2011年12月30日

御巣鷹の尾根スゲの沢の写真にソ連軍機の椅子と酷似するシートが認められる。

御巣鷹の尾根スゲの沢の写真にソ連軍機の椅子と酷似するシートが認められる。
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/648.html

 

 

1985年8月12日の日航ジャンボ123便であるが、
1985年8月13日頃の御巣鷹の尾根スゲの沢報道写真にソ連軍機の椅子と酷似するシートが落ちている様子が記録されている。

 

 

 

 

日航ジャンボ123便 1985年8月13日頃の御巣鷹の尾根スゲの沢報道写真中にソ連軍機Tu-22残骸が見られる。
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/655.html

070903 peter start 070903 peter end

 

1985年8月13日頃の御巣鷹の尾根スゲの沢報道写真中にソ連軍機Tu-22残骸が見られる。
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/6605.jpg  

 

 

日航ジャンボ123便 ソ連軍機Tu-22先端部残骸が見られる。 御巣鷹の尾根スゲの沢1985年8月13日報道記録写真中。
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/659.html
) 070903 peter start 070903 peter end

1985年8月12日の日航ジャンボ123便であるが、
1985年8月13日頃の御巣鷹の尾根スゲの沢写真中に、ソ連軍機Tu-22先端部と酷似した残骸が記録されている。
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/6622.jpg  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日航ジャンボ123便 そもそもが「御巣鷹の尾根」自体が古代岩船がひっくり返った状態の現物である。古代燃料の「燃える砂」も
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/829.html
投稿者 愉快通快 日時 2012 年 2 月 08 日 10:38:09: aijn0aOFbw4jc

 

(回答先: 日航ジャンボ123便 1985年8月12日夜間に秩父で光っていた場所は、古代岩船型の地形である。古代岩船燃料「燃える砂」 投稿者 愉快通快 日時 2012 年 2 月 08 日 10:28:17)

070903 peter start 070903 peter end

 

1985年8月12日に、日航ジャンボ123便が来た御巣鷹の尾根であるが、
そもそもが「御巣鷹の尾根」自体が古代岩船がひっくり返った状態の現物である。古代燃料の「燃える砂」もあって当然である。
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/7238.jpg
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/7259.jpg
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/1807.jpg

 

<参考>日航ジャンボ123便 1985年8月12日夜間に秩父で光っていた場所は、古代岩船型の地形である。古代岩船燃料「燃える砂」
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/828.html
日航ジャンボ123便 マルキスト台湾マルクス主義ソ連、が天皇日本ユダヤアメリカに攻めてきたのがJAL123便であります。
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/727.html
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/7002.jpg
日航ジャンボ123便 1985年8月12日夜に光っていた秩父側のガク沢上流部には、古代岩船燃料の燃える砂が多数存在する。
http://www.asyura2.com/10/lunchbreak42/msg/934.html
日航ジャンボ123便 埼玉県大滝村(現秩父市)で光っていた場所には、現在、異常とも言える門数の大規模な砂防ダム群が。
http://www.asyura2.com/10/lunchbreak41/msg/911.html
日航ジャンボ123便 御巣鷹の尾根はノアの方舟をひっくり返した地形である。古代燃料の「燃える砂」が山体にあって然りである
http://www.asyura2.com/10/lunchbreak42/msg/932.html
日航ジャンボ123便 光っていた御巣鷹の岩「緑の灯の 御巣鷹の岩 幻想的」 お隣、川上村水晶洞博物館で緑に光る石が展示中
http://www.asyura2.com/10/lunchbreak43/msg/718.html
日航ジャンボ123便 光で攻撃されると蛍光を発する宇宙由来の生命体細胞がインドの赤い雨から検出された。御巣鷹の尾根も隕石
http://www.asyura2.com/10/lunchbreak41/msg/910.html
日航ジャンボ123便 「炎上していた」とされる部分は光って映っただけ。実際の現場写真からも全く焦げてもいない。プラズマテ
http://www.asyura2.com/10/lunchbreak41/msg/591.html
日航ジャンボ123便 生存者落合由美氏「夕方の感じなのです。」 闇夜のスゲの沢が、それほど暑くもないのに光っていたのです
http://www.asyura2.com/10/lunchbreak41/msg/908.html
日航ジャンボ123便 三保の東海大学博物館に「緑色に光る石」が展示してありました。 御巣鷹で光っていたのと同じ色でした。
http://www.asyura2.com/10/lunchbreak43/msg/867.html
123便メモ
http://gray.ap.teacup.com/123ja8119/  
 

 

 

 

 

 

 

 

日航ジャンボ123便 沼津でも日航機破片? 60年末、海岸で見つかる 1986.01.12 東京朝刊 23頁 1社 (全
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/885.html
投稿者 愉快通快 日時 2012 年 2 月 17 日 18:39:06: aijn0aOFbw4jc

 

(回答先: 日航ジャンボ123便 JAL123便が自衛隊の核ミサイルを後部に受けたのは駿河湾の沼津市「らららサンビーチ」付近である。 投稿者 愉快通快 日時 2012 年 2 月 15 日 08:22:43)

070903 peter start 070903 peter end

 

沼津でも日航機破片? 60年末、海岸で見つかる
1986.01.12 東京朝刊 23頁 1社 (全388字) 
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/7426.jpg
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/7427.jpg

 11日午後7時ごろ、静岡県沼津市西浦江梨のダイビングハウス経営吉原康明さん(32)から、近くの海岸で、昨年8月12日に群馬県上野村で墜落した日航ジャンボ機のものとみられる金属片が打ち上げられているのを見つけた、と沼津署西浦駐在所に届けがあった。

 調べによると、この金属片は縦1メートル、横40センチ、厚さ7センチほどで、端がちぎれたようになり、白い塗色で内側はオレンジ色だった。小さなリベットが打たれ、表面に「16」か「91」とも読める数字が書かれていた。昨年12月28日ごろ、ハウスのアルバイトの大学生が見つけ、吉原さんが保管していたが、10日に伊豆半島山中で日航ジャンボ機の垂直尾翼の一部が見つかったニュースを聞いて届けたという。

 同署は日航ジャンボ機のコースからややはずれているものの、その尾翼の一部である可能性もあるとみて、群馬県警の捜査本部に連絡、調べることにしている。


朝日新聞社

http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/7428.jpg  

 

 

 

 

 

 

日航ジャンボ123便 伊豆「らららサンビーチ」の建物デザインは、JAL123便車窓「6枚目」に写っているプロペラの構図。

伊豆らららサンビーチは平浜海水浴場の砂を全て入れ替えて「らららサンビーチ」としてリニューアルオープンしている。核ミサイルの現場の一つか。
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/850.html

(回答先: 日航ジャンボ123便 乗客小川様が機内から右側の車窓を撮影した写真の「6枚目」ですが、右上にプロペラ羽根が写っています。 投)

 

1985年8月12日の日航ジャンボ123便であるが、
乗客の小川様がJAL123便機内右側からの車窓を撮影した「6枚目」には、
車窓右上に、プロペラが写っている。
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/7286.jpg


この、4分の1程度の円形を加味して建設されているのが、
伊豆「らららサンビーチ」である。
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/7332.jpg

 

 

<参考>日航ジャンボ123便 乗客小川様が機内から右側の車窓を撮影した写真の「6枚目」ですが、右上にプロペラ羽根が写っています。
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/842.html
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/7286.jpg
日航ジャンボ123便 「ソ連が攻めてきた時には下田」。 JAL123便の教訓から「豊かな時代」を取り戻さねばなりません。
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/843.html  

 

 http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/868.html

伊豆「らららサンビーチ」付近
から見た「亀島」と、

JAL123便の残骸の形が
極めて相似で一致する。

これは、伊豆「らららサンビーチ」付近で自衛隊の核ミサイルがJAL123便に対し行使されたことを示す状況である。(基本的にJAL123便事件はソ連と自衛隊の合作である。)

http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/7370.jpg
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/7364.jpg
JAL123便が核ミサイルを後部に受けたのは駿河湾の沼津市らららサンビーチ付近である。

相模湾でソ連軍機Tu-95ベアにより尾翼を損傷し、駿河湾で再度攻撃を受けたということになる。
・新聞記事の縮刷版で確認できますが、翌年1986年に駿河湾でオレンジ色残骸が上がり、記事になっていました。

・JAL123便CVRでは、18:30頃からコックピットの会話が、もうろうとした状態になっている。18:30頃に、らららサンビーチ付近で核ミサイルに遭遇していると見られる。

・JAL123便乗客複数名の遺書が、いずれも、みみずの這ったような、文字で書かれている。これは、核による意識障害が出ている状況である。

・JAL123便CVRでは、18:30分28秒に、火災警報音が一度鳴り、すぐに止まっている。18:30頃に、らららサンビーチ付近で核ミサイルに遭遇していると見られる。

・当方聞き込み取材で松崎周辺にいたタクシー運転手から18:30前後にどこどこが光った(夕暮れ前に光ったのだから尋常ではない)旨の証言をいただいている。この地域では、かなり多くの人がそれを目撃しているそうである。

・現場の平沢海水浴場は、その後、砂を全て入れ替え、「らららサンビーチ」としてリニューアルオープンしている。外地の砂を多量に持ってきて入れ替えということは、ローカルな浜では特異。

・JAL123便の捜査に入ったアメリカ運輸安全委員会のジムバーネット氏「こんなことを二度と起こさせまい」(アメリカ側の責任者がこのように述べています。)
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/7173.jpg

・「らららサンビーチ」の、名前の由来は、もちろんアメリカ民謡の「森のくまさん」である。くまさんと言えば、ソ連軍機Tu-95ベアである。

 

 

 

 

 

 

 

 

日航ジャンボ123便 茅ヶ崎沖でJAL123便近傍がオレンジ色に光った際、近くを自衛隊岐阜航空実験団電子戦機C-1が飛行
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/911.html
投稿者 愉快通快 日時 2012 年 2 月 24 日 19:04:42: aijn0aOFbw4jc

 

(回答先: 日航ジャンボ123便 総括 日本に必要なのはアメリカ主導による国家再構築である。 投稿者 愉快通快 日時 2011 年 12 月 26 日 18:40:35)

070903 peter start 070903 peter end

 

日航ジャンボ123便の1985年8月12日に、江ノ島海岸で、夕方、海から揚がるように指示が出ていた件ですが、やはり、ご指摘の通り、茅ヶ崎~江ノ島付近で、
JAL123便が、電磁パルス兵器を受けています。
これは、ピカですので、ピカっとは光りますが、光よりも電磁気を放出しますので、
注視していなければわからない程度です。

まず、
運輸省航空事故調査委員会報告書の156ページ
http://jtsb.mlit.go.jp/jtsb/aircraft/download/pdf/62-2-JA8119-05.pdf
付図―20「相模湾等の浮遊残骸揚収場所図」
ですが、
江ノ島や三崎港の方に残骸が来ています。
それで、昨年夏に、三崎の突端の城ヶ島へ、2日連続で取材に行ったのです。
なかなか当時の証言が取れず、困り果てていたところ、
城ヶ島~三崎までの観光遊覧渡し舟(天ぷら油の廃油で運行)というのがありまして、城ヶ島側から往復扱いで乗せてもらったのです。
その際、60歳前後の船長さんに話を伺ったところ、
「十国(じゅっこく)峠の方が光った」ということなのです。
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/7576.jpg

伊豆十国峠は、静岡県道20号線沿いにあり、数年前に、東名高速道路のから国道1号までのアクセス道路ができたので、
現在、下田方面に行く際は、東名高速~国道1号~静岡県道20号~十国峠~伊豆スカイライン~伊豆高原~ のルートの方が1時間以上短縮できますので必ず通る地点です。
城ヶ島から十国峠は、思いのほか、近くに見えます。

地図にすると以下のような状況です。
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/7576.jpg
城ヶ島から伊豆半島十国峠へのラインと、茅ヶ崎海岸から相模湾に閃光が見えた方面とが交差する、
推定地点は
ちょうど、付図20丸4、の、「APU空気取り入れダクト」の場所になります。


また、この18:20頃には、近くを、
自衛隊岐阜航空実験団の電子戦機のC-1が飛んでいたわけです。

 

DFDR(デジタルフライトレコーダー)の
LOC(ロケーション)は、
予定航路より右か左かを、電波で測定してプロットした値です。

このLOCには
LOC1

LOC2
があります。

運輸省航空事故調査委員会報告書305~306ページのDFDRですが、
18:09分~18:15分10秒までは、LOC1とLOC2が、ほぼ一致しており、問題ありませんが、
しかし、
18:15分10秒過ぎに、LOC2が、
18:15分20秒過ぎに、LOC1が、
それぞれ、おかしくなっています。


よく言われる「離陸3分後の異常」という状況と見られますが、
これは、電波的に、何か、よほどの妨害が発生したことを示しています。
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/7577.jpg

その後、18:19分前後に、
突然、
LOC1、LOC2が逆に振り切れているという、致命的な状況に陥っています。
これが
付図20の丸4、「APU空気取り入れダクト」の場所になると想定されます。
再び、
電波的に、何かよほどの妨害が発生したということになります。
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/7577.jpg

 

 

 

 

 

 

「311」では御巣鷹の教訓を活かすべきである。

現在の「311」の核汚染は、JAL123便の時、御巣鷹を自衛隊がやたらと核汚染した状況と同様か、むしろ経度でありますから、
御巣鷹の時と同じような米国の対処をすれば特に問題無いです。
1985年から四半世紀経っていますが、現に、関東甲信越でもそれほど死者は出ていません。
しかし、
今回は、「中華式猪瀬ントワールド」が立ちふさがり、
http://foomii.com/00018/201203210700008951
http://blog.goo.ne.jp/itagaki-eiken
米国の主張が全く取り入れられておらずJAL123便の時のような対処が行われていないことが最大の問題です。

 

 

忠告させていただきたいのは、
宇宙人は、軍力は強いですが、日本人に対してなにかしてくれるということはありません。なぜなら、背景が中国のエリア51による侵略だからです。

米国のみしか皇国日本を助けなかったJAL123便の教訓が全く日本の世論で評価されていません。

「宇宙人はすごいから米軍はいらない」が、最も日本にとって危険な論調です。

 

 

 

 

『「中華式」猪瀬ントワールド』
「検察」という組織自体が、金丸信議員の金塊の頃まではアメリカ主導であったのが、それ以降、『中華式「猪瀬ントワールド」』に握られているということである。手口もいかにも中国国内と酷似している。

http://blog.goo.ne.jp/itagaki-eiken/e/0d45d19072735eb63b6a340a81fb56b0
http://blog.goo.ne.jp/itagaki-eiken/e/37b96187ad792aff7b1e0dc52ede5f0a?st=0
等の記事からも、『「中華式」猪瀬ントワールド』で分析するべきである。

堀江モンが検察に弾圧されてから、すぐに、御巣鷹の尾根へ参拝した。
村上ファンドが検察に弾圧されてから、出資関係にあるオリックスが御巣鷹の尾根へ参拝し、オリックス宮内氏の献木が御巣鷹の尾根4B付近にある。
日米韓勢力は、検察から弾圧を受けると、すぐに「御巣鷹の尾根」に参拝している。

要は、
ミスチル(ロスチャイルドのところ)が江戸時代から日本に巣食う「猪瀬ントワールド」(ロシア台湾紀州徳川)について、問題提起している状況である。
中国がロスチャイルドから切られる
http://blog.kuruten.jp/itagakieiken/133188
のも当然の流れといえる。

ロックフェラーロスチャイルドが衰退する中、悪質な「猪瀬ントワールド」が日本国内に巣食っており一人勝ちしている。

 

 

注>江戸時代に御巣鷹は33の御巣鷹地域に区分され管理されていた。要は、ロシアフリーメーソンに占領されていた。ロシアから御巣鷹に直接向かうことはできないから、台湾、を介して、江戸時代に、甘楽地域~埼玉県北~埼玉県西部地域に大陸移民が大量に移住した。これが現在の首都制圧自衛隊(官製テロ集団)への流れである。現在の東京は、この中華式猪瀬ントワールドが主導権を握ってしまっている。JAL123便の教訓が活かされていない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日航ジャンボ123便 JAL2012年3月30日羽田緊急着陸発生→JAL3月31日羽田尻持事故発生→4月4日米軍大型輸送機羽田着陸
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/1006.html
投稿者 愉快通快 日時 2012 年 4 月 04 日 16:41:39: aijn0aOFbw4jc

 

(回答先: 日航ジャンボ123便 朝日新聞朝刊社説「自衛隊に潜む危うい体質」→330JAL緊急着陸発生→夜の読売新聞「背番号812」 投稿者 愉快通快 日時 2012 年 3 月 31 日 10:21:00)

 

3月30日緊急着陸、3月31日尻持事故、の2日連続の重大案件については、中ロ派自衛隊が1985年8月12日のJAL123便同様に、皇国日本ユダヤ米国に仕掛けた戦いであった。

本家JALの予約ページでも、
JAL123便を思わせるレイアウトで、中ロ派自衛隊を牽制している。
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/8099.jpg

ついに、
4月4日には、羽田空港に、米軍大型輸送機C-5が緊急着陸し、米軍の健在ぶりを自衛隊に対しアピールしている。
http://www.asahi.com/national/update/0404/TKY201204040288.html
中ロ派自衛隊と、皇国日本ユダヤ米国の間で、激しい戦いが繰り広げられている。

日本人が平穏に暮らせるのは米軍あってのことである。

 

 

<以下参考>米軍機が羽田に乗り込んでいるのは極めて特異な動きです。
余程、東京や政権に「特殊な状況」が発生していることがお解りいただけるかと思います。
米軍の動きは支持すべきものです。

飛行機で、
ジャンボと、B-737では、
強風時や荒天時には、ジャンボの方が極めて安定して飛びます。
嵐の中の船同様です。小型船よりも大型船の方が、シケに強いです。

C-5輸送機も同じことで、
あくまでも、中ロ派自衛隊に見せるために、羽田に降りています。
「ロッキードC-5」
は、田中防衛相への中ロ派に気をつけろというメッセージでもございます。
(田中角栄は、育てた中国と官僚に裏切られて失脚。角栄記念館には、ホワイトハウスさながらの芝生となっている。「米国ヲダイジニシロ」が田中角栄の遺言とも言える。)


以下朝日新聞引用
http://www.asahi.com/national/update/0404/TKY201204040288.html
米軍機、羽田空港に急きょ着陸 強風の影響
関連トピックス
羽田空港

 全国を襲った強風の影響で、米軍の大型輸送機「C5」が予定の横田基地に着陸できず、4日午前0時半ごろ、羽田空港に急きょ目的地を変えて着陸した。

 国土交通省東京空港事務所によると、同機は米ハワイ州のヒッカム空軍基地から、横田に向かっていた。4日昼現在も羽田空港に駐機しており、離陸に向けて調整中という。同事務所は「米軍機が羽田に着陸するのは珍しい」と話している。

 

 

 

 

 

 

 

 

日本には中国公安部が徘徊暗躍しており「公安のゼロ」と呼ばれる。日米欧派を弾圧するマルキスト部隊である。
しかし、
この中国公安部「公安のゼロ」を取り締まる権限が日本の警察公安には無い。(

日中記者交換協定同様のカラクリ)

 

現場の警察官の間でも
「公安のマル」
との呼び名で、取り締まれない連中として問題視されている。

 

例えば
米軍関係者の不祥事等はことの他盛大に報道等されるが、

中国公安部が何をしようと、日米には取締りの権限すら無い。

JAL123便核攻撃惨事が隠蔽され続けているのも、中国公安部マルキスト部隊が中心的に関与していたからである。

 

 

 

 

 

 ↑を書くと、すぐに、中国勢が家におしかけて来ている。(2012年5月14日15:00現在)

http://www.asahi-net.or.jp/~rz3t-ysn/MVI_1497.AVI

 

 

 

 

今、弾圧が行われている。

 こうした天安門事件さながらの弾圧は、中国支配に由来する。

 


 

【関連する記事】
posted by ja8119 at 19:09| 指定なし | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。