め入りました。(国歌君が代告示日の8月12日に自衛隊が武装蜂起)
 

奥秩父がこの連中に占拠されている状態が垣間見られます。
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/7002.jpg

マルキスト台湾とマルクス主義ソ連が、天皇日本ユダヤアメリカに攻め入ったのがJAL123便です。

 

<参考>マルキスト台湾マルクス主義ソ連
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%82%AF%E3%82%B9%E4%B8%BB%E7%BE%A9

 

 

 

 

 

 

 

 

日航ジャンボ123便 元公安調査庁の菅沼氏「米国が守ってくれる」はJAL123便アメリカによる生存者救助を示唆した発言。
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/746.html
投稿者 愉快通快 日時 2012 年 1 月 26 日 08:31:05: aijn0aOFbw4jc

 

(回答先: 日航ジャンボ123便 マルキスト台湾マルクス主義ソ連が、皇国日本ユダヤアメリカに攻めてきたのがJAL123便であります。 投稿者 愉快通快 日時 2012 年 1 月 23 日 09:15:41)

070903 peter start 070903 peter end

 

1985年8月12日の日航ジャンボ123便であるが、
元公安の菅沼氏の各種暴露の中で、
・中国の脅威
・米国が守ってくれる
という点が特に注目される。
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/7053.jpg

これは、JAL123便の際の
・ソ連台湾及び自衛隊の脅威
・米国によるJAL123便生存者救助
を示談した内容と分析される。  

 

 

 

 

 

 

日航ジャンボ123便 高浜機長は、数ヶ月前の1985年イラン法人脱出の際、唯一救援に名乗り出ていた。しかし外務省に睨まれ
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/930.html
投稿者 愉快通快 日時 2012 年 2 月 29 日 18:41:13: aijn0aOFbw4jc

 

(回答先: 日航ジャンボ123便 総括 日本に必要なのはアメリカ主導による国家再構築である。 投稿者 愉快通快 日時 2011 年 12 月 26 日 18:40:35)

070903 peter start 070903 peter end

 

1985年8月12日の日航ジャンボ123便であるが、
数ヶ月前の
イランイラク戦争、イランからの法人脱出
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%A4%E3%83%A9%E3%82%AF%E6%88%A6%E4%BA%89#.E5.9C.A8.E7.95.99.E9.82.A6.E4.BA.BA.E8.84.B1.E5.87.BA
の際、高浜機長の「高浜機」が、日本側で唯一、救援に名乗り出ていた。
それで、
トルコ航空の救援につながり実を結んだ。

 

 


<以下参考>災難を慰めた機長懐かしく
http://www.asyura2.com/10/lunchbreak42/msg/810.html
災難を慰めた機長懐かしく(朝日新聞)


 夕食後何気なくテレビを見ていた私は、ニュース速報で日航
機墜落を知りくいいるように画面を見つめるうち、高浜雅己機
長と出た時は驚きました。
 十三年前の九月、友人とヨーロッパを旅行中、あと一ヶ月で
帰国という時、ローマで盗難にあい、荷物の一部とトラベラー
ズチェック、現金のすべてを失いました。家族からの連絡場所
を日航ローマ支店とし、毎日出向いて返事を待っていました。
 当時国際線を飛んでいた高浜機長らが乗務を終えて休んでい
ました。途方にくれている女の子二人が不思議に思えたのでし
ょうか、声をかけて下さり、事情を説明したと
ころ「それはかわいそうだなあ」と、夕食をごちそうして下
さいました。四ヶ月の旅で一度も日本食を食べたことがなかっ
た私たちは、涙が出るほど感激しました。
 キリッと制服に身をつつんだ高浜機長に、思わず「わあかっ
こいい」と叫んでしまいました。機長の「でも大変な仕事な
んだよ。何百人もの大切なお客様をあずかっているのだから」
といって乗務に就かれた姿が、今懐かしく思い出されます。
 緊急事態発生から墜落までの三十数分間、精いっぱい努力さ
れたことと思います。心からごめい福をお祈りいたします。

http://www.asyura2.com/bigdata/up1/source/6822.jpg  

 

<以下参考>
イランイラク戦争でのイランからの邦人脱出の件がありましたが、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%A4%E3%83%A9%E3%82%AF%E6%88%A6%E4%BA%89#.E5.9C.A8.E7.95.99.E9.82.A6.E4.BA.BA.E8.84.B1.E5.87.BA
その時に、日航は断って、トルコ航空が救援したということになっています。

しかし、実際には、高浜機長の
日航の国際便「高浜機」が、唯一、救援を申し出ていたそうです。
それで、
トルコ航空の救援につながったということです。


これは、日本人にとって、国際的な人道主義にとっては、極めて模範的であります。
ところが、外務省のメンツを潰したということで、目をつけられたということです。
それが、
高浜機長のJAL123便搭乗となり、ソ連軍機やら度重なる執拗な核ミサイル攻撃で殺害されたということです。
高浜機長のご遺体が歯のみであったということですが、おそらくは、日本の裏権力がご遺体を持ち去り零封していると思われます。

国際人道主義におきましてはそういうことは想定されませんが、日本の裏政府だったらやりかねない。

 

高浜機長は、好感の持てる人物だと個人的には評価させていただいております。
http://www.asyura2.com/bigdata/up1/source/6822.jpg

JAL123便後、朝日新聞がすぐに、この記事を載せました。
当然、
イランからの法人脱出で唯一動いた人物が高浜機長であった情報を持っていたと観察されます。
そうなれば、外務省にハメられただろうことは当然の流れであり、
汚い権力に対する鋭い透察報道は、さすがは朝日新聞といったところであります。  

 

 

 

 

 

 

 

日航ジャンボ123便 「金属疲労」の疑いだが、実は、紫外線で瞬時生成された年輪状の素材変化。230nmUV-Cの年輪模様
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/940.html
投稿者 愉快通快 日時 2012 年 3 月 03 日 20:03:24: aijn0aOFbw4jc

 

(回答先: 日航ジャンボ123便 スペースワープしていたJAL123便。「サムライサージ」により18:15~18:20長野北相木村へ 投稿者 愉快通快 日時 2012 年 2 月 25 日 07:46:36)

070903 peter start 070903 peter end

 

1985年8月12日の日航ジャンボ123便JA8119号機であるが、
「金属疲労」の疑いが持たれた。
しかし、実際には、
・紫外線で
・瞬時に
生成された年輪状の素材被加工変化である。


運輸省航空事故調査委員会JA8119号機JAL123便報告書
http://jtsb.mlit.go.jp/jtsb/aircraft/download/bunkatsu.html
233ページ~236ページ
http://jtsb.mlit.go.jp/jtsb/aircraft/download/pdf/62-2-JA8119-09.pdf
写真107~写真114
に、JAL123便JA8119号機の「披露亀裂」の進行状況が示されている。

しかし、
離発着等の老朽化等による金属疲労とすると、金属組織の状態に矛盾を生じる。
・「疲労亀裂」の拡大図(233ページ 写真108)を見ると、亀裂は生じておらず、金属組織が年輪状に加工された状態である。
・離発着ごとに「疲労亀裂」が発生したようなニュアンスになっているが、これはおかしい。実際には、機械的な荷重の繰り返しでは一つの面に集中して疲労が発生し、披露で破断するのならば226ページ写真100のような破損状況となるはずである。
・「疲労亀裂」の進行方向が、力学的な方向では無い。(235ページ 写真112)
・そもそも、「疲労亀裂」の数が、JA8119号機の離発着回数と全く一致しない。


それでは、
この「疲労亀裂」とされる年輪模様はいったいどのようにして生成されたのかということである。
報告書234ページ写真109では0.23μm間隔と指摘されている。
これは、
紫外線の波長であり、UV-Cと一致する。
年輪模様は、極めて強力な光線を外側から面として浴びた結果生じた加工状況である。

即ち、
・外部から、
・極短時間、
・超強力な、
・UV-C
を浴びたことを示している。


<参考>紫外線 UV-C
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B4%AB%E5%A4%96%E7%B7%9A  

 

 

 

 

 

 

日航ジャンボ123便 なにやら「住所も声も顔もバレてんだぞ」と、脅迫されているようだ。当方は免許等の情報をネットで公開させていただいているが、いやはやである。
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/956.html
投稿者 愉快通快 日時 2012 年 3 月 07 日 22:34:32: aijn0aOFbw4jc

 

(回答先: 日航ジャンボ123便 総括 日本に必要なのはアメリカ主導による国家再構築である。 投稿者 愉快通快 日時 2011 年 12 月 26 日 18:40:35)

070903 peter start 070903 peter end

 

なにやら「住所も声も顔もバレてんだぞ」
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/7811.jpg
と、脅迫されているようだ。

当方は免許等の情報をネットで公開させていただいている
http://www.asyura.com/10/lunchbreak41/msg/520.html
が、いやはやである。
 

 

 

 

日航ジャンボ123便 垂直尾翼にオレンジエアが刺さっていた (カラー写真掲載)
http://www.asyura2.com/10/lunchbreak41/msg/520.html
投稿者 愉快通快 日時 2010 年 8 月 14 日 01:08:46: aijn0aOFbw4jc

070903 peter start 070903 peter end

 

アメリカが一番手薄な時間帯(アメリカ本土が一番寝ている時)に岐阜航空実験団のEC1が相模湾飛行しており、
123便尾翼にはオレンジ色の鋼板が突き刺さっていた。
http://www.asyura2.com/10/lunchbreak41/msg/519.html

http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/1472.jpg

日本病、と言うと話が早いですが、
基本的には123便というのも日本特有の病による犠牲なのです。
太平洋戦争の時の作戦と同じです。

何か、また日本病による大規模な国民の弾圧がある雰囲気がむんむんしています。
アメリカは誤っている。しかし日本はもっと誤っている。
これを如実に示したのが日航ジャンボ123便であります。


123便の相模湾の際には、岐阜の航空実験体のEC1というのが飛んでいまして、
これがリモコン操縦等悪さをしていた可能性が大なのです。
オレンジ色の鋼板破片が刺さっている垂直尾翼の写真は当方も恐れ入りました。
(あのオレンジ破片の刺さり方は人工的にできるものではなく、御巣鷹の後部胴体残骸のところにも同じ物が残存しますからホンモノの写真と見てよいです。)


当方の説明は、他で追随してくる2年ほど前にいろいろと案件を出している傾向があり、後から、そうだったのか、となる傾向があります。
intecで現代で解りやすい核心的な解説がありますので添付させていただきます。


<以下引用>
http://www.intecjapan.com/blog/cat18/
 JAL123便を追尾したF-4EJ戦闘機の航空基地指令への報告の中に、欠けた
垂直尾翼に巡航ミサイルの衝突痕跡――オレンジ色の塗料の跡があるというのがあった
のです。自衛隊では軍事演習用の機器は、オレンジ色に塗ってあるのです。
 この報告を受けた航空基地指令はがくぜんとします。そして、直ちにこの事実は上級
指令者(航空幕僚)に報告されたのです。その航空幕僚はそれをさらに上――自衛隊を
指揮命令する立場の者に報告して、指示を仰いでいるはずです。
 垂直尾翼にオレンジ色の塗料の痕跡が残っているということは民間機が軍事演習のタ
ーゲットになって操縦不能に陥ったことになり、日本国政府と自衛隊の立場は完全に崩
壊します。しかし、本来であれば、だからこそJAL123便に乗っている524人の
乗客・乗員の救出を何としてでも行うべきなのです。
 しかし、われわれは、この事件のあと、警察や自衛隊、各官庁の官僚たちの責任回避
体質をイヤというほど見てきています。彼らがこういう状況に直面したときどうするか
。何よりも現体制の維持と責任回避を考えただろうと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

日航ジャンボ123便 蟻ヶ峠付近で発生した「紫外線と赤外線を中心に発する核」をさらに改修した新型無可視光核が想定される。
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/955.html
投稿者 愉快通快 日時 2012 年 3 月 07 日 21:19:43: aijn0aOFbw4jc

 

(回答先: JR福知山線脱線転覆事故=脱線した約10メートル手前で、「砂煙がポッと上がった」原因は何か? 投稿者 高原レタス 日時 2012 年 2 月 02 日 09:52:36)

070903 peter start 070903 peter end

 

1985年8月12日の日航ジャンボ123便であるが、
運輸省報告書にJA8119号機の残骸金属組織顕微鏡拡大写真が複数掲載されている。
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/7779.jpg
顕微鏡拡大写真は
・0.23um(運輸省報告書で指摘)
・0.71~0.83um(運輸省報告書写真110を計測)
の2種類の均一な縞模様になっている。

金属組織に対し超強力な光線が面的に当てられ、瞬時加工された状態である。
0・23umは紫外線
0.71~0.83mは赤外線
を中心とする光線である。

超強力光線が機体金属組織を瞬時加工し、光線の波長に被加工されているのである。

この状況は、高天原近くの長野県蟻ヶ峠の南相木村を飛行中のJAL123便近傍で
「紫外線及び赤外線を中心に発する新型核」
によりもたらされている。
なお、1985年当時の新型核は、可視光もやや発するため、
長野県川上村ではパパっと光る可視光が蟻ヶ峠方面を中心に目撃されている。


さて、
2005年4月25日の福知山線では、1985年8月12日のJAL123便への攻撃タイプの核をさらに改修した、
「紫外線と赤外線のみを発する新型核」
が使われたと想定されます。


電車というのは火の気が無く、キノコ雲が出るのは難しい状況です。
・線路バラストの砂利で多量の粉塵は出ない状況。
・横は駐車場で塵は出ない状況。
・マンションも塵は立たない状況。

よって、
マンションに衝突する前に、起爆がされたと想定されます。

電車ですとフライトレコーダー等がございませんので、
そういった関係もあるかと思われます。

大阪・吹田の鉄道安全考動館に事故車両を展示予定と
2008年の報道記事に書いてあります。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK20080425020063

要は、
JAL123便の安全啓発センターと同様の意味合い。
(外部要因及び核による金属組織の変化証拠物の保全)
ということになります。


しかしながら
最近のスーパーおおぞらでは
・トンネル内でこっそり行う。
・すぐにブルーシートを被せる等、
隠蔽が巧妙化してきています。

 


<以下参考>
鉄道の、曲線通過速度というのは、
かなり古い時代の設備に合わせて大幅に余裕を持っています。
・40キロレール。
・丸い川原のバラスト(敷石)。
・バラストが少々動いてカント(カーブにおけるレールの傾き)がゆるくなった場合も想定。
・ふきっさらしで強風で煽られた場合も加味。
・震度4までの地震も想定。
・夏場でレールが伸びて、局所的にゆがみが生じた場合も想定。
等を想定。

JR西日本の2005年4月25日の福知山線の現場では、
・50キロレール。
・角が尖った山からのバラストで崩れにくい。
・充分なカントがつけられている。(特急や快速等、高速通過列車が多いことを想定。)
・気象条件は問題無し。
・路盤はマンションや駐車場のところが福知山線の旧線であり、強度に問題無し。対向列車も特急が接近してきていたが地盤の揺れ等は無し。
・温度条件は問題なし。

となっています。
重心が高めの207系で、乗車率が高かった条件でも、
110km前後でしたら問題なく通過できます。

そもそも、これがスピードの出し過ぎによる脱線ということであれば、振り子電車というものが存在できなくなってしまいます。(制御振り子及び自然振り子が作動しなかったとしても問題なくカーブを通過できる設計である。)
JAL123便の際、圧力隔壁が原因であのジャンボ旅客機が墜落したとする話術と同様である。

なお、
現在、JR東日本では、さらに規格を上げて、
路盤の強化、60キロレール(新幹線と同等)に交換、
等、余裕度をさらに高めています。

また、
JR東海では、かなり古い国鉄規格のままの線路もあり、
万が一高速で通過すれば脱線しかねない路線も確かにあります。
これは、
カント(カーブでのレールの傾き)をとりすぎると、
蒸気機関車が、カーブで停車した場合、発車時の粘着係数が得られなくなることに起因しています。
電車や気動車時代ではカントを多めにつけて問題ありません。

 

 

 

 

 

 

日航ジャンボ123便 「口外しないように」とのことですので述べますが、朝日新聞報道「白煙」地点は大規模に削り取られている
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/978.html
投稿者 愉快通快 日時 2012 年 3 月 15 日 04:08:28: aijn0aOFbw4jc

 

(回答先: 日航ジャンボ123便 御巣鷹の尾根スゲの沢報道写真中にロシア語ソ連キリル文字が見られる。ソ連軍機が一緒に落ちている状況。 投稿者 愉快通快 日時 2011 年 12 月 28 日 12:01:01)

070903 peter start 070903 peter end

 

朝日新聞報道
http://www.geocities.jp/joox_tv2/jal123/13_1.jpg
で、「ぶどう峠と三国峠を直線で結んだ中間地点」と記述されております。

この地点を確認に行ってみたわけです。
南相木ダムから県境を抜け、仲ノ沢林道を美人平(ぶどう沢付近)から徒歩で、この地点を通過し、御巣鷹山トンネルから、南相木ダムまで歩きましたが、
朝日新聞報道の「白煙を発見」地点は、大規模に山が頂上付近まで表面を削り取られていて大規模な造成地になっていました。
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/7897.jpg
中央の経緯度 北緯36度1分30.2秒  東経138度40分29.6秒   この位置へのリンク http://watchizu.gsi.go.jp/watchizu.html?longitude=138.67491666636&latitude=36.0250706819


御巣鷹山トンネルを抜けて長野側に出たところ、一目して殺し屋とわかる自衛隊公安特殊部隊の人間が灰色のワゴン車で待ち伏せ待機しており、
「そこで見たことは口外しないように」
と口止めされました。

 

余程、都合の悪い現場なのではないでしょうか。
「山体表面が上の方まで削り取られている」ことを述べられたくないのだと思われますので、ここに述べさせていただきます。

posted by ja8119 at 01:05| 指定なし | 更新情報をチェックする

2008年09月06日

JAL123便残骸の流れ着いた葉山海岸でウミヘビ(米海軍)に興味を示す眞子様

皇室の眞子様ですが、命名はJAL123便スチュワーデスの赤田眞理子さんにちなんだお名前ではと分析されます。

・皇室への武装蜂起であったJAL123便惨事の乗員、赤田眞理子さんが近所の青山2丁目

・JAL123便は100年程前の甲申政変と同様の構図で金玉均の墓も青山墓地にある。

よって、JAL123便惨事を鑑みて「眞理子」→「眞子」という命名だったことが伺えます。

 

 

眞子様、「うみへび」のエピソードがよく話題になります。

葉山御用邸の葉山海岸で、「ウミヘビ」に強いご興味を示されたということです。

確かにウミヘビの旗の米海軍はいます。

御幼少の頃から「ウミヘビ」にご興味を示されておられます。

 

葉山海岸には、JAL123便の残骸も流れ着いています。

JAL123便惨事では米海軍も撃墜される等で多大な損失を出しています。

 

 

 

 

 

 

まず、南相木ダム建設の際、殉職された4名の方々にご冥福をお祈りしたい。先日、南相木ダム道路で車がU字側溝にスーッと入って全損レッカーとなってしまったが、慰霊碑に寄らなかったのがいけなかったかもしれません。

また、戦国時代、相木氏は武田に占領され延岡に島流しになった。123便の高浜機長は延岡出身である。123便は県境の相木側で光って乗員乗客は突如ひでぶした。

 

そして123便乗員乗客は霊体となられ守護神となられた。

 

さて、乗客情報によれば、9月9日ごろ関東大惨事が接近しているとのことである。確かに、天皇陛下ですら新潟に避難された。金玉氏のブログをご参照いただければと思う。朝日新聞報道によれば、サルが東京に出没して騒ぎになっているとのこと。何か危険を知らせに来ているのではないか。上野村のサルも好物のジュウネンの実が山にたくさんある季節にもかかわらずふもとの家に30匹程度が襲い掛かっているとのことである。何か知らせに来ているに違いない。

http://goldentamatama.blog84.fc2.com/

 

123神示にも東京がすすきの原に戻ると出ておりノストラダムスには利根大堰周辺に避難民キャンプができると書いてある。

 

大事を小事にするのが神々の役割である。果たして、123便乗員乗客は関東大惨事を阻止できるだろうか。

123便乗客の特徴としては3次元に近い4次元にいるため3次元の営みも必要である。例えば、食料や酒タバコオムツミルク等の物資も必要である。これが、完全な神々との違いである。

従って、123便乗客は善良な方々であるしパワーはあるのだが神々に手を合わすのとは違って実際の物資をお供えすることが必要です。同時に、サタンが負の念を活動の源とするのに対し、123便乗客はお供え物を食べてご機嫌な獣などの幸せな念を活動の源としています。

ですので、慰霊に極端に予算がかさむのが難点ではあります。しかしながら、最大限、123便乗客乗員本位で慰霊活動をしてあげることが守護としてのご活動としてかえってくるのであり神と人間との123神示が提唱しているよき関係へと向かっていくのではないでしょうか。

 

 

蛇足だが、北相木村の博物館に寄ったところ1万年程度前の「北相木人」が展示されていた。知り合いにそっくりでなんともびっくりしたが、それはさておき、日本にはアイヌ以外にも先住民がたくさんいたのだろうという認識をもった。その方々は12500年後との地球のポールシフトの大洪水の際、洞穴で助かった生き残りの人たちだろう。これから2010年の都市攻撃、2011年の大洪水を迎えるのだが、その際は「北相木人」の生活様式が参考になると思う。「北相木人」について理解をあらたにすべきである。

 

 

 

 

<追記>

9月10日現在

バヌアツへエネルギーを転送できたようである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日航ジャンボ123便 今日1月23日に冬柴元公明幹事長のお別れの会が行われている。JAL123便のことを主張したいのでは
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/736.html
投稿者 愉快通快 日時 2012 年 1 月 23 日 20:13:09: aijn0aOFbw4jc

 

(回答先: 日航ジャンボ123便 背景は日露戦争に類似。 アメリカはJAL123便の件を出したくてしょうがない。 投稿者 愉快通快 日時 2012 年 1 月 02 日 22:50:07)

070903 peter start 070903 peter end

 

今日1月23日に、故冬柴元公明幹事長のお別れの会が行われました。
・1月23日に行われている点、
・JAL123便の行き先 大阪空港近くの尼崎で行われている点、
から致しまして、JAL123便について主張していると分析されます。


よく、JAL123便でアメリカがドル安を押し付けたという分析がなされますが、
実際は真逆で、アメリカが負けたためドル安を押し付けられたのではないでしょうか。

1985年1ドル240円当時、アメリカの平均年収は1000万円以上です。
為替水準が1ドル120円でアメリカ人の平均年収は500万円程度です。
2012年現在の1ドル76円前後ではアメリカ人の平均年収350万円程度です。
裕福層のドル資産も同様に目減りしているのです。

要は、現在の為替水準では中国製品もろくに買えない総貧困層に、アメリカは成り下がってしまったのです。

 

これが、アメリカの負けでなくて何なのでしょうか。

 

 

 

公明党には賛否いろいろあると思われますが、
1月23日に冬柴元幹事長のお別れの会が開かれたようです。
米韓が何か悪巧みをしたのならば、他の日にひっそりと行うはずです。
それを、わざわざ1月23日に行っているのは、やはり、公明党はJAL123便を主張した側だということです。

 

<引用ここから>

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2012012300650
故冬柴氏のお別れの会=与野党幹部が参列-兵庫・尼崎
国土交通相や公明党幹事長などを務め、昨年12月死去した冬柴鉄三氏の「お別れの会」が23日、地元の兵庫県尼崎市で営まれた。同党の山口那津男代表や自民党の谷垣禎一総裁、民主党の前原誠司政調会長ら与野党の幹部が出席し、故人の冥福を祈った。
追悼の辞で、山口氏は「苦しむ人たちを第一に考え、その解決に奮闘される方だった。ご遺志を継いで、日本の発展、党の躍進のために全力を挙げていく」と語った。谷垣氏は「心血を注いで育んでこられた(自公)両党の信頼関係は、今や深く地中に根を張り、大樹に成長している」と功績をたたえた。 
小泉純一郎、森喜朗両元首相や横路孝弘衆院議長、国民新党の亀井静香代表、民主党の城島光力国対委員長らも参列した。(2012/01/23-18:16)

--------------------------------------------------------------------------------

<引用ここまで>


<参考>
日航ジャンボ123便 御巣鷹の尾根で人類最強のSR-71残骸が落ちているのが撮影された報道用写真です。米軍主導で密かに機体回収が行われるのだとしたら、米軍最強のSR-71は真っ先に回収されるべき機体です。それが、放置されたままということは、アメリカが敗退したということです。一方、御巣鷹に落ちたソ連軍機Tu-22盲の残骸は一晩中にほぼ無くなっています。ゆえに、皇国日本ユダヤ米韓連合が、マルキスト台湾マルクス主義ソ連殺し屋自衛隊連合に、敗れた、ということになります。
http://www.asyura2.com/10/lunchbreak41/msg/920.html

御巣鷹の尾根で人類最強のSR-71残骸が落ちているのを撮影した報道用写真です。
1985年8月13日頃撮影された報道用写真。御巣鷹の尾根スゲの沢
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/6943.jpg
チタンを熱した時の青色になった残骸が認められます。
また、SR-71に機影が酷似した(エンジン位置も同じ)機体です。
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/6942.jpg
<参考>チタンを加熱して酸化膜の色を観察。
http://page.freett.com/brp2/ti/ti.html


<参考>元軍人の証言も有意義なようです。
http://tamioblog.seesaa.net/article/234221470.html
(特に、真ん中3つが見られなくなっています。たいがい、重要な動画はいちゃもんをつけて再生不能にするので逆に重要ということです。)

<参考>同心円状に地面がえぐれています。
http://www.asyura2.com/bigdata/up1/source/7654.jpg
1985年8月13日朝のテレビ報道ヘリからの映像ですが、U字溝右側が丸くなっています。
これは、UFOが来た状況となっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

日航ジャンボ123便 「空自定期71便(JFS71)」がJAL123のスコーク77中に、単純な同じ事を聞き返して無線妨害
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/833.html
投稿者 愉快通快 日時 2012 年 2 月 09 日 23:52:21: aijn0aOFbw4jc

 

(回答先: 日航ジャンボ123便 この「赤い龍」というのが、台湾及び日の丸自衛隊と解釈されます。ヨハネ3.赤い竜が神の民を迫害する( 投稿者 愉快通快 日時 2012 年 2 月 06 日 19:36:11)

070903 peter start 070903 peter end

 

日航ジャンボ123便 「空自定期71便(JFS71)」がJAL123のスコーク77中に、単純な同じ事を聞き返して無線妨害


自衛隊の作戦行動の特徴として、相手リソースを妨害することがあげられる。
この、自衛隊の典型的な妨害の特徴的な動きが、日航ジャンボ123便の交信記録に見られる。
管制官(ACC)が一人なので、数機を相手にしている場合、自衛隊機1機が自作自演でオバカなことを始めて管制官をわずわらせれば、管制官の他の機に対するリソースのパーセンテージを奪える。これが自衛隊の低脳な倫理観である。
「空自定期71便(JFS71)」の場合は、あらかじめ計画的である。日航ジャンボ123便の18:25にあわせて、降下許可を求める通信を入れている。
http://hw001.gate01.com/virtua1994/CVR/ACCch24.mp3
クリアな電波であり、全く、問題ない。内容も単純だ。

それなのに、日航ジャンボ123便が緊急事態を宣言すると、
「東京トウキョウコントロール、JFS71です。15,000ftまで降下コウカでよろしかったですか?(日本語訳)」
と、再び、同じ事を聞き返している。
http://hw001.gate01.com/virtua1994/CVR/ACCch24.mp3

不明な点は、再度、確認することは確認するのが望ましい。しかし、3分後に、単純なことを自衛隊は忘却するのであろうか。これは、わざとらしい妨害行為である。

 

 

18:24:51 (COP) これみてくださいよ            
52                
53 (F/E) えっ            
54                
55 (F/E) オールエンジン・・・            
56     (JFS71) TOKYO,JAPAN FORCE SCHEDULE 71 request※     ※JAPAN FORCE SCHEDULE・・・航空コウクウ自衛隊ジエイタイの基地キチ間カンを飛行ヒコウしている空クウ自ジ定期便テイキビン。隊員タイインや物資ブッシ輸送ユソウを行オコナっている。  
57 (COP) ハイドロプレッシャ見ミませんか?   less alutitude, over.      
58       (東京トウキョウコントロール、空クウ自ジ定期テイキ71便ビンです。      
59 (CAP) なんか爆発バクハツしたよ   降下コウカ許可キョカ願ネガいます。)        
18:25:00     (ACC) JAPAN FORCE SCHEDULE 71 descend and maintain---        
01       ah---flight level 150.        
02       (JFS71、あー      
03       高度コウド15,000ftまで降下コウカして下クダさい。)        
04 ◆<客室キャクシツ高度コウド警報音ケイホウオンまたは離陸リリク警報音ケイホウオン>(18:47:28まで)      
05 (F/E) ギア ファイブオフ※         ※五本ゴホンのギア(着陸チャクリク装置ソウチ)とも正常セイジョウに収納シュウノウされている  
06         (PUR) ベルトを必カナラずしてください    
07     (JFS71) SCHEDULE 71 ・・・・・・flight level 150        
08       now LITTLE ONE , position 290.        
09                
10    

 

 

58   リクエストして       descent.    
59   下クダさい       Put the mask    
18:28:00 (CAP) なんで騒サワいでんの?       over the face.    
01           Fasten your    
02           seatbelt.    
03     (JFS71) TOKYO CONTROL JAPAN FORCE SCHEDULE 71   Put out    
04       confirm desecnd to 150?   your cigarettes.    
05       (東京トウキョウコントロール、JFS71です。   This is    
06       15,000ftまで降下コウカでよろしかったですか?)        
07                
08     (ACC) Confirm, descend and maintain 150.      
09       (けっこうです。15,000ftまで降下コウカしてください。)        
10                
11     (JFS71) SCHEDULE 71, roger, thank you.        
12       Continue descend 150.        
13       (71、了解リョウカイ。ありがとう。        
18:28:14 (F/E) 下サがりましょう   15,000ftまで降下コウカを続ツヅけます。)        
15         (PUR) お客様キャクサマにお願ネガい    
16           いたします    
17           お子様コサマ連ヅれの    
18           お客様キャクサマ
 

 

 

 

 

 

日航ジャンボ123便 乗客小川様が機内から右側の車窓を撮影した写真の「6枚目」ですが、右上にプロペラ羽根が写っています。
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/842.html
投稿者 愉快通快 日時 2012 年 2 月 10 日 15:14:13: aijn0aOFbw4jc

 

(回答先: 日航ジャンボ123便 マルキスト台湾マルクス主義ソ連、が天皇日本ユダヤアメリカに攻めてきたのがJAL123便であります。 投稿者 愉快通快 日時 2012 年 1 月 23 日 07:18:11)

070903 peter start 070903 peter end

 

JAL123便乗客小川様が機内から右側の車窓を撮影した写真の
「6枚目」
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/7286.jpg
ですが、右上にプロペラが写っています。

このプロペラの特徴は
1・丸羽である。
2・誤って羽根に近づかないよう、外側にペイントが施してある。
3・多数枚の羽根に写っている。
の3点の特徴があります。

いずれも、二重反転プロペラ機のソ連軍機によくある特徴となります。


また、場所は、下田港近くの下田御用邸付近となります。


<参考>日航ジャンボ123便 写真「6枚目」に、プロペラの羽根が写っている。乗客小川様がJAL123便機内右側から撮影した車窓。
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/704.html
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/6859.jpg  

 

 

 

 

日航ジャンボ123便 米軍横田に着陸しようとしていた。しかし日本の自衛隊に阻止された。ところで「ラジャー」音声がおかしい
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/841.html
投稿者 愉快通快 日時 2012 年 2 月 10 日 13:19:48: aijn0aOFbw4jc

 

(回答先: 日航ジャンボ123便 この「赤い龍」というのが、台湾及び日の丸自衛隊と解釈されます。ヨハネ3.赤い竜が神の民を迫害する( 投稿者 愉快通快 日時 2012 年 2 月 06 日 19:36:11)

070903 peter start 070903 peter end

 

1985年8月12日の日航ジャンボ123便であるが、
18時47分14秒頃のCVRで
JAL123便から東京ACCへ向けて「ラジャー」の応答があるが、
この「ラジャー」の音声がJAL123便乗務員(高浜機長佐々木副操縦士福田航空機関士)のものではない。
http://neko-usa.s22.xrea.com/jal123/wav/c123-09.zip
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/7285.jpg
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/2177.jpg


<参考>1985年8月12日、日航ジャンボ123便は、横田に着陸しようとしていた。しかし、日本の自衛隊に阻止され、御巣鷹に向かわせられた。
横田基地はアベイラブルになっていた。
http://www.asyura2.com/10/lunchbreak43/msg/121.html

 

 

 

 

 

日航ジャンボ123便 車窓写真「4枚目」は伊豆静岡下田市「道の駅開国下田みなと」から南西方面。乗客小川様が右側車窓を撮影
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/952.html
投稿者 愉快通快 日時 2012 年 3 月 07 日 12:21:52: aijn0aOFbw4jc

 

(回答先: 日航ジャンボ123便 車窓写真「4枚目」~「8枚目」は伊豆静岡県下田市「須崎御用邸」周辺圏内。乗客小川様が右側車窓を撮影 投稿者 愉快通快 日時 2012 年 2 月 18 日 19:11:41)

070903 peter start 070903 peter end

 

1985年8月12日の日航ジャンボ123便であるが、
乗客の小川様が機内右側の車窓を写真に収めていた。

1~3枚目は羽田空港での記念写真。
4~8枚目は、機内からの右側車窓写真。
9枚目は、酸素マスクが下がった機内の写真。
10枚目は、迫り来る4発プロペラ軍機の写真。
となっている。

この内、4枚目は、伊豆半島静岡県下田市
旧称 ベイステージ下田(学習施設)
現在 道の駅開国下田みなと(商業複合施設)
から
南西方面が写っている。
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/7807.jpg
しかも、
超低空
でバンク角をとっており、時計まわり方向に急旋回中である。


<参考>小川様撮影 写真「4枚目」~「8枚目」より、下田須崎御用邸周辺を超低空旋回飛行していた状況がわかる。
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/7445.jpg  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日航ジャンボ123便 アメリカニューヨークで報道され、国内では朝日新聞のみ報道された「離陸3分後」のスペースワープの件。
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/961.html
投稿者 愉快通快 日時 2012 年 3 月 10 日 01:30:45: aijn0aOFbw4jc

 

(回答先: 日航ジャンボ123便 スペースワープしていたJAL123便。「サムライサージ」により18:15~18:20長野北相木村へ 投稿者 愉快通快 日時 2012 年 2 月 25 日 07:46:36)

070903 peter start 070903 peter end

 

1985年8月12日の日航ジャンボ123便であるが、
一番重要な点が全く議論されていないのは遺憾である。

JAL123便は、18:15~18:19にかけて、
長野県北相木村にスペースワープしていたのである。

具体的には、
JAL123便は、羽田空港ランウエイ15から1985年8月12日18:12に離陸した。

3分後の
18:15に、フライトレコーダーのLOC(ロケーション)の値が突如、振り切れている。
そして、18:19に、再度、振り切れている。
運輸省航空事故調査委員会JA8119号機JAL123便 報告書305~306ページ
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/7581.jpg

この、18:15~18:19の4分間、JAL123便はスペースワープが発生し、
長野県北相木村を飛行したのである。
具体的には、
栗生峠西側付近(タクシー運転手証言)~北相木小学校(夏祭りの準備の20人全員が目撃)~御座山上空(朝日新聞報道)~石仏
を飛行したのだ。

18:19に、閃光と共に、茅ヶ崎沖の↓の丸4の地点に現れたのである。
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/7581.jpg

その後、口封じのため、主導した
・ソ連
・自衛隊
により、国産核ミサイルによる度重なる攻撃を受け、米軍横田基地への着陸も妨害され、御巣鷹に自衛隊中性子爆弾により撃沈されたのである。

要は、
筑波科学万博のマスコットは、「コスモ星丸」であった。
この「コスモ」は、ソ連のコスモス軍事衛星のことである。
筑波科学万博とは、日ソ共同の催し物だったのである。

日本政府のアメリカ離れが、日本人の生存にとって如何に危険かを如実に示した例が、JAL123便事件なのである。

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

例えば、昭和60年8月12日の日航ジャンボ123便ソ連自衛隊核攻撃惨事(背景に中国共産党中国軍中国公安部)後、中露に占領されたままになっている御巣鷹界隈において東京電力(中国台湾企業)

「神流川発電所」

なる、発電所が建設され増設中である。

この発電所、出力が異常に大きい。

例えば、黒部第四ダムが出力33.5万キロワットである。
神流川発電所の南相木ダムは、黒四ダムの12分の1程度である。
神流川発電所の出力は、せいぜい3万キロワット程度のはずだ。

しかし、神流川発電所の出力は
現在47万キロワット、今年中には94万キロワットになる。

水力発電所としては異常な出力である。

実際には、
中国支配の原発が御巣鷹山中の地下に存在し、スカイツリー(中国版バベルの塔)チップマインドコントロール用大電力が隠し原発から首都圏へ送られている。


御巣鷹の隠し原発、神岡の隠し原発、等、中国支配の元凶となっている隠し原発が日本の国策で建設されたのも、官僚が欧米から中国に寝返っている現状を繁栄していると言えよう。

 

 

posted by ja8119 at 23:41| 指定なし | 更新情報をチェックする

123便が「光った」地点に行ってきました。根元を中心にくっきりと炭化しているのは中性子線によるもので

123便が「光った」地点に行ってきました。御巣鷹の尾根と比較にならないほど木々の焦げは根元を中心にくっきりと炭化しています。核兵器の内でも中性子線によるものであります。

御巣鷹の尾根登山道の長野側入り口から上ったのですが、道がなくなっていて(昨年冬の大雪による倒木等で道が見えなくなっている)、横にそれてしまいました。そこは、123便が「光った」地点なのですが、非常に特異な現象が発生していました。
当時の木の根っこが焦げているのです。御巣鷹の尾根にもこういった木が残っていますが、それが一面あるという感じです。
無論、山火事ではこういう風にはなりませんし再現しろといっても通常の燃焼では無理です。
中性子爆弾を起因とする電磁放射線で水分がといった説明でないとこうはならないと思います。
やはり光ったのは県境のわずかに長野側で、御巣鷹の尾根というのは慰霊用の地でしかないです。

123便が「光った」地点に行ってきました。
http://ja8119.iza.ne.jp/blog/entry/706975/
そこは、中性子爆弾の爆心地そのものでありました。これから、こういった兵器を使った第3次世界大戦が起きるのかもしれませんが貴重なものを見ました。
調査されていない箇所と思われます。この123便が「光った」地点こそ、世界遺産に指定し、再びこういった悲劇(飛行中の乗客が突如としてひでぶした)が起こらないように警鐘していかなければならないと思います。

 

 

なお「中性子爆弾の爆心地」が人体に悪影響を与えるのかどうかは不明です。放射化物中心となりますし出るのは中性子線や素粒子線になりますので昨今の粒子線治療を考慮しますとよい影響がある可能性すらあります。(男性長寿ランキングで佐久市が上位にランクインしている)獣も異様につやつやして動きが元気なのが気になります。末期がん等の方は、治るかもしれませんからキャンプでもしてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

日航ジャンボ123便 JAL123便付近が光った高天原山蟻ヶ峠南相木村側(長野県側)付近の水が首都圏側に排出されている。
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/870.html
投稿者 愉快通快 日時 2012 年 2 月 15 日 23:59:17: aijn0aOFbw4jc

 

(回答先: 日航ジャンボ123便 JAL123便付近が光った高天原山蟻ヶ峠南相木村側(長野県側)付近では岩が乗客型に彫刻された状態。 投稿者 愉快通快 日時 2012 年 2 月 03 日 21:33:07)

070903 peter start 070903 peter end

 

1985年8月12日の日航ジャンボ123便であるが、
JAL123便付近が光った高天原山蟻ヶ峠南相木村側(長野県側)付近の水が首都圏側に排出されている。
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/7391.jpg

長野側は分水嶺の向こうで日本海側のため、東京電力南相木ダムが建設された。
南相木ダムは揚水発電所の上部ダムである。
ここから、下部ダムの群馬側の上野ダムへ放流している。

自衛隊の核による汚染地帯の水を首都圏側に排出する措置がとられている。

 

 

 

 

 

 

 

日航ジャンボ123便 道の駅下田「かじきミュージアム」は皇国日ユダヤ米からの対、ソ連中国台湾自衛隊への暗黙の圧力である。
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/954.html
投稿者 愉快通快 日時 2012 年 3 月 07 日 19:59:29: aijn0aOFbw4jc

 

(回答先: 日航ジャンボ123便 御巣鷹の尾根 昇魂の碑 広場の風車は、ソ連軍機Tu-95ベアも自衛隊に加勢力したことを示している。 投稿者 愉快通快 日時 2012 年 3 月 02 日 16:27:49)

{13311299895292} {13311299895293}

 

1985年8月12日の日航ジャンボ123便であるが、
ソ連軍機Tu-95ベアが最初にJAL123便尾翼部を破壊した。
http://www.asyura.com/11/lunchbreak51/msg/640.html

皇国日本ユダヤ米国同盟に対し、
ソ連中国台湾自衛隊(北朝鮮)の連合が攻めてきたわけである。

こうした場合、ユダヤ勢力というのは、再発防止のため、
随所に内容を盛り込むのである。

JAL123便搭乗の小川様が撮影された機内右側からの車窓4枚目~8枚目
http://www.asyura.com/11/lunchbreak51/msg/890.html
には、伊豆半島静岡県下田市付近が超低空で写っている。

しかも、
・「5枚目」には、ソ連軍機Tu-95ベアの後ろ姿、
http://www.asyura.com/11/lunchbreak51/msg/702.html
・「10枚目」には、ソ連軍機Tu-95が襲いかかって来た状況が写っている。
http://www.asyura.com/11/lunchbreak51/msg/632.html

JAL123便自体も「4枚目」の写真から、下田上空の超低空、道の駅開国下田みなと上空付近を飛行している。
http://www.asyura.com/11/lunchbreak51/msg/952.html

当時、ベイステージ下田(学習施設)だった周辺部を改装し、
現在、道の駅開国下田みなと(複合商業施設)となっている。
『道の駅開国下田みなと地図→』中央の経緯度 北緯34度40分26.7秒  東経138度57分2.3秒   この位置へのリンク http://watchizu.gsi.go.jp/watchizu.html?longitude=138.95066666663&latitude=34.674110490141

道の駅開国下田みなと
の4階
「かじきミュージアム」
には、実物大の、かじき、があったりする。
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/7809.jpg

この「かじき」であるが、
JAL123便の際の、Tu-95ベアの空中給油管をあらわしているのだ。
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/7809.jpg

JAL123便が飛行した、道の駅開国下田みなと において、「かじき」を展示することにより、ソ連軍機Tu-95の東京急行や、JAL123便の際のソ連中国台湾自衛隊連合の攻撃といった案件に対し、光を当てているのである。

 

 

 

 

 

 

日航ジャンボ123便 「オレンジカード」「イオカード」は皇国日ユダヤ米からの対、ソ連中国台湾自衛隊への暗黙の「外交カード」である。
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/953.html
投稿者 愉快通快 日時 2012 年 3 月 07 日 19:03:36: aijn0aOFbw4jc

 

(回答先: 日航ジャンボ123便 スゲの沢にソ連KGB戦車の残骸。自衛隊ソ連連合 対 日米勢力の戦闘の跡である。KGB戦車残骸は今も 投稿者 愉快通快 日時 2012 年 3 月 07 日 07:31:34)

{13311300444882} {13311300444883}

 

1985年8月12日の日航ジャンボ123便であるが、
ソ連のKGB戦車残骸が見られるのはイオドメ沢の神流川林業鉄道付近である。

皇国日本ユダヤ米国同盟に対し、
ソ連中国台湾自衛隊(北朝鮮)の連合がユダヤ勢力に対して攻めてきたわけである。

こうした場合、ユダヤ勢力というのは、再発防止のため、
随所に内容を盛り込むのである。


国鉄~JRで発売されてきた
「オレンジカード」
「イオカード」
http://www.google.co.jp/search?q=%E3%82%AA%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%89%E3%80%80%E3%82%A4%E3%82%AA%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%89&rls=com.microsoft:ja:IE-SearchBox&oe=UTF-8&rlz=1I7RNWE_jaJP310&redir_esc=&um=1&ie=UTF-8&hl=ja&tbm=isch&source=og&sa=N&tab=wi&ei=BCxXT6OhAcTJmQW_trCVDw&biw=853&bih=531&sei=ISxXT72PBsrgmAWRvom2Dw
は、
実は、JAL123便の御巣鷹のことを盛り込んでいるのである。

「オレンジカード」は、
オレンジ色の機体(及びミサイル)
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/1476.jpg

「イオカード」は、
イオドメ沢のソ連KGB戦車
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/7806.jpg
である。
イオカードのロゴは、イオドメ沢が長門沢へ流れ込む合流付近を示している。
同時に、
大正時代から建つ山神(山天狗)を祭って、安全祈願も兼ねているのである。

posted by ja8119 at 03:57| 指定なし | 更新情報をチェックする

第二次世界大戦中に小川山に墜落した軍機が「米軍機」として長野県川上村に展示されているが鋼製日本軍機だ

日航ジャンボ123便 デュートロンによるヒデブは日本の自衛隊の岐阜航空実験団に供与された技術。チベットシャンバラの地底宇宙人(「地上の星」)から人類への文化大革命である。1999年や2012年といった「世紀末」が近づくと過去繰り返し発生している。
http://www.asyura2.com/10/lunchbreak43/msg/918.html
070903 peter start 070903 peter end

 

http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/6673.jpg
この、通過跡は、風を起こす飛行機やヘリでは残すことができない。

基本的には、シャンバラの地球人間牧場の日本支配支店が御巣鷹界隈にあり、(上野村は「日本のチベットと呼ばれている」)洞窟基地からUFO推進物体が飛行するということになる。時事通信の掲載している写真の意図であろう。

どちらかというと、ソ連や中国というところに、そういったコントロール下の勢力があるようだ。
http://hexagon.inri.client.jp/floorB1F_hss/b1fha811.html
のパットン将軍の言う、「野蛮なモンゴル人」や、ナチス本部の通信拠点に多量にいた「謎のアジア人」に該当する。(同サイト他ページ)
「元寇」の頃から、繰り返し、手を変え品を変え、完全なる人間牧場を画策している「地上の星」の人たちと分析される。

なお、御巣鷹の神流川発電所からの瞬時大電力を得て稼働するスカイツリーの作動が始まっているもようですので、なるべく早めにそのあたりを世に出すことが必要である。

 

 

 

 

 

 


昨今におきましては、電磁超音波による人間生体への妨害活動が活発化してきておりますが、送信技術は、面送信のテクノロジーになる。
物理にお詳しいので理解可能と思いますが、電波工学におきましては、棒状の物体から電界磁界で送信するという学問体型が長く続いてきまして、面送信や面受信アンテナ等質問しようものなら、教授から目をつけられだめだなんだと言われたりということが続いていました。
ところが、2005年頃からは、突如として、送信方法が、2本の棒の間を超音波固定した面とみなして超音波の高調波としての電磁波的性質を出すようなテクノロジーが街中に溢れ出しました。
人間の軍事技術でも特許でも、そういったものはアイディア程度で、実用には程遠いものでしたから、他所から導入されたと想定しないと辻褄が合いません。


そういった点におきましても、人間の技術体型と、大きな乖離が発生しております。
アメリカや中国といった人間の技術集団におきましては、宇宙技術をリバースエンジニアリングすることでしか競争力が無くなり、結果的にチベット人間牧場の手下で働いている状態、いわば奴隷子分といった立場になっています。
そういった宇宙技術は外部コントロールされたロボット人間が遠隔操作で開発作成していますが、具体的には、インドネシア付近のハードディスク工場の辺りが拠点になります。
JAL123便当時は、日本の岐阜にある航空実験団に供与されていたと想定されます。
また、古くは、太平洋戦争時から同様のルートが発生しており、御巣鷹の近くの小川山に墜落した「米軍機」が長野県川上村に展示してありますが、サビサビの鋼製機体であり、米軍機の材質ではありません。中島飛行機の類に日本のチベット御巣鷹の洞窟基地からの技術供与があり付近で飛行していたと分析されます。

いずれにせよ
・チベットシャンバラの地球人間牧場拠点の問題点
・遠隔操作で動いている人間風ロボットの問題点
についてスカイツリーが可動するまでに広めていく必要があります。(311後、東京電力株式会社の「経費削減」を名目に、地下500mの神流川発電所地下空間への見学が無期限に中止となった。現在、「増設工事」の管路新設も行なっているのだが。チベットシャンバラ人間牧場日本支部の動きが活発化していると分析されます。)

 

 

日航ジャンボ123便 ピラミッドはチップ奴隷コントロール装置であったが、神の意に反したため、全て破壊され現在に至っている
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/962.html
投稿者 愉快通快 日時 2012 年 3 月 10 日 02:58:06: aijn0aOFbw4jc

 

(回答先: 日航ジャンボ123便 例えば、この、特徴的な形の巨岩ですが、場所からしても「イルミナティの目」の岩なのです。 投稿者 愉快通快 日時 2012 年 3 月 05 日 23:08:45)

070903 peter start 070903 peter end

 

1985年8月12日の日航ジャンボ123便であるが、
古代からの案件が盛りだくさんな高天原での出来事でもあった。

御巣鷹ピラミッドの2つの隠された部屋がある。
位置は王妃の間の両脇なのだ。
中にはシリカ(二酸化ケイ素)のディスクがある。
ディスクには2億年の地球の歴史が記録されている。
ディスクの読み取り方は、恐れ入りますが、公開できない。「ソ連中国台湾自衛隊(北朝鮮)には無理」とだけ述べさせていただく。
また、「悪石沢」というのは、「アーク石沢」という意味である。古代文字の石版残骸が転がっている。

世界中のピラミッドはアトランティス人による人類チップ奴隷コントロール装置であったが、神の意に反したため、全て破壊され現在に至っている。
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/7830.jpg
現在、同様の装置(当時のピラミッド頂部の機能が現在の携帯基地局に変貌)、そして、人類へのチップ↑の埋め込み、が進んでいる。  

 

 

 

 

 

日航ジャンボ123便 「日本に巣食う妖怪勢力」(ソ連中国台湾自衛隊)だったということになります。攻撃を仕掛けた日本妖怪
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/965.html
投稿者 愉快通快 日時 2012 年 3 月 11 日 17:01:49: aijn0aOFbw4jc

 

(回答先: 日航ジャンボ123便 1985年8月12日の夕刊には天皇陛下へのクーデター予告として、御用邸を威圧するプロペラの構図が。 投稿者 愉快通快 日時 2012 年 1 月 27 日 09:06:45)

070903 peter start 070903 peter end

 

1985年8月12日18:00~19:00の日航ジャンボ123便ですが、
1985年8月12日夕刊(12:00原稿締め切り)の朝日新聞テレビ欄には、「那須」の広告が出ています。
http://www.geocities.jp/joox_tv2/jal123/12tv.jpg

これは、
那須野の殺生石
を示しています。
http://www.google.co.jp/search?q=%E9%82%A3%E9%A0%88%E9%87%8E%E3%80%80%E6%AE%BA%E5%82%B7%E7%9F%B3&rls=com.microsoft:ja:IE-SearchBox&oe=UTF-8&rlz=1I7RNWE_jaJP310&redir_esc=&um=1&ie=UTF-8&hl=ja&tbm=isch&source=og&sa=N&tab=wi&ei=n1hcT9CMGqLRmAXT56iZDw&biw=1024&bih=630&sei=p1hcT5y-NcXGmQWszYDFDw#um=1&hl=ja&rls=com.microsoft:ja%3AIE-SearchBox&rlz=1I7RNWE_jaJP310&tbm=isch&sa=1&q=%E9%82%A3%E9%A0%88%E9%87%8E%E3%80%80%E6%AE%BA%E7%94%9F%E7%9F%B3&oq=%E9%82%A3%E9%A0%88%E9%87%8E%E3%80%80%E6%AE%BA%E7%94%9F%E7%9F%B3&aq=f&aqi=&aql=&gs_sm=3&gs_upl=63411l70341l0l70632l21l16l1l0l0l1l311l1623l0.1.5.1l7l0&gs_l=img.3...63411l70341l0l70632l21l16l1l0l0l1l311l1623l0j1j5j1l7l0&bav=on.2,or.r_gc.r_pw.r_qf.,cf.osb&fp=401201c07ecfaaf0&biw=1024&bih=630
(↑検索キーワード 那須野 殺生石)
しかも、
殺生石は、那須野と御巣鷹の半々に分かれたということで、御巣鷹も暗示しています。

要は、
JAL123便(日米ユダヤ人種勢力)に攻撃を仕掛けたのは、「日本に巣食う妖怪勢力」(ソ連中国台湾自衛隊)だったということになります。  

 

 

 

 

 

日航ジャンボ123便 翌年1986年に航空自衛隊の悪事を諭すために巨大UFOが来たのが「UFO事件日本1628号」なのだ
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/966.html
投稿者 愉快通快 日時 2012 年 3 月 12 日 02:32:37: aijn0aOFbw4jc

 

(回答先: 日航ジャンボ123便 自衛隊T-2(F-1 T-2支援戦闘機)の塗料残骸が御巣鷹の尾根に散見される。ブルーインパルス色。 投稿者 愉快通快 日時 2012 年 3 月 03 日 17:21:17)

070903 peter start 070903 peter end

 

1985年8月12日の日航ジャンボ123便であるが、
航空自衛隊までもが、日米勢力に攻撃を加え、暗躍した。

それを愉しに、宇宙から巨大UFOが来たのが
1986年11月17日の「UFO事件日本1628号」である。

「UFO事件日本1628号」
は、パリから東京へワインを空輸中の日航ジャンボ貨物機近辺に巨大なUFOがあらわれ、50分前後にわたり、並走した案件である。

この日航ジャンボ貨物機の
寺内謙寿機長(47)は、航空自衛隊出身でF-86Fパイロットであった。

F-86F及びT-2(F-1)ブルーインパルスといえば、前年のJAL123便撃墜の際、航空自衛隊がJAL123便に止めを刺したミサイル攻撃を行なった部類である。
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/939.html

要は、
「巨大UFO」
は、日航ジャンボ123便の際の自衛隊の数々の非道の行いを愉すために、出現したということである。 (47)は中国台湾界隈への警告でもある。

 

<参考>朝日新聞報道
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/7873.jpg

 

 

 

 

日航ジャンボ123便 さらに翌年の1987年に航空自衛隊の悪事を諭すために巨大UFOが再度、空自出身寺内機長の前に現れた
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/967.html
投稿者 愉快通快 日時 2012 年 3 月 12 日 02:39:21: aijn0aOFbw4jc

 

(回答先: 日航ジャンボ123便 翌年1986年に航空自衛隊の悪事を諭すために巨大UFOが来たのが「UFO事件日本1628号」なのだ 投稿者 愉快通快 日時 2012 年 3 月 12 日 02:32:37)

070903 peter start 070903 peter end

 

1985年8月12日の日航ジャンボ123便であるが、
航空自衛隊までもが、日米勢力に攻撃を加え、暗躍した。

それを愉しに、宇宙から巨大UFOが来たのが
1986年11月17日の「UFO事件日本1628号」である。

「UFO事件日本1628号」
は、パリから東京へワインを空輸中の日航ジャンボ貨物機近辺に巨大なUFOがあらわれ、50分前後にわたり、並走した案件である。

この日航ジャンボ貨物機の
寺内謙寿機長(47)は、航空自衛隊出身でF-86Fパイロットであった。

F-86F及びT-2(F-1)ブルーインパルスといえば、前年のJAL123便撃墜の際、航空自衛隊がJAL123便に止めを刺したミサイル攻撃を行なった部類である。
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/939.html

要は、
「巨大UFO」
は、日航ジャンボ123便の際の自衛隊の数々の非道の行いを愉すために、出現したということである。 (47)は中国台湾界隈への警告でもある。

そして、
1987年年初頭に、再度、空自出身寺内機長の前に巨大UFOが現れたのだ。

 

<参考>読売新聞報道。
[話の港]日航機長らがまた“UFO”目撃
1987.01.13 東京夕刊 15頁 (全293字) 
 

 ▽…昨年十一月にアラスカ上空でUFO(未確認飛行物体)を目撃した日本航空ジャンボ貨物便の寺内謙寿機長らが十一日朝、前回とほとんど同じ空域で“宇宙船のような灯火”を見ていたことが米連邦航空局(FAA)の調べでわかった。

 ▽…FAAアラスカ支所の発表によると、日航ジャンボ機からの報告のあと、直ちにFAAと米空軍基地のレーダーが探したが、何も発見できなかった。寺内機長も「十一月に目撃したものとは似ていなかった」とも語っているという。

 ▽…FAAでは、同朝の気象条件、日航機の飛行コースなどから、地上の村落の明かりが上空の氷の結晶に反射して起きる現象によるものではないか、と言っている。

        (共同)

読売新聞社
 

 

 

 

 

 

日航ジャンボ123便 核ピカドンが発生した高天原山蟻ヶ峠南相木側の、峠延長線上に立っている石碑が同じ一方向に割れている。
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/975.html
投稿者 愉快通快 日時 2012 年 3 月 13 日 14:58:07: aijn0aOFbw4jc

 

(回答先: 日航ジャンボ123便 運輸省報告書197ページ写真41の機体破損状況が安全姿勢をとる乗客になっている。近傍で核ピカドン。 投稿者 愉快通快 日時 2012 年 2 月 28 日 14:53:17)

070903 peter start 070903 peter end

 

状況と致しましては、
写真を撮影した方向は、蟻ヶ峠を背に、天狗山方面(方角は西)を向いてデジカメにて写しています。
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/7889.jpg

よって、
蟻ヶ峠の斜面の向きの延長方向に蟻ヶ峠南相木側の斜面の角度程度で、岩が欠けていますのでJAL123便の近隣でピカドンが発生した際の関連と想定されます。
中央の経緯度 北緯35度59分35秒  東経138度34分42.7秒   この位置へのリンク http://watchizu.gsi.go.jp/watchizu.html?longitude=138.57855555533&latitude=35.993083015547

直線方向に、蟻ヶ峠がございますが、高天原から伸びる川上村と南相木村堺の尾根が続いていますので、
この石碑を割るエネルギーは、高天原蟻ヶ峠方向から山体内部を一部通って来ていることになります。

 

 

<参考>石碑が一方向に割れている
http://www.asyura2.com/bigdata/up1/source/6684.jpg
http://www.asyura2.com/bigdata/up1/source/6683.jpg
http://www.asyura2.com/bigdata/up1/source/6682.jpg  

 

 

 

 

 

日航ジャンボ123便 今後311で問題になってくるのは「放射化」になります。・水「電気ポット」・食料「炊飯窯」で対処を。
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/979.html
投稿者 愉快通快 日時 2012 年 3 月 16 日 18:09:49: aijn0aOFbw4jc

 

(回答先: 日航ジャンボ123便 北相木にスペースワープJAL123便。北相木原人の高温微生物化米は耐汚染食だった。黒にんにくと類似 投稿者 愉快通快 日時 2012 年 2 月 26 日 20:16:04)

070903 peter start 070903 peter end

 

JAL123便後の教訓から致しますと、今後311で問題になってくるのは「放射化」になります。値は出ないけれど、なんか体に悪い。
要は、誘導放射で電子スピンが変化した食料と水が出てくるのです。
これは、例えば
http://gray.ap.teacup.com/123ja8119/timg/middle_1164801217.jpg
の左端の岩のように、目で見ても計測してもなんら異常はないが、デジカメで撮ると異常、というような状況になります。

・水
・食料
が問題になります。

効果的な対処法と致しましては、

・水
古い物置にしまって放置してある電気ポットを保温にして、水を長期にわたり、徹底的に高温で保温しておきます。電気ポットは一旦温めるまでに電気を食いますが、お湯を保温する際にはほとんど追加の電気を食いません。
すると、放射化が取れて、生体に大丈夫な水になります。
施工例と致しましては、上野村のしおじの湯や南相木村の滝見の湯では、客数収容数に比べ、異常に多くの電気ポットが設置されておりますが、長時間保温しておくと放射化が取れるという原理を積極的に導入しているわけです。


・食料
古い、物置にしまって放置してある炊飯器を保温にして、長期にわたり、徹底的に高温で保温しておきます。
炊飯器も、一旦温まれば保温時は追加の電気はほとんど食いません。
すると、放射化が取れて、生体に大丈夫な食べ物になります。
例と致しましては、1万2000年前の北相木原人の「炭化米」が、これに相当します。実は、一見して炭に見えますが、炭化では無く、高温微生物化して、食料としていたわけです。
最近では、「黒にんにく」や「黒りんご」が挙げられます。  

 

 

 

 

 

日航ジャンボ123便 いちご栽培と蜂巣箱は有効。JAL123便後に密かに行われている核対処方法研究。
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/981.html
投稿者 愉快通快 日時 2012 年 3 月 16 日 23:44:09: aijn0aOFbw4jc

 

(回答先: 日航ジャンボ123便 今後311で問題になってくるのは「放射化」になります。・水「電気ポット」・食料「炊飯窯」で対処を。 投稿者 愉快通快 日時 2012 年 3 月 16 日 18:09:49)

070903 peter start 070903 peter end

 

1985年8月12日の日航ジャンボ123便であるが、
電磁パルス核、原水爆、デュートロン核等の国産核兵器がソ連中国台湾自衛隊(北朝鮮)により使用された。

その後、
密かに自衛隊内部で有効物質の研究が行われているが、これは、日本人や米国に公開されていないので暴露させていただく。

まず、
ノストラダムス予言の「はちみつは大変に高くなる」関連であると見られますが、
ぶどう沢支線
中央の経緯度 北緯36度1分34.5秒  東経138度43分27秒   この位置へのリンク http://watchizu.gsi.go.jp/watchizu.html?longitude=138.72419444435&latitude=36.026261261229
イオドメ支線
中央の経緯度 北緯36度0分30.6秒  東経138度43分2.4秒   この位置へのリンク http://watchizu.gsi.go.jp/watchizu.html?longitude=138.71736111085&latitude=36.008527742961
自衛隊残骸隠蔽回収道路
中央の経緯度 北緯36度0分42.7秒  東経138度35分53.6秒   この位置へのリンク http://watchizu.gsi.go.jp/watchizu.html?longitude=138.59824999929&latitude=36.01187972782
等に、ミツバチの巣箱が設置されている。これらの核に対処する物質が密かに研究されている。
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/7906.jpg

また、
http://gray.ap.teacup.com/123ja8119/timg/middle_1164801217.jpg
の近隣では、1キロに1箇所程度ずつ、ペットボトルの中に砂を入れた容器を木に吊るして、鉱物の放射化及び耐性微生物群の研究が行われている。

 

<以下参考>ノストラダムス予言で「赤子の乳飲まなければならなくなる」とありますが「赤子→いちご の 乳→ジュース」ということになります。
よって
川上村の「いちご栽培」は特筆に値します。
この
川上産いちごを炊飯器に入れて保温でジャムにすると、極めて有効です。
(古代物質とJAL123便の核の関連で)
それと、
周辺部の山菜を高温で天ぷらにするという放射能対処健康法が取り入れられています。
山菜を、まず、天ぷらにします。冷凍保存して、適宜、揚げ直して食します。

<以下参考>自衛隊114「小沢部隊」中国人部隊が3月11日から3月14日まで見辺らなくなっていました。
3月14日に釧路沖と千葉東方沖で大きめの地震がありましたが、この関連と見られます。
http://tenki.jp/earthquake/detail-10223.html
http://tenki.jp/earthquake/detail-10228.html

<以下参考>「裕福層」「東電」の背後に見え隠れする「台湾」
現に
http://www.nikaidou.com/archives/22838
http://eeee334.blog133.fc2.com/blog-entry-161.html
といった状況も発生してきています。バタバタ死んできています。「裕福層」「東電」の背後に台湾が見え隠れしています。

posted by ja8119 at 03:37| 指定なし | 更新情報をチェックする

2008年09月02日

ノストラダムス 123神示 のユダヤ対ナチスの戦い再来につきまして 善の世界に転換するように促し、一

集ストには、¥500集ストと¥1,000集ストがある。
歩きの場合は時給(短時間の場合は1回)¥500集スト、車の場合は(時給)¥1,000集ストである。
地域が細かくわかれており、ターゲット(親天皇家と親欧米とみなされた人々)を四六時中攻撃する。ターゲットが他地域に出かけた場合、出先での集スト費用は、ターゲットの居住地域から出かけた地域に送金される。
予算は中露(主に中国公安部)から出ている。送金は、スクラップの中に紛れ込ませた金で行っている。表に出せない大きな金額の流れになるため、日本の場合は宗教が利用されている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現在は偽ユダヤ、偽ナチスのようになってしまっていますのでなんとも説明のしようがないですが、第二次世界大戦当時、天使軍はヒットラーをつかってユダヤ(サタン軍)に戦いを挑みましたが敗れました。

敗因は大きく次の2つになります。

 

・サタン領地の地球において外部から天使軍の善の世界の考え方を浸透させることができなかった。

・ヒトラーが何もかも指示しなければならなかったのでテレパシー通信能力を削ぐ結果となってしまった

 

 

従いまして、今回の岩戸開きにおきましては、新たな天使軍の作戦がとられています。(ヒトラーのときとはおおむね逆の戦略をとっています。)まず、サタン領地の地球人間牧場において、収穫のときが近づいています。これを最大限利用します。

 

・「サタン満腹作戦」

サタンが光線砲(中性子線)で都市攻撃を行い、人間を収穫します。サタンが満腹で動けなくなっているところに天使軍が救助に入ります。

 

・「善人救助作戦」

天使軍の救助は、善の世界への移行のため、善人のみを救助するものです。あらかじめ、スキャニングを行い、救助する人と救助しない人を選別します。

 

・「天使軍潜伏作戦」

約3000年前に天使軍が地球に入り、人間に憑依して潜伏し、2008年ごろから活動を開始しました。これは、2010年のサタン軍による都市攻撃ぎりぎりのタイミングとなります。潜伏の一番の目的は、地球内の様子の偵察です。この方が外部コントロールでほっつき歩いて天使軍から「これは獣」としますと救助されなくなります。(ヒトラーのときは表立って活動していましたが、失敗したので、今回は底辺で分からないようにバックでひっそりと神示の現示活動をしています。いばることが厳禁されています。)

123神示でも繰り返し述べられています。

http://13.pro.tok2.com/~space-age/sunmoon/123_03_huji/fuji_03_097.htm

現在はフリーメーソンはユダヤ配下で我が物顔ですが、岩戸開きで災害が多くなってくると社会統制不能となり天使軍側に「改心」するとのことです。フリーメーソンの方々と善のかたちでの世界統一のような方向性になっているようです。

 

 

・どういうことなのか

天使軍ですから野蛮な現在の地球とは違って殺したりだなんだということはありません。

お助け役なので、問題があれば「●●しない」となります。基本的に宇宙法則では不干渉の原則があります。(現在の地球ではサタニズムなので問題があると「●●する」となり圧力をかけてきたり凶悪事件が発生したり対立が発生したりします。)

従いまして、問題がある方が発生しますと活動しているお助け神々(サタンの小規模な収穫=災害など から日々、守ってくれている神々)に「助けない」を指示することになります。

→非善人の勢力は災いが発生します。(サタンによって災いが起こるのが回避されなくなる。=サタンの餌となる)

この現象を神力として認識させることにより、神を祭り、善の世界に転換するように促し、一人でも多くの方を救助できるようにしています。サタンやシオニストの性質をうまく利用した作戦なのです。

http://13.pro.tok2.com/~space-age/sunmoon/123_03_huji/fuji_03_097.htm

 

 

 

 

 

日航ジャンボ123便 「オレンジカード」「イオカード」は皇国日ユダヤ米からの対、ソ連中国台湾自衛隊への暗黙の圧力である。
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/953.html
投稿者 愉快通快 日時 2012 年 3 月 07 日 19:03:36: aijn0aOFbw4jc

 

(回答先: 日航ジャンボ123便 スゲの沢にソ連KGB戦車の残骸。自衛隊ソ連連合 対 日米勢力の戦闘の跡である。KGB戦車残骸は今も 投稿者 愉快通快 日時 2012 年 3 月 07 日 07:31:34)

070903 peter start 070903 peter end

 

1985年8月12日の日航ジャンボ123便であるが、
ソ連のKGB戦車残骸が見られるのはイオドメ沢の神流川林業鉄道付近である。

皇国日本ユダヤ米国同盟に対し、
ソ連中国台湾自衛隊(北朝鮮)の連合がユダヤ勢力に対して攻めてきたわけである。

こうした場合、ユダヤ勢力というのは、再発防止のため、
随所に内容を盛り込むのである。


国鉄~JRで発売されてきた
「オレンジカード」
「イオカード」
http://www.google.co.jp/search?q=%E3%82%AA%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%89%E3%80%80%E3%82%A4%E3%82%AA%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%89&rls=com.microsoft:ja:IE-SearchBox&oe=UTF-8&rlz=1I7RNWE_jaJP310&redir_esc=&um=1&ie=UTF-8&hl=ja&tbm=isch&source=og&sa=N&tab=wi&ei=BCxXT6OhAcTJmQW_trCVDw&biw=853&bih=531&sei=ISxXT72PBsrgmAWRvom2Dw
は、
実は、JAL123便の御巣鷹のことを盛り込んでいるのである。

「オレンジカード」は、
オレンジ色の機体(及びミサイル)
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/1476.jpg

「イオカード」は、
イオドメ沢のソ連KGB戦車
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/7806.jpg
である。
イオカードのロゴは、イオドメ沢が長門沢へ流れ込む合流付近を示している。
同時に、
大正時代から建つ山神(山天狗)を祭って、安全祈願も兼ねているのである。

 

 

 

 

 

日航ジャンボ123便 「日本に巣食う妖怪勢力」(ソ連中国台湾自衛隊)を開示するために運行されていた「特急おはようとちぎ」
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/968.html
投稿者 愉快通快 日時 2012 年 3 月 12 日 11:06:09: aijn0aOFbw4jc

 

(回答先: 日航ジャンボ123便 「日本に巣食う妖怪勢力」(ソ連中国台湾自衛隊)だったということになります。攻撃を仕掛けた日本妖怪 投稿者 愉快通快 日時 2012 年 3 月 11 日 17:01:49)

070903 peter start 070903 peter end

 

1985年8月12日18:00~19:00の日航ジャンボ123便ですが、
昼ころ原稿締切の1985年8月12日夕刊の朝日新聞新聞テレビ欄広告に、
那須の殺生石(600年前頃に那須と御巣鷹に分散)を示すかのような広告が掲載されていたわけです。
これは、なんらかの事前的な計画がされていたことを示しています。


なお、
昭和60年のJAL123便後には、那須御用邸近くの殺生石の件と伊豆下田の須崎御用邸付近が関連ありますというような、特別な開示がされておりました。

この那須の広告は、JAL123便の案件や、日本の背後を牛耳っている陰湿な勢力とも深い関係があるのです。

ユダヤJR東日本では、
昭和60年当時、東京と下田を特急踊り子として走っていた田町電車区の185系0番台からなる編成を、
夜間と早朝にホームライナー的な特急として新宿経由にて、宇都宮と黒磯まで結ぶ特急「おはようとちぎ2号4号」等を運行していました。
慣例では、
通常は、極端に遠方の管轄外地域には運行しないのが慣例(その列車のみのために乗務員研修や車両保守研修が必要)ですから、
昼間、伊豆急下田に行った列車を、夜間に那須で停泊させるのは、極めて非常識な特別な車両運用なのです。
また、
この列車は、極めて乗車率が悪く、利益等のために走っていた運用ではなかったわけです。  

 

 

 

 

 

日航ジャンボ123便 蟻ヶ峠付近で発生した「紫外線と赤外線を中心に発する核」をさらに改修した新型無可視光核が想定される。
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/955.html
投稿者 愉快通快 日時 2012 年 3 月 07 日 21:19:43: aijn0aOFbw4jc

 

(回答先: JR福知山線脱線転覆事故=脱線した約10メートル手前で、「砂煙がポッと上がった」原因は何か? 投稿者 高原レタス 日時 2012 年 2 月 02 日 09:52:36)

070903 peter start 070903 peter end

 

1985年8月12日の日航ジャンボ123便であるが、
運輸省報告書にJA8119号機の残骸金属組織顕微鏡拡大写真が複数掲載されている。
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/7779.jpg
顕微鏡拡大写真は
・0.23um(運輸省報告書で指摘)
・0.71~0.83um(運輸省報告書写真110を計測)
の2種類の均一な縞模様になっている。

金属組織に対し超強力な光線が面的に当てられ、瞬時加工された状態である。
0・23umは紫外線
0.71~0.83mは赤外線
を中心とする光線である。

超強力光線が機体金属組織を瞬時加工し、光線の波長に被加工されているのである。

この状況は、高天原近くの長野県蟻ヶ峠の南相木村を飛行中のJAL123便近傍で
「紫外線及び赤外線を中心に発する新型核」
によりもたらされている。
なお、1985年当時の新型核は、可視光もやや発するため、
長野県川上村ではパパっと光る可視光が蟻ヶ峠方面を中心に目撃されている。


さて、
2005年4月25日の福知山線では、1985年8月12日のJAL123便への攻撃タイプの核をさらに改修した、
「紫外線と赤外線のみを発する新型核」
が使われたと想定されます。


電車というのは火の気が無く、キノコ雲が出るのは難しい状況です。
・線路バラストの砂利で多量の粉塵は出ない状況。
・横は駐車場で塵は出ない状況。
・マンションも塵は立たない状況。

よって、
マンションに衝突する前に、起爆がされたと想定されます。

電車ですとフライトレコーダー等がございませんので、
そういった関係もあるかと思われます。

大阪・吹田の鉄道安全考動館に事故車両を展示予定と
2008年の報道記事に書いてあります。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK20080425020063

要は、
JAL123便の安全啓発センターと同様の意味合い。
(外部要因及び核による金属組織の変化証拠物の保全)
ということになります。


しかしながら
最近のスーパーおおぞらでは
・トンネル内でこっそり行う。
・すぐにブルーシートを被せる等、
隠蔽が巧妙化してきています。

 


<以下参考>
鉄道の、曲線通過速度というのは、
かなり古い時代の設備に合わせて大幅に余裕を持っています。
・40キロレール。
・丸い川原のバラスト(敷石)。
・バラストが少々動いてカント(カーブにおけるレールの傾き)がゆるくなった場合も想定。
・ふきっさらしで強風で煽られた場合も加味。
・震度4までの地震も想定。
・夏場でレールが伸びて、局所的にゆがみが生じた場合も想定。
等を想定。

JR西日本の2005年4月25日の福知山線の現場では、
・50キロレール。
・角が尖った山からのバラストで崩れにくい。
・充分なカントがつけられている。(特急や快速等、高速通過列車が多いことを想定。)
・気象条件は問題無し。
・路盤はマンションや駐車場のところが福知山線の旧線であり、強度に問題無し。対向列車も特急が接近してきていたが地盤の揺れ等は無し。
・温度条件は問題なし。

となっています。
重心が高めの207系で、乗車率が高かった条件でも、
110km前後でしたら問題なく通過できます。

そもそも、これがスピードの出し過ぎによる脱線ということであれば、振り子電車というものが存在できなくなってしまいます。(制御振り子及び自然振り子が作動しなかったとしても問題なくカーブを通過できる設計である。)
JAL123便の際、圧力隔壁が原因であのジャンボ旅客機が墜落したとする話術と同様である。

なお、
現在、JR東日本では、さらに規格を上げて、
路盤の強化、60キロレール(新幹線と同等)に交換、
等、余裕度をさらに高めています。

また、
JR東海では、かなり古い国鉄規格のままの線路もあり、
万が一高速で通過すれば脱線しかねない路線も確かにあります。
これは、
カント(カーブでのレールの傾き)をとりすぎると、
蒸気機関車が、カーブで停車した場合、発車時の粘着係数が得られなくなることに起因しています。
電車や気動車時代ではカントを多めにつけて問題ありません。

 

 

 

 

 

日航ジャンボ123便 同じ1985年から官僚主導の「TPRプロジェクト」なる口封じ政策が発動しており現在も継続中とのこと
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/957.html
投稿者 愉快通快 日時 2012 年 3 月 08 日 00:10:42: aijn0aOFbw4jc

 

(回答先: 日航ジャンボ123便 なにやら「住所も声も顔もバレてんだぞ」と、脅迫されているようだ。当方は免許等の情報をネットで公開さ 投稿者 愉快通快 日時 2012 年 3 月 07 日 22:34:32)

070903 peter start 070903 peter end

 

1985年8月12日のJAL123便は、日本の官僚も多々関わっていますが、
同じ1985年から官僚主導の「TPRプロジェクト」なる政策が発動していたということである。
・日本の有識者への口封じ
という面では、JAL123便と同様の側面を持つ。
大変興味深い案件である。


要は、
・日本をむしばむ官僚組織
・警察マフィア(自衛隊安全部隊の下に警察公安を下げ、国民弾圧を行う)国家ナチズム
が台頭してきた四半世紀だったのです。

 

 


http://www.asyura2.com/12/senkyo127/msg/310.html
TPR、具体的には政官財各界における四千人のリストを作り、その全員に大蔵省幹部が説得に行くというスタイルであった。同時にこれは思想検閲・言論統制の意味合いもあったらしいのだ。恐ろしいというのは、この言論統制プロジェクトが一過性ではなく、現在まで継承されているという事実なのである。このTPRプロジェクトが1985年に始まった

 

 

 

日航ジャンボ123便 「中華ナチズム」が台頭。「赤い貴族」→「官僚のTPRプロジェクト」→「自衛隊情報部隊」→「警察公安
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/958.html
投稿者 愉快通快 日時 2012 年 3 月 08 日 02:42:32: aijn0aOFbw4jc

 

(回答先: 日航ジャンボ123便 同じ1985年から官僚主導の「TPRプロジェクト」なる口封じ政策が発動しており現在も継続中とのこと 投稿者 愉快通快 日時 2012 年 3 月 08 日 00:10:42)

070903 peter start 070903 peter end

 

「中華ナチズム」が台頭、蔓延している。
要は
http://www.blue-wolves.org/video-kaisetsu.html
のような、中華暴行組織が1985年以来、日本を闊歩しているのである。

の方は、「赤い貴族」「中華版ナチス」といった主張で襲撃されているのだ。
「中華ナチズム」という定義は極めて興味深い。
肉食のナチス、といったところだ。

もちろん、「中華ナチズム」は、
1985年から官僚主導の「TPRプロジェクト」なる口封じ政策です。アメリカ型統治から中華ソ連型統治への変貌です。
1985年8月12日のJAL123便撃墜の際、警視庁の初期救助を自衛隊が撃沈することにより、警察公安を支配下に置き、
(御巣鷹の尾根にある警視庁初期救助部隊の墓)
http://www.asyura2.com/10/lunchbreak43/msg/696.html

 

「赤い貴族」→「官僚のTPRプロジェクト」→「自衛隊情報部隊」→「警察公安」→「暴力団、宗教、探偵社、警備会社」
のシステムで、日本国民への口封じ弾圧を行なっているのだ。


<以下引用>

虚飾に満ちた北京五輪の開会式は、中国政府の偽装体質を全世界に知らしめた。「五十六族協和」を捏造し、「平和の祭典」の看板で覆い隠そうとした中国共産党の支配が、権力弾圧によって抵抗を圧殺し,手抜き工事や毒入り食品で子供や幼児すら惨殺する「赤い貴族」による封建支配であることはもはや明らかである。一方、バブルの破裂、国有企業の破綻などで「中国流」市場社会は崩壊寸前である。痛めつけられた民衆の不満は「義和団」の再来という排外主義の形で爆発しかねず、これに中共や「赤い資本家」が乗じれば、核を保有する「中華版ナチス」すら出現しかねない。
 一方、北朝鮮では、金正日の不在によって労働党支配が機能不全に陥り、指導者なき北朝鮮の「処分」が、米中の共同と競合によって進められつつある。
 だが、この間に日本の政治家が何をしてきたかと言えば、売民宰相福田康夫から口先国士石原慎太郎に至るまでが、嬉々として北京詣でである。福田に至っては五輪だサミットだ内閣改造だと美味しいところを散々食い散らかした末に政権を放り出した。まさに「貧乏神」の「食い逃げ遁走」だ。もはやダメ問題でしか無い日本の政治を立て直し、拉致された同胞やアジアの人々を救うためにも、我々は現実を正確に直視しなければならない。
 まずは五輪後の中国の政治経済動向と北朝鮮の先軍政治の行方について、中国問題の第一人者である青木直人氏を招いて、東アジア全体に関して情勢分析を行う。(佐藤悟志)

<引用ここまで>

 

 

 

 

 

日航ジャンボ123便 御巣鷹の尾根「警視庁の墓」(全くもって無視されていますが中央即応隊の御霊が無念極まっておられます)
http://www.asyura2.com/10/lunchbreak43/msg/696.html
投稿者 愉快通快 日時 2010 年 11 月 04 日 05:20:25: aijn0aOFbw4jc

070903 peter start 070903 peter end

 

御巣鷹の尾根の「警視庁の墓」が全くもって無視されていますが中央即応隊の御霊が無念極まっておられます。

http://www.youtube.com/watch?v=zQW_4FDezCM
日航ジャンボ123便 御巣鷹の尾根警視庁の墓→ 伊豆下田市R135号尾ヶ崎ウイング(乗客小川様撮影の機内からの写真の景色)→ 伊豆半島松崎港~静岡県清水港航路(123便飛行ルートに近い)→ 静岡県清水市清水港観覧車からの清水港(乗客小川様撮影の機内からの写真の景色)

 

 

 

 

 

 

 

1985年8月12日(月)の日航ジャンボ123便  今国会に「秘密保全法案」が提出されそうだ。1985年からの「TPRプロジェクト」の口封じの一環。中国文革にも酷似。
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/959.html
投稿者 愉快通快 日時 2012 年 3 月 08 日 08:58:33: aijn0aOFbw4jc

 

(回答先: 日航ジャンボ123便 「中華ナチズム」が台頭。「赤い貴族」→「官僚のTPRプロジェクト」→「自衛隊情報部隊」→「警察公安 投稿者 愉快通快 日時 2012 年 3 月 08 日 02:42:32)

070903 peter start 070903 peter end

 

今国会に、
「秘密保全法案」
が提出されそうです。
http://www.google.co.jp/search?q=%E3%80%8C%E7%A7%98%E5%AF%86%E4%BF%9D%E5%85%A8%E6%B3%95%E6%A1%88%E3%80%8D&rls=com.microsoft:ja:IE-SearchBox&ie=UTF-8&oe=UTF-8&sourceid=ie7&rlz=1I7RNWE_jaJP310&redir_esc=&ei=BfRXT6mPCO_EmQX_meiYDw
(↑検索キーワード「秘密保全法案」)

要は、JAL123便の1985年から始まった
「TPRプロジェクト」の日本国民口封じの一環と想定されます。


1985年8月12日の日航ジャンボ123便ですが、
夕方に江ノ島で海岸から揚がるように指示が出ていたりということで、
やはり、事前計画性が想定されてきます。
そこで、
1985年(昭和60年)より開始された、
「TPRプロジェクト」を加味すると、一段と、状況が明瞭になってきます。

JAL123便搭乗の方々というのは、日本を代表する方々でした。
状況は、
中国の文化大革命に酷似してきています。

 

 


<以下参考>
急浮上する「秘密保全法案」
http://www.asyura2.com/12/senkyo125/msg/435.html
投稿者 gataro 日時 2012 年 1 月 28 日 13:49:37: KbIx4LOvH6Ccw

政府が今通常国会での成立を図っていて、3月には上程される予定の「秘密保全法案」、内容はひどいもの。

(1) 秘密の範囲が広範で曖昧
  かって国民的な反対運動で廃案となった国家機密法案(スパイ防止法案)より秘密の範囲を拡大して、外交秘密や、公共の安全及び秩序の維持に関する情報も秘密の対象に加えられています。
  行政機関の委託事業で大学や民間機関が取得した情報も対象に加えています。

(2) 処罰範囲が曖昧でかつ拡大
   公務員に以外による秘密を取得する行為を「特定取得行為」として処罰対象に加え、単に共謀行為だけ、教唆行為だけで、実行行為が無くても処罰可能にする内容です。

(3) プライバシーの調査を制度化
  予め秘密を扱う可能性がある対象者について、適性評価を行う制度を新設。調査項目はプライバシーに関する情報も含まれ、対象者以外にその家族についても調査が可能です。  

posted by ja8119 at 20:25| 指定なし | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。