2008年09月10日

昭和天皇陛下が1988年8月13日に詠んだ米軍を追悼する詩

http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/19686.jpg

 

 

 

1988年の8月13日に昭和天皇陛下が詠まれた詩は、

JAL123便ソ連自衛隊核攻撃惨事にて数多くの生存者が切り刻まれ殺害されたことに対する悔しさが表現されている。

さらに、米国時間の8月12日ということから、多くの損害を被った米軍への追悼と、最後まで天皇陛下に仕えたのは米軍だけだったことへの感謝がこめられている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日中、日航ジャンボ123便が「光った」地点をうろうろしていましたが、そこは中性子爆弾の爆心地そのものでした。

足がまた放射線火傷をおこしてきております。(水虫ではありません。一面、皮がむけてくる)

 

 

 

 

123神示でも予言されているが、2011年のポールシフトの件につきまして外国の方が早く気づき、日本人は2010年の都市攻撃になるまで気づかないとあります。

http://13.pro.tok2.com/~space-age/

それでも、この記事が元で日本人の0.023%の人が気づき助かるらしいので掲示しておきます。

 

ロシアの専門家が、ついにポールシフトの可能性を警告した・

http://cocorofeel.exblog.jp/

 

どのようになるかと言いますと、高天原(日航ジャンボ123便)

http://gray.ap.teacup.com/123ja8119/

が地上に発生することになります。

123便生存者落合さんの行動に学ぶと、富士山が見えるあたり(相模湖付近)から安全姿勢をとり続けていたといいます。

http://www.goennet.ne.jp/~hohri/n-ochiai.htm

 

すると、そろそろ都市からは避難を開始したほうがよいと言うことになります。(時期的にはまだかなり早い段階ですが)

 

123神示やノストラダムスにも、都市に田舎ができ、田舎に都市ができると述べられております。

 

 

1985年8月12日の日航ジャンボ123便ですが、

1985年8月13日頃の御巣鷹の尾根写真を見ますと、

古代岩船燃料のオレンジ色の古代燃料のゾーンが見られます。

そもそも、御巣鷹の尾根というもの自体が、岩船をひっくり返したような地形になっています。

よって、古代岩船燃料があってもなんら不思議は無いのです。

 

また、ソ連カムチャッカ半島は岩船型をしていますが、

岩船燃料が混じって湧き出ているオレンジ色箇所があります。

御巣鷹の尾根のJAL123便写真と酷似しています。

http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/7273.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日航ジャンボ123便 ソ連軍機Tu-22盲の機体前部骨組が見られる。1985年8月13日頃御巣鷹尾根スゲの沢報道写真中。
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/909.html
投稿者 愉快通快 日時 2012 年 2 月 24 日 03:34:22: aijn0aOFbw4jc

 

(回答先: 日航ジャンボ123便 ソ連軍機Tu-22盲の機体外板が見られる。1985年8月13日頃御巣鷹尾根スゲの沢報道写真中。 投稿者 愉快通快 日時 2012 年 1 月 20 日 01:55:13)

070903 peter start 070903 peter end

 

1985年8月12日の日航ジャンボ123便であるが、
1985年8月13日頃の御巣鷹の尾根報道写真中に、ソ連軍機Tu-22盲の機体残骸が見られる。
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/7555.jpg


<参考>日航ジャンボ123便 2010年にも「ソ連+自衛隊」が画策されていたがプーチンが断った。日本の裏政府八咫烏に殴られ青アザ
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/898.html

 

<参考>「原子雲のきのこ雲のような」
http://www.youtube.com/watch?v=IH4wt9tbt7w  

 

 

 

 

 

日航ジャンボ123便 JAL123便周辺が光って川上村側から原爆のようなキノコ雲が目撃された時の機内の様子が圧力隔壁等に
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/908.html
投稿者 愉快通快 日時 2012 年 2 月 23 日 20:25:08: aijn0aOFbw4jc

 

(回答先: 日航ジャンボ123便 JAL123便付近が光った高天原山蟻ヶ峠南相木村側(長野県側)付近の水が首都圏側に排出されている。 投稿者 愉快通快 日時 2012 年 2 月 15 日 23:59:17)

070903 peter start 070903 peter end

 

1985年8月12日の日航ジャンボ123便であるが、
以下は、運輸省航空安全委員会JA8119号機JAL123便の報告書
http://jtsb.mlit.go.jp/jtsb/aircraft/download/pdf/62-2-JA8119-08.pdf
掲載の写真である。
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/7554.jpg
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/7552.jpg
JAL123便周辺が光って川上村側から原爆のようなキノコ雲が目撃された時
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/7535.jpg
の機内の様子が圧力隔壁等に垣間見られる。  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1985年8月12日の日航ジャンボ123便でありますが、

米軍最強のSR-71も墜落しているのが早い段階の報道写真に記録されています。

http://www.asyura2.com/10/lunchbreak41/msg/920.html

SR-71はチタンが多用されているため、

昭和60年あたりでチタン製のモニュメントが建てられていたらJAL123便関連と想定されます。

 

太平洋戦争中のアッツ島玉砕で知られるアッツ島ですが、

1987年(昭和62年)にチタン製のモニュメントが新たに建設されています。

http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/7272.jpg

 

これは、旧日本軍アッツ島玉砕と、JAL123便や米軍機等を撃墜した自衛隊デュートロン(サムライサージ)の玉砕作戦が同様の手口であることから、旧日本軍の再来に警鐘を促すため、建造されたモニュメントになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ノアの方舟であるが、漂着したのは長野県南相木村の南相木ダム近くである。

当時、岩船や通常の船は多数あったが、皆だめだった。

ホンモノの「ノアの方舟」が漂着したのは、茶屋ノ平~ずみ岩 付近で、水が引くと共に、大黒沢に滑り降りた。

 

 

 

 

 

日航ジャンボ123便 「金」や「燃える砂」といった埼玉秩父の莫大な日本の資源が台中露自衛隊部隊に略奪されている状況です。
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/844.html
投稿者 愉快通快 日時 2012 年 2 月 11 日 01:12:35: aijn0aOFbw4jc

 

(回答先: 日航ジャンボ123便 神界の都にはあくが攻めて来てゐるのざぞ。八月の十二日、のひつく 。高天原にパイナップルフリーゲーズ 投稿者 愉快通快 日時 2012 年 2 月 03 日 12:27:58)

070903 peter start 070903 peter end

 

基本的に、埼玉県というのはアメリカ(日米)が弱い。
熊谷部隊(ソ連中国台湾勢自衛隊公安部隊)の勢力が強いところです。

JAL123便当時は、226事件に実際に参加していた畑和が知事だったことからも明らかです。

http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/7293.jpg
現在、特に、ここ10年程度におきましては、
・秩父滝沢ダム開発と称して
・秩父神社の秩父ロープウエイが廃止された地下
・埼玉県皆野寄居有料道路
の3箇所が、ソ連中国台湾によって大規模にくり抜かれています。

具体的には、県南の業者(日米韓勢力)を競争入札で追い出し、県北の熊谷部隊(台中ロ自衛隊114及び公安のゼロパイナップルフリーゲーズ)の業者が格安で落札し、廃棄物として資源を持ち出し、莫大な金額の日本の資源が略奪されている状況です。換金分の一部がキックバックされるため安く落札したり、賄賂で口利きが行われている仕組みです。


要は、「超有用資源」があるわけです。
金も多く含まれていますが、実際には古代岩船燃料の「燃える砂」です。


1985年8月12日の日航ジャンボ123便の際に、光っていた場所と相似なところです。

日本の資源が略奪され、善良な業者が締め出され、台中露パイナップルフリーゲーズの活動資金にも充てられているのが現状です。  

 

 

 

 

 

日航ジャンボ123便 「ソ連が攻めてきた時には下田」。 JAL123便の教訓から「豊かな時代」を取り戻さねばなりません。
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/843.html
投稿者 愉快通快 日時 2012 年 2 月 11 日 00:56:49: aijn0aOFbw4jc

 

(回答先: 日航ジャンボ123便 乗客小川様が機内から右側の車窓を撮影した写真の「6枚目」ですが、右上にプロペラ羽根が写っています。 投稿者 愉快通快 日時 2012 年 2 月 10 日 15:14:13)

 

 

JAL123便は伊豆半島川奈界隈から、わざわざ南下して下田港周辺で超急旋回。回避を繰り返しているのです。
海上自衛隊出身の日本で数番目の腕を持つ高浜機長でなければできない技です。

また、
「下田港」まで南下して急旋回回避を行なっている理由は
・天皇家の下田御用邸がある。
・下田開港の下田である。
・下田開港の時、ロシアも開港をせまって、軍艦ディアナ号で来たのですが、11月4日に大津波(安政の大地震)。神力の地である。
ということです。

さらに、
大津波で自力航行不能となったロシア軍艦ディアナ号は、西伊豆の戸田(へだ)へ修理のため曳航中、風と波により数百隻の救助活動もむなしく、ついに宮島村沖で沈没となった。

地震、大風の神力が発生した訳です。
ソ連が攻めてきた時、神国日本の力が出るのが下田なのです。

要は、
「ソ連が攻めてきた時には下田」
と、昔から相場が決まっているのです。

逆に、JAL123便が「下田」に逃げているということは、「ソ連が攻めてきた」ということになります。


欧米が破綻寸前で、ロシアや原住民アジアの世が来そうな流れですが、
この「6枚目」
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/7286.jpg
は、欧米勢力を復活させることのできるほどの重要な1枚なのです。

1985年8月12日で「豊かな時代」が終焉してしまったのは、
JAL123便で欧米の飛行機、軍、及び救助が敗退し、JAL123便は撃墜され生存者は残忍に虐殺され、野蛮な原住民の世が到来したからなのです。
なんとしても、JAL123便の教訓から「豊かな時代」を取り戻さねばなりません。


<参考>下田開港の歴史
http://www.izu.co.jp/~p-boo/kaikou.html
ロシア軍艦ディアナ号とプチャーチン提督
http://www1.cts.ne.jp/~fleet7/Museum/Muse260.html

 

 

 

 

 

 

 

日航ジャンボ123便     JAL123便残骸写真には、ソ連軍機Tu-95ベアの主翼プロペラと一致する破損が見られる。         
投稿者 愉快通快 日時 2012 年 2 月 24 日 03:34:27: aijn0aOFbw4jc

http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/910.html

 

(回答先: 日航ジャンボ123便 「ソ連が攻めてきた時には下田」。 JAL123便の教訓から「豊かな時代」を取り戻さねばなりません。 投稿者 愉快通快 日時 2012 年 2 月 11 日 00:56:49)

070903 peter start 070903 peter end

 

1985年8月12日の日航ジャンボ123便であるが、
生存者の乗客川上慶子さんが、
「左後ろの壁、上の天井の方がバリッといって、それで穴が開いたの。それと一緒に白い煙みたいなのが、前から入ってきたの。」
と証言している。
http://www.youtube.com/watch?v=YvuSD0Z2vZA


運輸省航空事故調査委員会JA8119号機JAL123便報告書
http://jtsb.mlit.go.jp/jtsb/aircraft/download/bunkatsu.html
http://jtsb.mlit.go.jp/jtsb/aircraft/download/pdf/62-2-JA8119-08.pdf
写真77(215ページ)
写真95(224ページ)
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/7553.jpg
のJAL123便残骸写真には、
ソ連軍機Tu-95ベアの主翼プロペラと一致する破損が見られる。

 


<参考>日航ジャンボ123便 2010年にも「ソ連+自衛隊」が画策されていたがプーチンが断った。日本の裏政府八咫烏に殴られ青アザ
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/898.html

 

<参考>生存者の証言 -川上慶子さんの証言-
-高崎国立病院での証言-

大社町(島根県)のおばあちゃんや大勢の人が、慶子ちゃんの元気になった声を聞きたがっているの。知っていることを話してね。飛行機の音とかあったでしょ?

あのね、北海道の帰りに、千歳から東京まで飛行機で行ってね。東京から大阪まで飛行機で、大阪にいるおばちゃんのとこに回って寄るっていって、それで乗ったの。

飛行機の中で大きな音がした時何が起こったの?

左後ろの壁、上の天井の方がバリッといって、それで穴が開いたの。それと一緒に白い煙みたいなのが、前から入ってきたの。

慶子ちゃんが一番最初気がついた時、周りは暗かった?

暗かった。

真っ暗だった?

うん。

その時何も見えなかった?

見えなかった。

お父さんやお母さんや咲子ちゃんはその時どうだったか覚えている?

うん。咲子とお父ちゃんは大丈夫だったみたい。お母ちゃんは最初から声が聞こえなかった。

その時に何か思った?

うん。お父ちゃんたち生きているかなとかね、思った。

明るくなった時何か見たものある?

木とかね、太陽が差し込んできた。(私は)寝転がってたみたいになってたから、目の前に何かネジみたいな大きいものがあったの。隣に何かタオルみたいなものが見えて、触ってみたらお父ちゃんが冷たくなっていた。左の手が届いたから、触ったの。

左手が届いたところにいたわけね?

うん。

ヘリコプターでつり上げられた時何を考えていた?

出される時にね、咲子の何かベルトで縛られたところが見えたから、咲子たち大丈夫かなって思った。

助けられてから、一番うれしかったことは?

知らない人やクラスの友達とかにね、いろいろ励ましの手紙をもらったり、いろんな物を宅配便とかで送ってくれたの。

ほかに何かみんなに言いたいことは?

いろいろ励ましてくれたので、くじけずに頑張りたいと思います。

上記のインタビューは事故から一週間後の8月19日、高崎国立病院の病室で小川清子看護婦長が報道陣のメモを基に質問したのに答えたもので、約5分間のテープが公開された。質問は慶子さんの病状を考慮して、ショックを与えそうな質問は避けられたが、慶子さんははっきりした声で積極的に事故の様子を話した。落合由美さん・吉崎博子さんも同様にインタビューのテープが公開されたが、川上慶子さんのみ病室にテレビカメラが入った。下の映像はその時公開されたテープのダイジェストと思われる。
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
-付き添い関係者への証言1-

http://www.youtube.com/watch?v=YvuSD0Z2vZA  

 

 

 

 

 

 

 

 

日航ジャンボ123便 御巣鷹の尾根 昇魂の碑 広場の風車は、ソ連軍機Tu-95ベアも自衛隊に加勢したことを示している。
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/935.html
投稿者 愉快通快 日時 2012 年 3 月 02 日 16:27:49: aijn0aOFbw4jc

 

(回答先: 日航ジャンボ123便 総括 日本に必要なのはアメリカ主導による国家再構築である。 投稿者 愉快通快 日時 2011 年 12 月 26 日 18:40:35)

070903 peter start 070903 peter end

 

1985年8月12日の日航ジャンボ123便であるが、
前原大臣が御巣鷹の尾根に参拝された頃から、昇魂の前広場には風車が飾ってある。
これは、JAL123便撃墜に、
ソ連軍機Tu-95ベアも自衛隊に加勢したことを示している。


<参考>日航ジャンボ123便 昇魂の碑前ヘリポートの読売寄贈ベンチ。「読売」の文字が溶剤で消されている。ロシアサイドの隠ぺい工作
http://www.asyura2.com/10/lunchbreak42/msg/783.html
 

 

 

 

日航ジャンボ123便 運輸省報告書216ページ写真79の隔壁プレス痕跡がソ連軍機Tu-95ベアプロペラと一致。等倍サイズ
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/937.html
投稿者 愉快通快 日時 2012 年 3 月 02 日 17:35:48: aijn0aOFbw4jc

 

(回答先: 日航ジャンボ123便 御巣鷹の尾根 昇魂の碑 広場の風車は、ソ連軍機Tu-95ベアも自衛隊に加勢力したことを示している。 投稿者 愉快通快 日時 2012 年 3 月 02 日 16:27:49)

070903 peter start 070903 peter end

 

1985年8月12日の日航ジャンボ123便であるが、
運輸省航空事故調査委員会JA8119号機JAL123便報告書
http://jtsb.mlit.go.jp/jtsb/aircraft/download/bunkatsu.html
216ページ写真79の
http://jtsb.mlit.go.jp/jtsb/aircraft/download/pdf/62-2-JA8119-08.pdf
隔壁プレス痕跡がソ連軍機Tu-95ベアプロペラと一致している。
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/7714.jpg
等倍サイズであるから、直接ベアのプロペラがJAL123便を損傷した状況となっている。

 

 

 

 

日航ジャンボ123便 運輸省報告書214ページ写真75の隔壁破損状況が安全姿勢をとる乗客になっている。近傍で核ピカドン。
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/936.html
投稿者 愉快通快 日時 2012 年 3 月 02 日 17:14:46: aijn0aOFbw4jc

 

(回答先: 日航ジャンボ123便 運輸省報告書197ページ写真41の機体破損状況が安全姿勢をとる乗客になっている。近傍で核ピカドン。 投稿者 愉快通快 日時 2012 年 2 月 28 日 14:53:17)

070903 peter start 070903 peter end

 

1985年8月12日の日航ジャンボ123便であるが、
運輸省航空事故調査委員会JA8119号機JAL123便報告書
http://jtsb.mlit.go.jp/jtsb/aircraft/download/bunkatsu.html
214ページ写真75
http://jtsb.mlit.go.jp/jtsb/aircraft/download/pdf/62-2-JA8119-08.pdf
の隔壁破損状況が安全姿勢をとる乗客になっている。
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/7713.jpg

大きさは、人体等寸大より大きいため、
レントゲンの原理で、後部圧力隔壁を受像板としてJAL123便近傍で自衛隊ピカドンが炸裂した際に、発生した痕跡と分析される。

 

 

 

 

 

日航ジャンボ123便 歴史的に見て、日本に欧米政権が君臨している時に日本人は豊かであった。「徳川幕府」とはロシア下部組織
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/944.html
投稿者 愉快通快 日時 2012 年 3 月 05 日 16:23:23: aijn0aOFbw4jc

 

(回答先: 日航ジャンボ123便 総括 日本に必要なのはアメリカ主導による国家再構築である。 投稿者 愉快通快 日時 2011 年 12 月 26 日 18:40:35)

070903 peter start 070903 peter end

 

1985年8月12日の日航ジャンボ123便であるが、
日米勢力が、ロシア中国台湾北朝鮮(旧日本軍部)徳川幕府連合勢力に敗退したため、
実質的に、裏の権限が、大陸勢力に移ってしまっており、
故に、現在までの大きな国難の時代となっているのです。

 

「御巣鷹」というのは、江戸時代、上野村界隈に33箇所つくられています。
また、
上野村や埼玉県川越~日高等に、江戸時代に、大陸から、かなりの移民が来ています。

要は、
「33」ですから、
徳川幕府、というのは、ロシアフリーメーソン(アメリカフリーメーソンとは正反対)の下部組織です。
しかも、
鎖国をしていることになっていたのですが、実質的には、大陸から植民地として移住政策をとっていたわけです。

この動きが、現在の「熊谷部隊」等の、現政府転覆組織への流れとなっており、徳川幕府の名残として裏予算として官房機密費の半分を得るような絶大な裏権力を維持しているのです。

日航ジャンボ123便の際、
JAL123便は、現政府アメリカ政権、日本皇国臣民の集大成ですから、
当然、攻撃してくるのは、
ロシア、徳川幕府、大陸移民、といった勢力になります。
・ソ連軍機
・自衛隊(中露台湾旧日本軍部派)
が出てきて至極当然なのであります。


要は、近代史の流れを単純化しますと、以下のように分析されます。
徳川幕府(ロシア下部組織)
~ ロシア統治時代。天変地異も多く、暗澹たる世の中。
明治政府
~ 欧州統治時代。よい世の中。
大正時代
昭和初期
~ 旧日本軍(現北朝鮮)統治時代。惨憺たる世の中。
昭和終戦まで
~ 米国統治時代。よい世の中。
JAL123便の昭和60年8月12日まで
~ ロシア北朝鮮(旧日本軍部)統治時代。 惨憺たる世の中。
現在

 

なお、日航ジャンボ123便の「御巣鷹山」は、徳川幕府の33箇所の御巣鷹地域区分では、「長岩御巣鷹山」という区域に、
アントヌッチ中尉が報告した地点は「品塩御巣鷹山」という区域になります。

 

 

 

 

 

 

 

日航ジャンボ123便は、川上村の梓山を超低空飛行しましたが、

皇太子様のお印は「梓」なわけです。

そして、梓山 近くの扇平山蟻ヶ峠付近で核攻撃されました。

 

これは、

「シンボリックな場所で攻撃を行う」http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51918798.htmlという中華特有の戦略手法であり、中ロ自衛隊による卑怯な皇室攻撃がJAL123便ですから、当然といえば当然です。

 

米軍パットン中尉が、ナチスドイツと組んでマルキストソ連をもっと叩いておくべきだとの論調を改めて考察する必要が出てきている時代と言えます。

 

【関連する記事】
posted by ja8119 at 12:59| 指定なし | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。