2008年08月30日

123便が「消えた」のは中性子ビームの「航空機も発射数秒後にはその存在が掻き消されるだろう。」に酷似

航空機も発射数秒後にはその存在が掻き消されるだろう。
http://blog.chemblog.oops.jp/?eid=382500

コロンビア号の極秘の飛行計画は、NASAが一般に断言したものとは全く違っていた。計画では、当初コロンビア号は、一般的な方向であるバミューダ(Bermuda)に向けて北東に打ち上げられ、その2分30秒後、異例とも言える北方への凄まじい進路変更を開始するよう指示されていた。この前代未聞の彎曲した打ち上げは、頭上で待ちかまえているロシアのコスモスフィア(Cosmosphere = 恐らく衛星とか前述のspace triadのようなものかと思われますが、それを指す日本語が見当たりませんので、そのままの読みを使います)を極秘にかわす事を意図してのものであった。
http://blog.chemblog.oops.jp/?eid=784606


 
談笑している123便乗客が突如ひでぶしてしまったのは中性子線による影響だが、その発生源は天空であったのだろうか。


角田氏の著書「疑惑(123便はミサイルにより撃墜された)」で角田氏の車に金色のチリのようなものが積もっていた、という内容が書かれているが、粒子線ビーム陽子により核転換してチリ状の金になった乗客等の物質が降下したものだろう。
逆に、粒子線ビーム陽子により核転換して金が作成できるということかもしれない。御巣鷹山塊一帯の泥には123便の際、核転換した物質が塵として残っているだろう。
当方へ来た指示で、「掃除機で塵を吸ってみろ」「自動車のエアフィルターを見てみろ」「一晩アイドリングして自動車のエアフィルターを見てみろ」「上野大滝林道を何往復か通って自動車のエアフィルターを見てみろ」
といったものがあった。





なお、123神示で「星のようなものが1週間燃える」とあるが、五稜郭周辺だということである。先日、長野県佐久市滞在中、北海道へ来るように命令があり、東京から北海道に陸路で向かう際に「五稜郭は通らないように」と厳しく指令が来た。そのまま通過してしまったが函館では「ここでフェリーで戻れ」と厳しく叱咤された。帰路はフェリー又は飛行機を指示された。飛行機に乗ったが、「B747は123便の時にギャレー下のベントホールのパッキンが劣化してくっついていて開かなかったのであなたが好きなジャンボではなくB777に乗るようにとの指令を受けた。北海道新幹線のルートがなんでああいう風になってしまうのか(観光地ドル箱の函館・五稜郭を迂回する)疑問であったが123神示によるものであった。国のルート作成は有能と言えよう。

 

 

 

日航ジャンボ123便 延焼していれば煙で尾根地面が映らない。よって発光していた状況。さらに、現場はグリーンフラッシュを浴
http://www.asyura2.com/10/lunchbreak41/msg/923.html
投稿者 愉快通快 日時 2012 年 3 月 13 日 10:02:11: aijn0aOFbw4jc

 

(回答先: 日航ジャンボ123便 「炎上していた」とされる部分は光って映っただけ。実際の現場写真からも全く焦げてもいない。生存者多数 投稿者 愉快通快 日時 2010 年 8 月 15 日 04:16:37)

070903 peter start 070903 peter end

 

1985年8月12日の日航ジャンボ123便であるが、
夜間に、御巣鷹の尾根が光っている。
もし延焼して煙が出ているようならば、御巣鷹の尾根の地面は写らない。よって、尾根地面が発光していた状況である。

さらに、
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/7884.jpg
の御巣鷹の尾根報道写真を見ると、グリーンフラッシュを浴びた極所現場状況である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日航ジャンボ123便 「オレンジエア」には、ハードロックナットの技術を用いたリベットが使われているがコピー技術のため中国
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/1004.html
投稿者 愉快通快 日時 2012 年 4 月 03 日 23:45:33: aijn0aOFbw4jc

 

(回答先: 日航ジャンボ123便 今回は、静岡に中国人が来ないそうです。中国おかしすぎます。「コラァ!中国、いい加減にしろ!」の感じ 投稿者 愉快通快 日時 2012 年 3 月 30 日 09:28:26)

070903 peter start 070903 peter end

 

JAL123便への「オレンジエア」には、ハードロックナットの技術を用いたリベットが使われています。
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/8094.jpg
右上の2本はリベットが抜けているが、左下の1本のリベットが残っている。

ハードロック工業社の「ハードロックナット」がございますが、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AF%E5%B7%A5%E6%A5%AD
この技術をリベットに応用(盗用?)した
「頭無しリベット」
がオレンジエアには用いられています。
オレンジエアは国産技術の製品が用いられていた日本の製品であることがここでも裏付けられます。

コピー技術を用いるというのは、いかにも中国的な発想で、ここでも自衛隊中露絡みといったことが浮き彫りになってきます。


運輸省航空安全委員会報告書付録33ページで
リベットの頭抜け等の記述があるのは、
オレンジエアの「頭の無いリベット」に関することを暗に述べていることになります。
http://jtsb.mlit.go.jp/jtsb/aircraft/download/pdf/62-2-JA8119-huroku.pdf  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日航ジャンボ123便 元寇(マルキスト中国+ソ連+イスラム自衛隊)による、日米勢力(ユダヤ人及び米軍)への攻撃であった。
http://www.asyura2.com/10/lunchbreak43/msg/925.html
投稿者 愉快通快 日時 2012 年 9 月 02 日 23:10:50: aijn0aOFbw4jc

 

(回答先: 日航ジャンボ123便 米軍と世界権力(ソ連)の直接戦争が御巣鷹で発生した。反乱軍(自衛隊)への支援としてソ連が核ミサイル 投稿者 愉快通快 日時 2012 年 1 月 11 日 11:45:26)

 

1985年8月12日の日航ジャンボ123便ソ連自衛隊核攻撃惨事(背景に中国軍中国公安部中国共産党)であるが、元寇と分析できる。
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/10424.jpg

JAL123便ソ連自衛隊核攻撃惨事は、元寇(マルキスト中国+ソ連+イスラム自衛隊)による、日米勢力(ユダヤ人及び米軍)への攻撃であった。

 

【関連する記事】
posted by ja8119 at 01:06| 指定なし | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。