2012年02月12日

日航ジャンボ123便 群馬県上野村には「統一教会お断り」の宿がある。内情をよく知るフリーメーソン所属

1985年8月12日の日航ジャンボ123便核攻撃惨事は、ソ連台湾マルキスト+自衛隊及び中共中国公安部の暗躍であった。
天皇陛下に対して中国のみがおかしいことからも自明である。

にこやかなご表情


にこやかなご表情
 

お不愉快なご表情



かたいご表情



 

元締めは、具体的には顔も名前もロシアステップ平原の部族↓

http://www.youtube.com/watch?v=HHrriKgJoCQ

(一二三神示では「オロシヤの悪」と表現されている部類の方々)

そもそもが、ユダヤイスラエルを、ロシアステップ平原のマルキストが支配していることが根本的問題。(例えば、イスラエルが叩くべきマルキストイランとの戦争をしないという。イスラエルのロシアステップ平原マルキスト遊牧民化が露呈している。http://www.j-cia.com/article.php?a=7778

「イスラエルは、突然米国内のユダヤ右派ロビー団体を批判し始めました。もしかしたら、イスラエルは米国と段階的に手を切るかもしれません。」)
 

この、ロシアステップ平原のマルキスト遊牧民が人間牧場を影で操っている。遊牧民族なので、人間牧場支配をしようとする。

対抗しているのは、ユダヤ米軍のみである。

 

現代版ポグロムは白人黒人関係なくユダヤ民族が襲撃されるのが特徴。

統一教会(統一ロシア配下マルキスト)が皇国日本ユダヤアメリカに対するアパルトヘイト弾圧を行なっている。http://www.youtube.com/watch?v=2JJJpRx3UmQ&feature=related

 http://www.youtube.com/watch?v=n0gh9wvQjmU 2011年の「311」以降では「中華ナチス」によるファシスト台頭というかたちで目に見えるうねりとなってきている。核汚染ガレキを各地で焼却して、二次汚染により皇国日本ユダヤ米国を、核攻撃する政策を日本に行なわせているのは、中台露ポグロム勢力。(中国公安部 中国のエリア51)

 

 

日本には中国公安部が徘徊暗躍しており「公安のゼロ」と呼ばれる。日米欧派を弾圧するマルキスト部隊である。
しかし、
この中国公安部「公安のゼロ」を取り締まる権限が日本の警察公安には無い。(

日中記者交換協定同様のカラクリ)

 

現場の警察官の間でも
「公安のマル」
との呼び名で、取り締まれない連中として問題視されている。

 

例えば
米軍関係者の不祥事等はことの他盛大に報道等されるが、
中国公安部が何をしようと、日米には取締りの権限すら無い。

JAL123便核攻撃惨事が隠蔽され続けているのも、中国公安部マルキスト部隊が中心的に関与していたからである。

 

JAL123便核攻撃惨事の際、全面的に天皇陛下側を支援、多大な犠牲も払った米国に対する温和な陛下と、

裏天皇と共に事態を画策した中国界隈に対する陛下の「ご不愉快なお表情」 

http://inri.client.jp/hexagon/floorA4F_ha/a4fhb612.html
 

 

↑米国「サクラメント」にてJAL123便関連記事。ロシア正教会における機密(サクラメント)を意味し、ソ連軍機の関与(自衛隊+ソ連)が示されている。

 

 

2012年5月16日に「赤報隊」から朝日新聞に脅しがあった

http://sitesearch.asahi.com/.cgi/sitesearch/sitesearch.pl

が、↓のような正しい報道をするとロシアステップ平原のマルキスト遊牧民から圧力がかかるのだ。

 

 

↓「JAL」が「AL」に。しかも、プロペラ機のブレードでプレスされた痕跡。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日航ジャンボ123便 JAL123便付近が光った高天原山蟻ヶ峠南相木村側(長野県側)付近の水が首都圏側に排出されている。
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/870.html

 

(回答先: 日航ジャンボ123便 JAL123便付近が光った高天原山蟻ヶ峠南相木村側(長野県側)付近では岩が乗客型に彫刻された状態。 )

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日航ジャンボ123便 群馬県上野村には「統一教会お断り」の宿がある。内情をよく知るフリーメーソン所属の石屋の経営者の方。
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/849.html

 

(回答先: 日航ジャンボ123便 JA8119号機はジャンボSRの「3号機」ということも重要。フリーメーソンが「龍の連合」に敗退した )

 

1985年8月12日の日航ジャンボ123便であるが、
群馬県上野村のフリーメーソン所属の方が経営する、とある旅館では「統一教会お断り」である。
現地事情に通じた石屋の経営者の方の宿であるが、JAL123便に関連して、「統一教会お断り」になったそうである。

 

<参考>日航ジャンボ123便 日米の、暦は、「赤口」→赤ロシア→ソ連 「先勝」→勝共連合→台湾 ここでもソ連と台湾が出てきます。
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/847.html
日航ジャンボ123便 「占いやオカルト」で分析して符合しているようなら、それは「占いやオカルト」を行動主体とする結社だ
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/848.html

 

<以下参考>勝共連合は、統一教会、旧日本軍(自衛隊114)  アメリカから寝返った勝共連合


世界勝共連合:犯罪の国際主義
テロリズム「世界勝共連合:犯罪の国際主義」パリ(フランス)2005年1月20日
http://www.reseauvoltaire.net/article13873.html

蒋介石、文鮮明師およびナチや日本の戦犯たちによって台湾で発足した世界勝共連合(WACL)は、最初にニクソンによって東南アジアからラテンアメリカにかけての反乱に対抗する手段として使われた。7名の国家指導者がその会議に参加した。後になって、レーガンの時代に再び活力を得て、冷戦中に米国の軍産複合体とCIAの道具と化した。彼らは政治的な暗殺とあらゆる紛争地域での対ゲリラ勢力の形成に携わった。紛争地域にはアフガニスタンも含まれるが、ここではオサマ・ビン・ラディンによって代表されたのである。


----------------------------------------------------------------------

第2次世界大戦の終了に及んで、米国の諜報機関はナチ、ファシストそしてウスターシ【クロアチアのファシスト:訳者】を反共ネットワーク創出のために使った。これがステイ・ビハインドである[1]。将来のNATO諸国の中でリクルートされた諜報員たちが秘密にされなければならない以上は、逆に、ソビエトのコントロールの下に置かれた国々の諜報員たちはその活動が表ざたにならざるを得なかった。その結果、西側へ移動する東側出身の諜報員たちによる協調行動のために、1946年に一種の国際団体が作られた。これがAnti-Bolshevik Bloc of Nations(ABN)である。


ウクライナ、ハンガリー、ルーマニア、クロアチア、ブルガリア、スロバキア、リトゥアニアなどのファシストたちはヤロスラフ・ステツコ(Yaroslav Stetsko)の指導の下に会議を開いた。ウクライナでの対占領軍事協力者の元リーダーだったステツコは1941年6月2日にルフォフ(Lvov)で犯された700名の虐殺――大半がユダヤ人だったが――の責任者だったと考えられている。


その8年後、朝鮮戦争休止時に米国はインドシナでフランスに取って代わった[2]。アイゼンハワー大統領は、USSRと中国に対抗するために動員される地域防衛システムを確立した。1954年9月8日にNATOをモデルにして、オーストラリア、ニュージーランド、パキスタン、フィリピン、タイ、英国そして米国によってSEATOが作られ、12月2日には米国と台湾の間で相互防衛条約の締結が完了した[3]。


これに並行して、CIAがアレン・ダレス(Allen Dulles)の指揮の下で、これらの国々の諜報機関員を組織化させこの地域の反共主義政党間の接触をはかる一つの組織を確立させた。こうして蒋介石(Chiang Kai-shek)の元に建設されたのがAsian People’s Anti-Communist League, APACLである。


台湾の総統である蒋介石に加えて、APACLはそのメンバーとして、後に韓国大統領となる朴正■(Paek Chun-hee)、戦犯の一人で富豪となり日本の自由民主党の資金を支えた笹川良一、さらに統一教会の文鮮明(Sun Myung Moon )師[4]を数えた。またAPACLのメンバーにはプラファム・クラピチティール(Prapham Kulapichtir)将軍(タイ)、フェルディナンド・マルコス(Ferdinand Marcos)大統領(フィリピン)、ソパサイノ(Sopasaino)殿下(ラオス)[5]、ド・ダン・コン(Do Dang Cong)大佐(ベトナムのグエン・バン・チューNguyen Van Thieu大統領の代理)などが含まれている。


APACLは、後のCIA台湾支部[6]の責任者レイ・S.クライン(Ray S. Cline)の総合指揮の下にあり、雑誌The Asian Bulletinを発行、その編集は、後にHeritage財団[7]のアジア支部の責任者となるマイケル・ラサター(Michael Lasater)の負担になるものであった。


[WACLの創設]
1958年以来、ABNの総裁は台北でAPACLの年次総会に参加した。クラインとステツコは台湾のthe Political Warfare Cadres Academyを視察した。これは反共主義的鎮圧のために蒋介石政権の軍隊に訓練を行う教育機関である。


この学校は米国のthe Psychological Warfare Center of Fort Braggとパナマにあるthe School of Americas[8]のアジア版である。CIAは次第に、政治家グループと反乱鎮圧の指導者たちによる世界レベルの組織網を作っていった。1967年にABNとAPACLは合併し、世界勝共連合(World Anti-Communist League、WACL)が名乗りを上げた。そしてその活動を『自由世界』の連合へと広げていった。その新しいメンバーの中に、第2次大戦の間に作られたメキシコのファシスト組織で「王たるキリストの軍団(Legion de Cristo Rey)」とも呼ばれるロス・テコス(Los Tecos)がある。この連合は、73~75年のリチャード・ニクソンとその治安参謀ヘンリー・キッシンジャーがホワイトハウスを牛耳るときに、最初の最盛期を迎える。


その機能は統一教会を通して気前の良い保証を受けた。しかしこの事実は1975年まで公式に認知されていた。文鮮明師はその後この連合との関係が崩れたと主張するが、その日本人の代弁者である久保木修己の後ろで指導力を発揮し続けていたのだ。


フェニックス計画(1968~1971)とコンドル作戦(1976~1977)に適用されたWACLの役割には、東南アジアやラテンアメリカで共産主義のシンパであると疑いをかけられた何万人という人間の殺害が含まれている。それは今日に至るまで実態が明らかにされていない。


フェニックス計画はおそらくベトナムで、後にWACLの総裁となるジョン・K.シングローブ(John K. Singlaub)将軍のthe Joint Unconventionnal Warfare Task Forceによって適用されたはずである。しかしながらシングローブはこの計画との関連を常に否定し続けていた。


一方では、1971年~1978年にボリビアに独裁政治をひいたウゴ・バンセール(Hugo Banzer)は、WACLのラテンアメリカ部門を率いた。バンセールは1975年に野党である共産主義者たちを肉体的に抹殺する計画を立てた。このバンセール計画は、1977年にアスンシオンで、パラグアイの独裁者アルフレド・ストロエッスネル(Alfredo Stroessner)将軍の主宰で行われたラテンアメリカWACL会議の中で、続行すべきモデルとして紹介された。同様に、ラテンアメリカ各地で解放の神学を唱えるあらゆる僧侶と信者の抹殺を進めるための動議が、パラグアイ支部によって提案され1978年のWACL世界大会によって採用された[9]。


同時にまた、この期間に欧州に衝撃を与えた緊張の戦略(Strategy of Tension)の中で、WACLの役割は明確な科学とも見なされない【意味不明瞭。原文tampoco se conoce a ciencia cierta:前後の段落の内容から考えて「正確に知ることができない」というような意味か、フランス語からの翻訳の際に起こったミスではないか、と思われる:訳者】。”新秩序”の創始者でフランス人のフランソワーズ・ドゥプラッ(Francois Duprat)、MSIの創始者でイタリア人のジョルジョ・アルミランテ(Giorgio Almirante)、CEDADEの創始者でスペイン人のヘスス・パラシオ(Jesus Palacio)、”国々のサークル”の代表であるベルギー人のパウル・ヴァンケルホヴェン(Paul Vankerhoven)、そして同様の他の者たちがWACLの活動家となった。そして、イタリアでテロリストとして指名手配されたステファノ・デレ・チアイエ(Stefano delle Chiaie)[10]を非合法に連れ去り、ウゴ・バンセール政権のボリビアに送ったのはこの連合だった。そこで彼はすぐにクラウス・バルビー(Klaus Barbie)の補佐役に指名された。暗殺隊のトップとしてである。


またレバノンの戦争でWACLが果たした役割に触れる記録文書もほとんど無い。後に、1975年にこの紛争が勃発する1週間前に、元大統領のカミレ・シャモウン(Camille Chamoun)のキリスト教民兵の関連組織に傭兵を雇ったことが明らかになる。


1977年にホワイトハウスに入ったときに、ジミー・カーターは前任者たちの汚い行動を終わらせようと願った。そして海軍大将スタンフィールド・ターナー(Stanfield Turner)をCIA長官に指名し、ラテンアメリカの横暴な政府を抑えることに努めた。これはWACLにとって困難な時代だった。そのメンバーから出資を受けることをあきらめなければならなかったからだ。これはやがて反カーターの動きを作る。より都合の良い時代を準備し、当然のごとく米国最大の反カーター組織、the National Coalition for Peace Through Strengthとの関係を確立した。


この反対派の急先鋒はアメリカ保安委員会(American Security Council)に由来するものである。それはアイゼンハワー大統領が『軍産複合体』という用語と共に考案したものであった[11]。その共同責任者は、ジョージ・H.ブッシュとともにチームB[13]と呼ばれるパイプス委員会の中でソビエトの脅威を再登場させたダニエル・オグラハム(Daniel O’Graham )将軍[12]、およびジョン・K.シングロウブ将軍であった[14]。


この連合の数多くの責任者たちがロナルド・レーガンの選挙戦用の組織に絡んでいた。彼らの大部分にとってこのカリフォルニアの共和党の指導者とは無関係ではなかった。実際に第2次大戦終結時に、レーガンは自由十字軍(Crusade for Freedom)のスポークスマンとして、共産主義から逃れてきた東欧出身の移民たちを米国に定着させるための資金集めに参加していたのだ。それは実際にはABNメンバーであるナチ、ファシスト、ウスターシたちを移住させることであった。副大統領のジョージ・H.ブッシュも良い友人であった。彼はCIAの守護神としてコンドル作戦の長であったのだ。


[WACL黄金時代]
ロナルド・レーガンとジョージ・H.ブッシュがホワイトハウスに登場して以来、WACLはかつての活力を取り戻し発展を続けた。以前からの人脈はその成果を現してきた。米国の軍産複合体は、世界自由委員会(Council for World Freedom, USCWF)の名称の下にWACL米国支部創設の財源提供に努めた。ジョン・K.シングロウブ将軍がこれを指導しダニエル・オグラハム将軍が副委員長となった。しかし実際の狙いはそうではなかった。軍産複合体はWACLの権力を我が物にし世界の反共弾圧政策の中心的な道具に作り変えた。シングロウブはこうしてWACLの総裁になった。


[連合があらゆる前線で活躍]
アフガニスタンでのソビエト勢力と戦うために、アメリカ保安委員会[15]はWACLのそれに関する部門に資金を提供した。ヘリティジ基金に本部を置く自由アフガニスタン委員会(Committee for a Free Afghanistan)である。この作戦は、マーガレット・サッチャー、およびMI6の長ニコラス・ベセル(Nicholas Bethell)卿の米国公式訪問を期に開始し、J.ミルノール・ロバーツ(J. Milnor Roberts)将軍がその指揮を取った。


この委員会は直接に『自由のための闘い』への軍事的援助に参加した。それはCIA長官ウイリアム・ケイジー(William Casey )[16]の決定によって実現し、オサマ・ビン・ラディン[17]によって運営された。公開されるビン・ラディン・グループのサウジ拠点での協力者であるアーメド・サラー・ジャムジョオン(Ahmed Salah Jamjoon)長老および一人の南イエメンの元首相が、WACLとこのサウジアラビア資本家の子弟とのつながりを作り上げたのだ。[18]


フィリピンでは、WACLを代表したのがフェルディナンド・マルコスである。しかし1986年に彼が失脚すると、ジョン・K.シングロウブとレイ・クラインは新しい相談者を作りに現地へ赴いた。彼らはそこで反ゲリラの議員組織を作り、フランク・カールッチ(Frank Carlucci )[20]、ジョージ・H.ブッシュ、およびビン・ラディン家の友人であるフィデル・ラモス(Fidel Ramos )将軍[19]に目星をつけた。


ニカラグアではサンディニスタ革命と戦うために、WACLは、コスタリカにあるジョン・ハル(John Hull)の所有地に後衛基地を置きアルゼンチン人の教官を配置した。連合は同時にホンジェラスで参謀長官のグスタボ・アルバレス・マルティネス(Gustavo Alvarez Martinez)将軍によって提供された施設を利用した。この将軍は人権主義的な装いで隠蔽した国際難民救済団(Refugee Relief International)を利用しながら傭兵を雇っていた。


グアテマラでは国民自由運動のリーダーマリオ・サンドバル・アラルコン(Mario Sandoval Alarcon)がWACLに参加した。サンドバルは1974~1978年の副大統領であり、大統領のロメオ・ルカス・ガルシア(Romeo Lucas Garcia)が操り人形でしかなかったのだが、この国の本物の主人であった。サンドバルは5年間に1万3千人以上を殺した暗殺団を組織した。


エルサルバドルではWACLは、台湾の軍事学校で教育を受けグアテマラからの援助に支えられたロベルト・ダウブイッソン(Roberto d’Aubuisson)を支援した。ダウブイッソンは後に、この地域のCIAにあたるANSESALの総裁、および極右準軍事組織である国家共和主義党(ARENA)のリーダーとなった。同時に暗殺団を組織してオスカル・ロメロ(Oscar Romero)大司教を殺害した。


しかしWACLの成功はその転落をも促した。1983年に国防副長官のフレッド・C.イクレー(Fred C. Ikle )[21]はペンタゴンの中に8名の専門家からなる一つの秘密委員会を作った。自由防衛のための委員会である。その委員長はジョン・K.シングロウブ将軍であった[22]。この委員会が、ニカラグア、アンゴラ、エルサルバドル、ベトナムの拡張を吹聴するモデルとして、アフガニスタンへの隠密の侵略を作り上げた、と言われている。しかし彼らの行動の詳細に関する証拠文書書類は十分ではない。


1984年にロナルド・レーガンは、イランゲートヘの私的な出資の責任を、この連盟とジョン・シングロウブの個々の手に預けた。この事件は国家防衛委員会のオリバー・ノース(Oliver North)大佐の直接の指揮の下で行われたものであった。1987年、このスキャンダルの暴露がWACLのすべてをなぎ倒し解体させたのであった。


----------------------------------------------------------------------

【注釈】
[1] ”Stay behind :Las redes estadounidenses de desestabilizacion y de injerencia” (Thierry Meyssan,Voltaire, 20/06/2001:スペイン語)を参照
http://www.redvoltaire.net/article5.html

[2] フランス軍は1954年5月7日のデン・ビエン・フーの戦闘で敗れた。

[3] その一方で1955年1月29日に議会はアイゼンハワー大統領に対して、共産主義者による攻撃が起こる場合には台湾を防衛する戦争に突入する承認を与えた。

[4] ”Reverend Moon : le retour”(Voltaire, 26/03/2001:フランス語)を参照。
http://www.reseauvoltaire.net/article7830.html

[5] ソパサイノ殿下はラオス議会副議長であったが、1971年4月23日にオルリ空港でフランス当局に逮捕された。荷物の中に60kgのヘロインを隠し持っていた。

[6] Ray S. Clineは朝鮮戦争の最も過激な見解を聞かせたアナリストであった。1958~1962年にCIA台北支局の責任者。彼の表の姿はthe US Naval Auxiliary Communications Centerの責任者だった。後にコチノス(Cochinos)湾の失敗で引き起こされた人事異動のおかげでCIA副長官になった。著書に Secrets, Spies and Scholars(Edotirial Acropolis Books, 1976)がある。

[7] Michael LaseterはElizabeth ClaireのChurch Universal and Triumphant(CUT)の第一責任者であった。70年代の半ば、この教団はカリフォルニアの本部に軍隊用の武器が発見されるスキャンダルに見舞われた。責任者の一人は80年代にアフガニスタンのWACLの代表幹部に指名された。

[8] The School of Americasはその後米国のFort Benningに移転した。我々のネット資料ページには1947~1996年のこの学校の学生の完全なガイドがある。(フランス語)
http://www.reseauvoltaire.net/rubrique366.html

[9] この作戦はアルフォンソ・ロペス-トゥルヒーヨ(Alfonso Lopez-Trujillo)神父の協力で行われたように思える。彼は後にラテンアメリカ教会会議(CELAM)の理事長となった。【この神父はオプス・デイと深い関係を持つ:訳者】

http://www.redvoltaire.net/article3393.html
http://www.reseauvoltaire.net/article13765.html

【関連する記事】
posted by ja8119 at 03:24| 指定なし | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。