2008年08月30日

地に高天原(日航ジャンボ御巣鷹の尾根の惨状)が出来るのざぞと、123神示で述べられております。

地に高天原(たかあまはら)が出来るのざぞ
http://13.pro.tok2.com/~space-age/sunmoon/123_23_sea/sea_23_504.htm
と、123神示で述べられております。

阿修羅掲示板等でも時々出ていますが、東京がむごいことになるということです。(そういった事象も、善悪と言うよりは岩戸開きのための1つの事象として捕らえる必要があるようです。)

内容としては、気化爆弾(ロシアで実験等されているのでご自身で調べてみてください)が東京で使われ、酸素が少ない状況が発生するようです。副都心あたりがだめで、王子あたりで「酸素が少ない気分が悪い(キモイ)」
http://www.goennet.ne.jp/~hohri/n-isyo-7.jpg
http://www.goennet.ne.jp/~hohri/n-index.htm
という状況になるようです。

対策としましては酸素ボンベが必要です。
今までの防災対策は誤っています。布で口をふさいでも酸素が少ないため多数の方々が亡くなる恐れがあります。消火器も結構ですが酸素ボンベを多量に常備しておくべきです。
例えば、国内航空会社でも有料オプションで酸素ボンベをフライトの際、貸し出すようになりました。ああいった小型の酸素ボンベを部屋や社員の人数分は確保するべきです。もし予算的にだめなら自動車ホイール付き廃タイヤでもいいです。冬用タイヤを倉庫にしまわないで気圧を高めにしておいて部屋においておけばどうでしょうか。有事にはゴムのにおいはともかくとして空気ボンベとして使用します。韓国などが得意分野の水の電気分解による酸素発生装置も電池駆動にしておくならば有効と思われます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日航ジャンボ123便 前原運輸大臣が御巣鷹の尾根に参拝された際から「風車」が飾られている。ソ連軍機ベアのプロペラを丁寧に表現。
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/995.html
投稿者 愉快通快 日時 2012 年 3 月 28 日 14:11:30: aijn0aOFbw4jc

 

(回答先: 日航ジャンボ123便 御巣鷹の尾根 昇魂の碑 広場の風車は、ソ連軍機Tu-95ベアも自衛隊に加勢力したことを示している。 投稿者 愉快通快 日時 2012 年 3 月 02 日 16:27:49)

070903 peter start 070903 peter end

 

1985年8月12日の日航ジャンボ123便惨事であるが、
前原運輸大臣が御巣鷹の尾根に参拝された際から、
「風車」
が飾られている。

これは、
ソ連軍機Tu-95ベアのプロペラが、JAL123便垂直尾翼を破壊したことを
ていねいに表現している。

【関連する記事】
posted by ja8119 at 00:39| 指定なし | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。