2008年09月13日

日航ジャンボ123便 コックピット「ソ連エア」

 

日航ジャンボ123便 コックピット「ソ連エア」 
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/638.html

 

日航ジャンボ123便の垂直尾翼破壊はソ連機の衝突によるものと分析される。(銀色の容疑者)


以下要因↓

・JAL123便CVR音声にコックピットの音声として「ソ連エア」と記録されている。
http://neko-usa.s22.xrea.com/jal123/wav/jal123_2448.wav

 

・JAL123便CVR音声にコックピットの音声として「機長、他機に接近」と記録されている。

http://neko-usa.s22.xrea.com/jal123/wav/jal123_4832.wav

 

・JAL123便CVRに記録されていた「10Hz以下の低域にまで及ぶ広い周波数成分をほぼ一様に持つ第1の音(=168ページ)」の再生波形(172~173ページ)を見ると、低音が短時間に強弱しており、しかも、4箇所程度相似波形となっていることから二重プロペラから発せられる音響で4発機と観察される。
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/6529.jpg

 

・4発の二重プロペラの機体はソ連の飛行機Tu-95ベア等に限定される。

 

・JA8119号機報告書ページの写真には鶴丸のAL付近にプロペラがめり込んだ形の痕跡が認められる。
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/6525.jpg

 

・ソ連は、伊豆諸島方面へのTu-95ベア等による領空侵犯を繰り返しており、東京急行、と呼ばれている。

 

・スコーク77以降、米軍横田基地から再三にわたる救援のアプローチがある。(ソ連エア及び自衛隊からタカリを受けていたということであれば辻褄が合う。)

 

・JAL123便搭乗乗客の小川さんが機内から撮影した写真に、飛行物体と観察される写真が2枚写っている。
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/6527.jpg
朝日新聞やTBSテレビでも報道された機外の異常な物体(小川さん写真)
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/6531.jpg
ソ連Tu-95と小川さん写真の比較
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/6500.jpg
ソ連Tu-95と運輸省報告書残骸写真の比較
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/6528.jpg

 

・橋本龍太郎総理が1997年のロシアエリツィン大統領来日の際、北方領土返還を迫るため、川奈ホテルロビーに真空管アンプを置いた状態でロシアと交渉した。(なお、上野村の橋本旅館入り口には熊=ベア の置物がある。)

 

・1991年CoCo Moonlight Express には「銀色の容疑者」に似たフレーズが。

http://www.youtube.com/watch?v=EPHHqXhV4NM 

 


<参考文献>
日航ジャンボ123便運輸省航空事故調査委員会JA8119号機報告書
http://jtsb.mlit.go.jp/jtsb/aircraft/download/bunkatsu.html#5
184ページ写真16

日航ジャンボ123便運輸省航空事故調査委員会JA8119号機報告書付録
http://jtsb.mlit.go.jp/jtsb/aircraft/download/pdf/62-2-JA8119-huroku.pdf
168ページ及び、171ページ~173ページに記載されている「付録9」

ソ連Tu-95
http://ja.wikipedia.org/wiki/Tu-95_(%E8%88%AA%E7%A9%BA%E6%A9%9F)

橋本龍太郎
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A9%8B%E6%9C%AC%E9%BE%8D%E5%A4%AA%E9%83%8E  

 

日航ジャンボ123便 乗客小川さんがJAL123便機内から撮影した写真にTu-95ベアDが写っている。
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/632.html

日航ジャンボ123便 JA8119号機エンジンに機銃掃射の穴が3個は見えるがTu-95ベアD尾部銃座から狙撃されたのでは
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/633.html

日航ジャンボ123便 TBS島田カメラマンが撮影した御巣鷹映像にソ連Tu-95の残骸が写っている。TBS特番で報道された
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/634.html


ロシア機が出てくるから上野村の黒澤村長に口封じの5000万円がロシアから渡されている。

 

 

 

 

 

日航ジャンボ123便 車窓写真「4枚目」~「8枚目」は伊豆静岡県下田市「須崎御用邸」周辺圏内。乗客小川様が右側車窓を撮影
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/890.html
投稿者 愉快通快 日時 2012 年 2 月 18 日 19:11:41: aijn0aOFbw4jc

 

(回答先: 日航ジャンボ123便 車窓写真「7枚目」は、伊豆静岡県下田市「須崎御用邸」付近を南下。乗客小川様が右側を撮影。飛行物体も 投稿者 愉快通快 日時 2012 年 2 月 18 日 10:12:23)

070903 peter start 070903 peter end

 

1985年8月12日の日航ジャンボ123便であるが、
乗客の小川様の10枚の写真が報道されている。

 

「1枚目」「2枚目」「3枚目」は、羽田空港18番スポットにて、出発前のJAL123便JA8119号機と共に記念撮影の内容である。

 

「4枚目」は、静岡県下田市の下田港付近で、現在の「道の駅開港下田港」(現在の施設名称)上空を超低空で南寄りの方向に飛行している。

 

「5枚目」は、静岡県下田市の本根岬付近で、「国道135号線尾ヶ崎ウイング」(現在の施設名称)上空を低空で東(東京)方面へ飛行している。

 

「6枚目」は、静岡県下田市の須崎御用邸付近で、御用邸の相模湾側を低空で南下している。

 

「7枚目」は、静岡県下田市の須崎御用邸付近で、御用邸の下田港側を超低空で北寄りに飛行している。

 

「8枚目」は、静岡県下田市の「ペリー艦隊来航記念碑」(現在の施設名称)付近を、超低空で、北寄りに飛行している。

http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/7445.jpg

 

 


<参考>日航ジャンボ123便 乗客の小川様が

機内から撮影した「4枚目」は伊豆半島道の駅開港下田みなと付近から超低空旋回中の状況。
http://www.asyura2.com/10/lunchbreak42/msg/924.html

 

日航ジャンボ123便 乗客の小川様が機内から撮影した「5枚目」は伊豆半島下田市国道135号線尾ヶ崎ウイングの地上とほぼかわらない低空から。大型飛行物体も。
http://www.asyura2.com/10/lunchbreak42/msg/452.html

 

日航ジャンボ123便 車窓写真「6枚目」は、伊豆静岡県下田市「須崎御用邸」付近を南下。車窓写真「7枚目」は、伊豆静岡県下田市「須崎御用邸」付近を北上。乗客小川様が右側を撮影。小型飛行物体も
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/889.html
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/7447.jpg

 

日航ジャンボ123便 「8枚目」は、静岡県下田市の「ペリー艦隊来航記念碑」(現在の施設名称)付近を、超低空で、北寄りに飛行している。

http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/892.html
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/7446.jpg  

 

 

 

 

 

日航ジャンボ123便 乗客小川様車窓写真「4枚目」~「8枚目」は伊豆静岡県下田市「須崎御用邸」周辺を超低空飛行している。
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/897.html
投稿者 愉快通快 日時 2012 年 2 月 20 日 14:33:20: aijn0aOFbw4jc

 

(回答先: 日航ジャンボ123便 車窓写真「4枚目」~「8枚目」は伊豆静岡県下田市「須崎御用邸」周辺圏内。乗客小川様が右側車窓を撮影 投稿者 愉快通快 日時 2012 年 2 月 18 日 19:11:41)

070903 peter start 070903 peter end

 

1985年8月12日の日航ジャンボ123便であるが、
搭乗の乗客小川様が機内右側を撮影した車窓写真「4枚目」~「8枚目」を分析すると、
伊豆半島の静岡県下田市須崎御用邸周辺を超低空で超急旋回飛行していることがわかる。

推定飛行経路は以下である。
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/7491.jpg


<参考>運輸省航空事故調査委員会JA8119号機JAL123便 1985年8月12日 137ページ 付図ー1 JA8119飛行経路略図
http://jtsb.mlit.go.jp/jtsb/aircraft/download/pdf/62-2-JA8119-05.pdf

 

<参考>日航ジャンボ123便 乗客の小川様が機内から撮影した「4枚目」は伊豆半島道の駅開港下田みなと付近から超低空旋回中の状況。
http://www.asyura2.com/10/lunchbreak42/msg/924.html
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/6858.jpg

日航ジャンボ123便 乗客の小川様が機内から撮影した「5枚目」は伊豆半島下田市国道135号線尾ヶ崎ウイングの地上とほぼかわらない低空から。大型飛行物体も。
http://www.asyura2.com/10/lunchbreak42/msg/452.html
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/1844.jpg

日航ジャンボ123便 車窓写真「6枚目」は、伊豆静岡県下田市「須崎御用邸」付近を南下。車窓写真「7枚目」は、伊豆静岡県下田市「須崎御用邸」付近を北上。乗客小川様が右側を撮影。小型飛行物体も
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/889.html
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/7447.jpg

日航ジャンボ123便 「8枚目」は、静岡県下田市の「ペリー艦隊来航記念碑」(現在の施設名称)付近を、超低空で、北寄りに飛行している。
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/892.html
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/7446.jpg  

 

 

 

 

 

 

日航ジャンボ123便 下田港付近でM3.0Cuの対流性エコー発生か。報告書159~160ページに掲載されている気象レーダ
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/808.html
投稿者 愉快通快 日時 2012 年 2 月 03 日 21:26:27: aijn0aOFbw4jc

 

(回答先: 日航ジャンボ123便 乗客小川さんがJAL123便機内から撮影した写真にTu-95ベアDが写っている。 投稿者 愉快通快 日時 2011 年 12 月 20 日 09:02:22)

070903 peter start 070903 peter end

 

日航ジャンボ123便 下田港付近でM3.0Cuの対流性エコー発生か
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/7136.jpg

1985年8月12日の日航ジャンボ123便であるが、
JAL123便は下田港付近でアクシデントに遭遇して超急旋回回避している。(搭乗乗客小川様が車窓を撮影した写真より。)

1985年8月12日の18:00と19:00の東京気象レーダーが
運輸省航空事故調査委員会JAL123便JA8119号機報告書159~160ページに掲載されている。
JAL123便の下田港上空通過時間は18:24~18:30頃であった。(記録及び搭乗乗客遺書記載内容。)
比較すると、


下田港から、雲塊の移動距離30分程度の利島新島付近に19:00には対流性エコーが出ている。

JAL123便の通過時間に下田港付近でM3.0Cuが発生し、19:00には利島新島付近に動いたということである。

この「利島」「新島」付近の対流性エコーは、JAL123便における下田港付近でのアクシデントに関連があると分析される。

 

 

 

 

 

 

日航ジャンボ123便 下田港付近でM3.0Cuの対流性エコー発生か。自衛隊国産電磁パルス核きのこ雲。報告書掲載気象レーダ
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/899.html
投稿者 愉快通快 日時 2012 年 2 月 21 日 00:57:40: aijn0aOFbw4jc

 

(回答先: 日航ジャンボ123便 下田港付近でM3.0Cuの対流性エコー発生か。報告書159~160ページに掲載されている気象レーダ 投稿者 愉快通快 日時 2012 年 2 月 03 日 21:26:27)

070903 peter start 070903 peter end

 

1985年8月12日の日航ジャンボ123便であるが、
運輸省航空安全委員会JA8119号機JAL123便報告書159~160ページには、
昭和60年8月12日月曜日における18時及び19時の東京気象レーダーが掲載されている。
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/7136.jpg

東京気象レーダーから、
1985年8月12日の18時~19時の1時間の間には、対流性エコーの塊は、東寄りに50~60km移動していることがわかる。

18:00頃には、駿河湾、下田付近、相模湾、共に、対流性エコーは見られない。
しかし
19:00頃には、突如として、相模湾の利島新島付近にM3.0Cuの対流性エコーが発生している。

すると、
18:30頃に、下田付近でM3.0Cuの対流性エコーが突如人工的なきのこ雲として発生し、19時までの、30分間に相模湾の利島新島まで移動したと分析できる。
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/7504.jpg


1985年8月12日の日航ジャンボ123便は、
18:00に羽田を離陸し(18:12)、
18:24~18:30頃に下田付近に至り、
19:00前に消息を断っている。

 

よって、下田付近飛行中のJAL123便近辺で18:30頃に、M3.0Cuの対流性エコーが突如として人工的なきのこ雲の形で発生したと想定される。

 


さらに、この、新型核のきのこ雲は、東寄りに移動して19:00頃に新島利島付近に達した後、
風向が南に変わったため、
千葉県を直撃しフォールアウトにより汚染が発生した。
静岡県、神奈川県、東京都にも高レベルなフォールアウトが発生した。

 

JAL123便に対する自衛隊の核攻撃による、
静岡県、神奈川県、東京都、千葉県、への高レベルなフォールアウトがあった事象は、翌年1986年4月26日1時23分に発生したソ連チェルノブイリ原発暴発による日本国内での放射能測定数値から分析できる。

 

・神奈川県の大気1立方メートル当たり最高値3.0ピコキュリー(JAL123便前年の昭和59年観測)に比べると、JAL123便翌年の昭和61年5月測定値22ピコキュリーが最高で、7倍以上になっている。
・千葉市ではJAL123便翌年の昭和61年春のヨモギから1キロ当たり1万ピコキュリーと、かなり高い放射能が検出された。

 


翌年のチェルノブイリ原発暴発の際の国内放射能測定が、図らずも、1985年8月12日の日航ジャンボ123便の伊豆における自衛隊核攻撃を露呈する結果となった。

 

 

 

 

 

<参考>朝日新聞
15都県で放射能異常値 ソ連原発事故
1986.05.05 東京朝刊 1頁 1総 (全1,257字) 

 ソ連・チェルノブイリ原子力発電所の事故による放射能汚染が、日本各地の広い範囲で確認された、と政府の放射能対策本部(本部長・河野洋平科学技術庁長官)が4日発表した。「放射能の強さは、ただちに健康に影響を与えるものではない」としながらも、千葉市では、3日深夜から4日未明にかけ雨水1リットル中1万3300ピコキュリーの放射性ヨウ素131の最高値を記録したのをはじめ、東京、神奈川、宮城、福島、茨城、静岡、新潟、愛知、島根、石川、福井などの15都県で異常値を検出した。ソ連・キエフ市の北約100キロで事故が起こってから約1週間で、約8000キロ離れた日本に影響が出たことは専門家の予想を上回る速さで、汚染は地球規模に広がったものとみられる。事故現場で放射性物質が環境へ出続けているとすれば、今後、継続的汚染も予想され、同本部は日本全国の監視網に引き続き監視を指示した。

 放射能対策本部は4日午前7時、急きょ各省庁の関係者を招集して開かれ、同日午後10時現在で各地の観測結果をまとめた。

 千葉市の雨水中の異常値は、雨水をそのまま1日2.2リットル(大人の平均摂取量)飲み続けると、2カ月間で年間被ばく許容線量の500ミリレムに達するレベル。雨水では、放射性ヨウ素131の摂取制限が必要とされる1リットル当たり3000ピコキュリーを大きく超えたのは、千葉市と福井県の4000ピコキュリーで、そのほかは、神奈川県で3000ピコキュリー、静岡2300ピコキュリー、東京都では1700ピコキュリーなどとなった。

 大気中の浮遊じんは宮城、福島、茨城、千葉、東京、神奈川、新潟、石川、福井の各都県で検出された。濃度は神奈川県の大気1立方メートル当たり22ピコキュリーが最高。平常時の全放射能の最高値3.0ピコキュリー(59年観測)に比べるとやや大きいが、健康に影響ないという。

 食料品については、原乳を札幌市、茨城県東海村、熊本県で測定したが、ヨウ素131は検出されなかった。

 野菜については福井県でレタスに1キログラム当たり1060ピコキュリー、キャベツに同460ピコキュリーが出たほか、他の地域でも調査を始めている。このほか千葉市ではヨモギから1キロ当たり1万ピコキュリーと、かなり高い放射能が検出された。

 科学技術庁の辻栄一原子力安全局長は4日夕、記者会見で「千葉市の雨の数字はやや高いのが気になるが、2カ月連続して雨が降るとは考えられず、慎重に観測を続けたい」と話した。

 当面の注意としては(1)千葉市で雨水を直接飲む場合は、できるだけ木炭などでこして使用することが望ましい(2)水道水、井戸水と牛乳は心配ない(3)菜類は念のため、よく洗って食べることが望ましい(4)雨にぬれたり、洗濯したりすることについて何ら問題ない、などとしている。

 河野科学技術庁長官は「ただちに健康上影響を及ぼすものではないが、政府としては引き続き全国規模の放射能調査をするほか、新たな事態が生じた場合には適切に対策を公表するなど万全を期す方針だ」と談話を発表した。  

 

 

 

 

 

日航ジャンボ123便 文部省宇宙科学研究所のロケットをベースにした国産巡航ミサイル。写真「7枚目」下田「須崎御用邸」付近
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/900.html
投稿者 愉快通快 日時 2012 年 2 月 21 日 04:01:54: aijn0aOFbw4jc

 

(回答先: 日航ジャンボ123便 車窓写真「7枚目」は、伊豆静岡県下田市「須崎御用邸」付近を南下。乗客小川様が右側を撮影。飛行物体も 投稿者 愉快通快 日時 2012 年 2 月 18 日 10:12:23)

070903 peter start 070903 peter end

 

1985年8月12日の日航ジャンボ123便であるが、
JAL123便搭乗の乗客小川様が右側車窓を撮影した
写真「7枚目」
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/7505.jpg
では、機外に、ひょろ長い飛行物体が記録されている。
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/7505.jpg

拡大して見ると、コーンノズルが付いているのが認められる。
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/7506.jpg

これは、
JAL123便近傍に、国産巡航ミサイルが飛翔していた状況を示している。

JAL123便の残骸は、調布の文部省宇宙科学研究所に運び込まれている。(運輸省航空事故調査委員会JA8119号機JAL123便205ページ写真57)
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/7506.jpg
通常、「飛行機事故」ならば、宇宙関連施設に残骸が運び込まれることは、まず無いのである。

 

 

 

 

 

日航ジャンボ123便 昇魂の碑に慰霊登山者により持ち寄られた残骸にもサビサビの残骸が混じっている。鋼鉄を使うのはソ連軍機
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/886.html
投稿者 愉快通快 日時 2012 年 2 月 17 日 21:45:59: aijn0aOFbw4jc

 

(回答先: 日航ジャンボ123便 ソ連Tu-22盲の鋼鉄製サビサビでムラの多い白色薄塗装残骸が。1985年8月13日頃御巣鷹尾根写真 投稿者 愉快通快 日時 2012 年 1 月 19 日 22:51:00)

070903 peter start 070903 peter end

 

1985年8月12日の日航ジャンボ123便であるが、
以下は昇魂の碑前の写真である。
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/7431.jpg
慰霊登山者の方々により、登山道等で見つかった残骸が持ち寄られている。

ところで
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/7431.jpg
の残骸中に、ネジがやたらとサビサビな残骸が中央部に1個見られる。
基本的に、ジャンボ等の米国製機体はアルミ合金製であり、リベットも防食合金製である。
一方、
鋼鉄を多用するソ連軍機では、特にネジが錆びている例が多々見られる。
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/6966.jpg
よって、このネジがやたらとサビサビな残骸
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/7431.jpg
は、ソ連軍機の残骸と分析される。

 

 



<参考>朝日新聞 しっぽの吹き流しなどを狙うはずの高速標的機を、実際に打ち落としたり、
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/1949.jpg  

 

posted by ja8119 at 16:08| 指定なし | 更新情報をチェックする

2008年09月12日

123便 伊豆から引き上げられた尾翼 なぜドリルの削りカスのように丸まっているのだろう。

123便 伊豆から引き上げられた尾翼 なぜドリルの削りカスのように丸まっているのだろう。
http://www.asyura2.com/08/lunchbreak12/msg/734.html
投稿者 愉快通快 日時 2008 年 9 月 16 日 05:50:52: aijn0aOFbw4jc

 

1985年8月12日の日航ジャンボ123便墜落事件であるが、引き上げられた尾翼の外板がドリルの削りカスのように丸まっている。

これは、何か外部のドリルのような回転物体に巻き込まれたことを意味するものだ。
http://www.asyura2.com/bigdata/up1/source/7278.jpg
http://www.asyura2.com/bigdata/up1/source/7279.jpg
http://www.asyura2.com/bigdata/up1/source/7280.jpg
http://www.asyura2.com/bigdata/up1/source/7281.jpg  

 

 

 

 

 

 

 

 

日航ジャンボ123便 B-747アルミ合金が、ソ連Tu-95ベア鋼製機体により彫刻刀の削りカスのような削れ方をしている。
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/688.html
投稿者 愉快通快 日時 2012 年 1 月 08 日 16:10:26: aijn0aOFbw4jc

 

(回答先: 日航ジャンボ123便 垂直尾翼右側外板切断面とソ連Tu-95ブレードの形が一致している。 投稿者 愉快通快 日時 2011 年 12 月 23 日 08:41:31)

070903 peter start 070903 peter end

 

http://www.asyura2.com/bigdata/up1/source/7278.jpg
http://www.asyura2.com/bigdata/up1/source/7279.jpg
http://www.asyura2.com/bigdata/up1/source/7280.jpg
http://www.asyura2.com/bigdata/up1/source/7281.jpg

の写真は、1985年8月12日夜に、海上自衛隊館山港に陸揚げされる模様で、
JAL123便のニュース映像からキャプチャーした画像です。

ドリルの削りカスのように、きれいに丸まっています。


例えば、プラスチック部分をカッターで薄く削れば、このような丸まり方になります。
かつお節を削っても、
彫刻刀で木材を削っても、薄く削れば、このような丸まり方になります。


要は、アルミ合金製のB-747ジャンボの残骸がドリルの削りカスのようになっているということは、
硬い素材が削るように衝突したという状況証拠となります。

それで、爆破や爆弾、プラスチック製のデゴイやミサイル、試験飛行体、等では、
ドリルの削りカスのような残骸を発生させることは不可能です。

 

よって、鋼製機体のソ連Tu-95ベアが衝突したということが浮かび上がってきます。
 

JAL123便に直接的に危害を加えたのは、硬い鋼製機体の飛行体。ソ連軍機だったのです。

 

プレスしたような跡
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/640.html
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/6549.jpg
とあわせましても、状況に合致します。


JAL123便搭乗の乗客、小川さんが機内から右側車窓を撮影した写真にも写っています。
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/632.html
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/6500.jpg
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/6723.jpg

 

JAL123便コックピットにおきましても「ソ連エア」とCVRに記録されています。
 

「ソ連エア」     http://neko-usa.s22.xrea.com/jal123/wav/jal123_2448.wav
「機長、他機に接近」 http://neko-usa.s22.xrea.com/jal123/wav/jal123_4832.wav
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/639.html

 

それと、ウクライナの空軍基地に展示してあるモニュメント
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/645.html
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/6574.jpg
も重要です。
しばらくウクライナでは親米政権下でした。

 

 

海上自衛隊館山港に陸揚げされるJAL123便垂直尾翼残骸。B-747のアルミ合金に対し、十分に硬い物体が削り取るように衝突した状況証拠。
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/6724.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日航ジャンボ123便 御巣鷹の尾根に「U2偵察機」主翼残骸が見られる。1985年8月13日午前頃の御巣鷹の尾根報道写真中
http://www.asyura2.com/10/lunchbreak42/msg/930.html
投稿者 愉快通快 日時 2012 年 1 月 20 日 20:31:39: aijn0aOFbw4jc

 

(回答先: 日航ジャンボ123便 U2 360 ツアー Walk On → 「U2の北緯36度0分の尾根を歩く」  投稿者 愉快通快 日時 2010 年 9 月 18 日 22:17:06)

070903 peter start 070903 peter end

 

1985年8月12日の日航ジャンボ123便であるが、
1985年8月13日午前中頃の御巣鷹の尾根報道写真中に、JAL123便残骸と共に
U2偵察機の主翼に酷似した残骸が認められる。


http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/6979.jpg

 

これは、自衛隊が炸裂させた核爆弾「サムライサージ」によりJAL123便と共に落ちている状況である。

 

 

 

 

 

 

 

 

日航ジャンボ123便 警視庁墓碑「鏡面物質反物質」「古代兵器」「低温溶融光線」「旧型の飛行機」「衝突案件」「相手は銀色」
http://www.asyura2.com/10/lunchbreak43/msg/923.html
投稿者 愉快通快 日時 2012 年 1 月 25 日 21:53:55: aijn0aOFbw4jc

 

(回答先: 日航ジャンボ123便 報道写真に警視庁ヘリ残骸が認められる。1985年8月13日頃御巣鷹の尾根。警視庁ヘリを自衛隊が撃墜 投稿者 愉快通快 日時 2012 年 1 月 20 日 11:01:37)

070903 peter start 070903 peter end

 

1985年8月12日の日航ジャンボ123便であるが、
御巣鷹の尾根 昇魂の碑 奥にある、「警視庁の墓」には、JAL123便案件への想いと情報が込められている。
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/7051.jpg

 

 

<JAL123便伊豆の件>
 

・ワープロ文字を使わず、あえて手書きである。 → 旧型飛行機案件である。(かなり旧型のソ連軍機Tu-95ベアとの衝突案件)
 

・彫刻刀やノミで削って文字を彫っている → 食い込んでいる → 硬い素材が衝突した案件である。(頑強な鋼製機体であるソ連軍機Tu-95ベアとの衝突案件である。)
 

・グレー銀色 →(衝突した相手は銀色ソ連軍機Tu-95ベアである。)
 

・墓碑の厚みが極端に薄い → 翼 →(ソ連軍機Tu-95ベアの主翼がJAL123便の尾翼を切断。)

 

 

<JAL123便御巣鷹の件>
 

・鏡のように磨かれた墓碑 → 鏡面物質(反物質)が関与している。
 

・最新のドリル彫り工法や最新のレーザー光線高温蒸発彫り工法をあえて使用していない。 → 超古代兵器である。(ピラミッドの石を切り出していた頃以前の「低温溶融光線」が使われた。)
 

・グレイの墓 → グレイの宇宙技術が入っているアメリカ軍がソ連台湾自衛隊連合の超古代兵器に敗れた。(米軍では「サムライサージ」と読んでいる。)  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日航ジャンボ123便 橋龍エリツィン会談は川奈ホテルロビーにて真空管アンプを眺めながら行われた。Tu95ベアは真空管多用
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/751.html
投稿者 愉快通快 日時 2012 年 1 月 26 日 12:13:59: aijn0aOFbw4jc

 

(回答先: 日航ジャンボ123便 CVR音声「ソ連エア」 運輸省報告書「異常外力」の原因はソ連エア二重反転プロペラから出る低周波音。 投稿者 愉快通快 日時 2011 年 12 月 21 日 21:54:59)

070903 peter start 070903 peter end

 

1985年8月12日の日航ジャンボ123便を受けて、
1998年(平成10年)4月18日に行われた橋龍エリツィン会談
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B7%9D%E5%A5%88%E3%83%9B%E3%83%86%E3%83%AB
が行われた。川奈ホテルロビーで真空管アンプを眺めながら、ロシアに対し北方領土4島一括変換を迫った。
これは、JAL123便の尾翼を破壊したソ連Tu-95ベアについて、ソ連はいけませんでしたね。ロシアになったのですから北方4島を一括変換願います。という申し入れであった。
真空管アンプが置かれたロビーで真空管を眺めながら会談が行われた背景には、ソ連軍機Tu-95ベアは、超旧型機のため、レーダー等に多数の真空管が採用されていることがあります。


<参考>
ソ連Tu-95ベアは、
http://japanese.china.org.cn/politics/txt/2011-01/19/content_21772988.htm
のような超旧型機です。
特に通信やレーダーに真空管が多用されています。
http://www.asyura2.com/09/lunchbreak31/msg/774.html
http://www.asyura2.com/bigdata/up1/source/10289.jpg


卵型スピーカーにつきましては、
二重回転プロペラ4機から出る音響についてだと想定されます。
要は、
卵型スピーカーを4個並べて
ロガーをかけると、
JAL123便CVR尾翼破壊前後に記録されている音響音
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/7060.jpg
(運輸省JAL123便報告書)に近い物が記録できるということです。

さらに、卵型スピーカーを8個使って、2個一組×4個で並べて
ロガーをかければ
JAL123便CVR尾翼破壊前後に記録されている音響音
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/7060.jpg
(運輸省JAL123便報告書)と相似な波形が記録できるということです。

 

 

<参考>橋龍エリツィン会談が行われた川奈ホテルロビー
http://www.asyura2.com/bigdata/up1/source/10289.jpg
橋本龍太郎総理大臣はアメリカの支援の下、川奈ホテルに真空管アンプを設置し、ロビーで眺めながらロシアエリツィン大統領に北方領土4島一括変換を迫った。

 

 

 

 

 

 

 

日航ジャンボ123便 伊豆「らららサンビーチ」には、特異な陸地が完成している。向い側に「亀島」があるので「鶴」関連建造物。
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/866.html
投稿者 愉快通快 日時 2012 年 2 月 14 日 17:15:45: aijn0aOFbw4jc

 

(回答先: 日航ジャンボ123便 伊豆「らららサンビーチ」の建物デザインは、JAL123便車窓「6枚目」に写っているプロペラの構図。 投稿者 愉快通快 日時 2012 年 2 月 12 日 16:24:57)

070903 peter start 070903 peter end

 

1985年8月12日の日航ジャンボ123便であるが、
伊豆「らららサンビーチ」には、特異な陸地が建設中であったが、
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/7364.jpg
googleアースで確認したところ、完成したようである。

http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/7365.jpg


40m~50m程の長さで、極めて頑丈なコンクリートとなっている。

向い側に「亀島」があるので、当然、「亀」と来れば「鶴」である。


鶴丸のJAL123便に関連した建造施設と想定される。
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/7363.jpg  

 

 

 

 

日航ジャンボ123便 伊豆「らららサンビーチ」の方向を向いているのが、静岡清水のエスパルスドリームプラザ大観覧車である。
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/867.html
投稿者 愉快通快 日時 2012 年 2 月 14 日 18:47:32: aijn0aOFbw4jc

 

(回答先: 日航ジャンボ123便 伊豆「らららサンビーチ」には、特異な陸地が完成している。向い側に「亀島」があるので「鶴」関連建造物。 投稿者 愉快通快 日時 2012 年 2 月 14 日 17:15:45)

070903 peter start 070903 peter end

 

1985年8月12日の日航ジャンボ123便であるが、
乗客の小川様が車窓を撮影した「6枚目」右上にプロペラが写っている構図の建物が伊豆「らららサンビーチ」に建造されている。
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/842.html

 

その、「らららサンビーチ」を、駿河湾の対岸から眺めているのが、静岡清水のエスパルスドリームプラザ観覧車である。
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/7369.jpg  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ラジコン探察機「チャカ2」(青鉛筆) 1985年9月1日 東京朝刊 23頁
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/1949.jpg

ラジコン偵察機「チャカ2」(青鉛筆)
1985.09.01 東京朝刊 23頁 1社 写図有 (全286字) 


 ▽陸上自衛隊が、ジェット偵察機部隊を持つ。ただし、ラジコン機。ミサイル用標的機「チャカ2」にカメラを積み、敵陣を撮影しようというわけ。61年度予算の概算要求に1セット(2機)分を盛り込んでいる。

 ▽敵状を知るのに航空偵察の威力は大きい。が、速度の遅いヘリコプターやプロペラ機では撃墜されてしまう恐れが強い。航空自衛隊のRF4Eジェット偵察機は数が少なく、急場に間に合わないことも考えられる。

 ▽そこで「チャカ2」。小さくて小回りがきき、スピードも出る。撃墜されても人命に被害はない。とはいえ1機で約1億5000万円。誘導装置などを含めたセットで約16億円。けっこうなお値段ではある。


朝日新聞社

 

 

高速無人標的機MQM-74C(CHUKAR II)チャカ2
http://rightwing.sakura.ne.jp/equipment/jmsdf/other/chukar2/chukar2_01.jpg

最大速度 954km/h
上昇限度 12,200m
http://rightwing.sakura.ne.jp/equipment/jmsdf/other/chukar2/chukar2.html  

 

 

 

 

 

 

 日航ジャンボ123便 朝日新聞「防衛庁は件数は311件と~しっぽの吹流しなどを狙うはずの高速標的機を、実際に撃ち落とした
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/903.html
投稿者 愉快通快 日時 2012 年 2 月 22 日 12:23:28: aijn0aOFbw4jc

 

(回答先: 日航ジャンボ123便 沼津でも日航機破片? 60年末、海岸で見つかる 1986.01.12 東京朝刊 23頁 1社 (全 投稿者 愉快通快 日時 2012 年 2 月 17 日 18:39:06)

070903 peter start 070903 peter end

 

ラジコン偵察機「チャカ2」(青鉛筆)
1985.09.01 東京朝刊 23頁 1社 写図有 (全286字) 


 ▽陸上自衛隊が、ジェット偵察機部隊を持つ。ただし、ラジコン機。ミサイル用標的機「チャカ2」にカメラを積み、敵陣を撮影しようというわけ。61年度予算の概算要求に1セット(2機)分を盛り込んでいる。

 ▽敵状を知るのに航空偵察の威力は大きい。が、速度の遅いヘリコプターやプロペラ機では撃墜されてしまう恐れが強い。航空自衛隊のRF4Eジェット偵察機は数が少なく、急場に間に合わないことも考えられる。

 ▽そこで「チャカ2」。小さくて小回りがきき、スピードも出る。撃墜されても人命に被害はない。とはいえ1機で約1億5000万円。誘導装置などを含めたセットで約16億円。けっこうなお値段ではある。


朝日新聞社

 

 


財産の守りは薄い防衛庁 墜落事故などで61年の損害は33億
1987.04.17 東京朝刊 26頁 2社 (全1,972字) 


 防衛庁が税金で購入した兵器や備品を失ったり、壊したりしたことによる損害額は昨年、約33億円に上り、全省庁のこうした“無駄遣い”の約6割を占めていることが、16日までに、会計検査院への報告から明らかになった。戦闘機などの墜落に加え、訓練中に高価な魚雷や標的をなくしてしまったりしているためだ。墜落して使い物にならなくなった航空機1機の損害額を1000万円余と報告するなど、金額の算定は極めて低いが、それでも群を抜いており、防衛費が高くつく実態を改めて見せつける結果となっている。


 貴重な国の財産を守り、失ったり壊したりした際の弁償責任などを問うため、法律では、国の財産を(1)現金(2)国有財産(不動産、航空機、船舶、株券など)(3)それ以外の物品、の3つに分類。各省庁に対し、現金と物品の亡失・損傷を発見した時は、大蔵大臣と会計検査院へ通知すること、国有財産の亡失は検査院に報告するよう義務づけている。

 60年11月から昨年10月までの1年間の物品の亡失件数では郵政省の1万528件が断然多いが、切手を売る時、間違えてやぶいてしまったというケースが大部分で、損害額は約9950万円に納まっている。

 これに対し防衛庁は、件数では311件と郵政に次いで2番目だが、金額は6億9319万円余と物品損害の65%を占めた。「回収装置がついていて何度も使えるはずの魚雷(1発2750万円)を訓練中に誤って沈めた」「しっぽの吹き流しなどを狙うはずの高速標的機を、実際に打ち落としたり、魚雷標的を沈めてしまった」などが主な例=表。ほかは隊員が帽子をなくしたなど、細々したものという。

 他の省庁の物品亡失で一番多いのは交通事故による自動車の損傷。そのほかは、刑務所の火災でワープロが焼けた(法務省)、集中豪雨や土石流で記録計が流失(建設省)、あて逃げでブイが壊れた(保安庁)など、やむを得ない場合がほとんどだ。

 現金の損害は法務省の1件以外はすべて郵政省。郵便局の窓口でのミス・盗難・強盗の被害などだ。国有財産の件数では、立ち木の盗難、林野火災がある農水省の101件(約8800万円)が目立つが、金額では防衛庁の25億8734万円余が断然トップ。いずれも航空機の墜落による損害だった=表。

 60年10月、宮崎県沖に墜落した海上自衛隊機の場合、40年度に購入した古いもので、減価償却がほとんど済んでいるとして、防衛庁は「損害額1150万円余」と報告。昨年6月、燃料切れで墜落した戦闘機2機の場合も、それぞれ2億円前後と極めて安い金額を報告している。

 昨年10月までの1年間に、検査院が各省庁から受理、弁償責任の有無を判定するなどの処理をした亡失・損傷は、現金が911件(約2億2500万円)、国有財産が181件(約43億4000万円)、物品が1万1246件(約10億6500万円)の計1万2338件(約56億3000万円)。


 墜落4機の損害額は購入の半分で算定 防衛庁の61年装備損失


 防衛庁は、会計検査院に対し墜落した航空機4機の損害額を計約25億8000万円と報告しているが、調達(購入)価格は計56億7000万円と、報告の2倍以上。しかも、そのうち2機約34億円が失われた事故は燃料切れという初歩的ミス。

 防衛庁は、墜落などの事故で戦闘機などを失った場合、一定の事故率を予想して調達しておいた予備機を充てるが、その価格も配備機と変わらない。このため、損害額は調達価格で出すべきだ、との意見は防衛庁内にもある。今回報告された事故機の調達価格を見ると--。


 ビーチクラフト機(損害額約1150万円)は昭和40年度調達で7300万円。HSS2Bヘリコプター(同21億5961万円)は55年度調達で22億円。2機のF4EJ戦闘機(同1億9100万円と2億2521万円)は44年度、46年度調達で各17億円と、報告した損害額とは大きな差がある。

 2機のF4EJが同時に燃料切れで墜落した事故は初歩的ミスとして機長2人を停職2日と同1日としたのを始め、上司ら計15人を処分した。


 ◇防衛庁が61年10月までの1年間に出した主な損害


  【国有財産】

 ▽60年10月23日 鹿児島県鹿屋市の海上自衛隊第1航空群所属のビーチクラフト機が海中に墜落(損害額1150万5014円)

 ▽61年3月27日 静岡県御前崎沖で訓練中の海上自衛隊第21航空群(千葉県館山)所属のヘリコプターHSS2Bが行方不明に(21億5961万4278円)

 ▽61年6月16日 航空自衛隊第5航空団(宮崎県新田原基地)のF4EJファントム戦闘機2機が操縦ミスによる燃料切れで墜落(1億9100万4126円と2億2521万7843円)

  【物品】

 ▽魚雷の海没14発(3億8573万2570円)

 ▽高速標的機の撃墜1機(1472万円)

 ▽魚雷標的の海没1基(185万0207円)


朝日新聞社


http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/1949.jpg  

 

 

 

<参考>高速無人標的機MQM-74C(CHUKAR II)チャカ2
http://rightwing.sakura.ne.jp/equipment/jmsdf/other/chukar2/chukar2_01.jpg
最大速度 954km/h
上昇限度 12,200m
http://rightwing.sakura.ne.jp/equipment/jmsdf/other/chukar2/chukar2.html
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/7533.jpg

posted by ja8119 at 18:21| 指定なし | 更新情報をチェックする

2008年09月10日

昭和天皇陛下が1988年8月13日に詠んだ米軍を追悼する詩

http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/19686.jpg

 

 

 

1988年の8月13日に昭和天皇陛下が詠まれた詩は、

JAL123便ソ連自衛隊核攻撃惨事にて数多くの生存者が切り刻まれ殺害されたことに対する悔しさが表現されている。

さらに、米国時間の8月12日ということから、多くの損害を被った米軍への追悼と、最後まで天皇陛下に仕えたのは米軍だけだったことへの感謝がこめられている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日中、日航ジャンボ123便が「光った」地点をうろうろしていましたが、そこは中性子爆弾の爆心地そのものでした。

足がまた放射線火傷をおこしてきております。(水虫ではありません。一面、皮がむけてくる)

 

 

 

 

123神示でも予言されているが、2011年のポールシフトの件につきまして外国の方が早く気づき、日本人は2010年の都市攻撃になるまで気づかないとあります。

http://13.pro.tok2.com/~space-age/

それでも、この記事が元で日本人の0.023%の人が気づき助かるらしいので掲示しておきます。

 

ロシアの専門家が、ついにポールシフトの可能性を警告した・

http://cocorofeel.exblog.jp/

 

どのようになるかと言いますと、高天原(日航ジャンボ123便)

http://gray.ap.teacup.com/123ja8119/

が地上に発生することになります。

123便生存者落合さんの行動に学ぶと、富士山が見えるあたり(相模湖付近)から安全姿勢をとり続けていたといいます。

http://www.goennet.ne.jp/~hohri/n-ochiai.htm

 

すると、そろそろ都市からは避難を開始したほうがよいと言うことになります。(時期的にはまだかなり早い段階ですが)

 

123神示やノストラダムスにも、都市に田舎ができ、田舎に都市ができると述べられております。

 

 

1985年8月12日の日航ジャンボ123便ですが、

1985年8月13日頃の御巣鷹の尾根写真を見ますと、

古代岩船燃料のオレンジ色の古代燃料のゾーンが見られます。

そもそも、御巣鷹の尾根というもの自体が、岩船をひっくり返したような地形になっています。

よって、古代岩船燃料があってもなんら不思議は無いのです。

 

また、ソ連カムチャッカ半島は岩船型をしていますが、

岩船燃料が混じって湧き出ているオレンジ色箇所があります。

御巣鷹の尾根のJAL123便写真と酷似しています。

http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/7273.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日航ジャンボ123便 ソ連軍機Tu-22盲の機体前部骨組が見られる。1985年8月13日頃御巣鷹尾根スゲの沢報道写真中。
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/909.html
投稿者 愉快通快 日時 2012 年 2 月 24 日 03:34:22: aijn0aOFbw4jc

 

(回答先: 日航ジャンボ123便 ソ連軍機Tu-22盲の機体外板が見られる。1985年8月13日頃御巣鷹尾根スゲの沢報道写真中。 投稿者 愉快通快 日時 2012 年 1 月 20 日 01:55:13)

070903 peter start 070903 peter end

 

1985年8月12日の日航ジャンボ123便であるが、
1985年8月13日頃の御巣鷹の尾根報道写真中に、ソ連軍機Tu-22盲の機体残骸が見られる。
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/7555.jpg


<参考>日航ジャンボ123便 2010年にも「ソ連+自衛隊」が画策されていたがプーチンが断った。日本の裏政府八咫烏に殴られ青アザ
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/898.html

 

<参考>「原子雲のきのこ雲のような」
http://www.youtube.com/watch?v=IH4wt9tbt7w  

 

 

 

 

 

日航ジャンボ123便 JAL123便周辺が光って川上村側から原爆のようなキノコ雲が目撃された時の機内の様子が圧力隔壁等に
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/908.html
投稿者 愉快通快 日時 2012 年 2 月 23 日 20:25:08: aijn0aOFbw4jc

 

(回答先: 日航ジャンボ123便 JAL123便付近が光った高天原山蟻ヶ峠南相木村側(長野県側)付近の水が首都圏側に排出されている。 投稿者 愉快通快 日時 2012 年 2 月 15 日 23:59:17)

070903 peter start 070903 peter end

 

1985年8月12日の日航ジャンボ123便であるが、
以下は、運輸省航空安全委員会JA8119号機JAL123便の報告書
http://jtsb.mlit.go.jp/jtsb/aircraft/download/pdf/62-2-JA8119-08.pdf
掲載の写真である。
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/7554.jpg
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/7552.jpg
JAL123便周辺が光って川上村側から原爆のようなキノコ雲が目撃された時
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/7535.jpg
の機内の様子が圧力隔壁等に垣間見られる。  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1985年8月12日の日航ジャンボ123便でありますが、

米軍最強のSR-71も墜落しているのが早い段階の報道写真に記録されています。

http://www.asyura2.com/10/lunchbreak41/msg/920.html

SR-71はチタンが多用されているため、

昭和60年あたりでチタン製のモニュメントが建てられていたらJAL123便関連と想定されます。

 

太平洋戦争中のアッツ島玉砕で知られるアッツ島ですが、

1987年(昭和62年)にチタン製のモニュメントが新たに建設されています。

http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/7272.jpg

 

これは、旧日本軍アッツ島玉砕と、JAL123便や米軍機等を撃墜した自衛隊デュートロン(サムライサージ)の玉砕作戦が同様の手口であることから、旧日本軍の再来に警鐘を促すため、建造されたモニュメントになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ノアの方舟であるが、漂着したのは長野県南相木村の南相木ダム近くである。

当時、岩船や通常の船は多数あったが、皆だめだった。

ホンモノの「ノアの方舟」が漂着したのは、茶屋ノ平~ずみ岩 付近で、水が引くと共に、大黒沢に滑り降りた。

 

 

 

 

 

日航ジャンボ123便 「金」や「燃える砂」といった埼玉秩父の莫大な日本の資源が台中露自衛隊部隊に略奪されている状況です。
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/844.html
投稿者 愉快通快 日時 2012 年 2 月 11 日 01:12:35: aijn0aOFbw4jc

 

(回答先: 日航ジャンボ123便 神界の都にはあくが攻めて来てゐるのざぞ。八月の十二日、のひつく 。高天原にパイナップルフリーゲーズ 投稿者 愉快通快 日時 2012 年 2 月 03 日 12:27:58)

070903 peter start 070903 peter end

 

基本的に、埼玉県というのはアメリカ(日米)が弱い。
熊谷部隊(ソ連中国台湾勢自衛隊公安部隊)の勢力が強いところです。

JAL123便当時は、226事件に実際に参加していた畑和が知事だったことからも明らかです。

http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/7293.jpg
現在、特に、ここ10年程度におきましては、
・秩父滝沢ダム開発と称して
・秩父神社の秩父ロープウエイが廃止された地下
・埼玉県皆野寄居有料道路
の3箇所が、ソ連中国台湾によって大規模にくり抜かれています。

具体的には、県南の業者(日米韓勢力)を競争入札で追い出し、県北の熊谷部隊(台中ロ自衛隊114及び公安のゼロパイナップルフリーゲーズ)の業者が格安で落札し、廃棄物として資源を持ち出し、莫大な金額の日本の資源が略奪されている状況です。換金分の一部がキックバックされるため安く落札したり、賄賂で口利きが行われている仕組みです。


要は、「超有用資源」があるわけです。
金も多く含まれていますが、実際には古代岩船燃料の「燃える砂」です。


1985年8月12日の日航ジャンボ123便の際に、光っていた場所と相似なところです。

日本の資源が略奪され、善良な業者が締め出され、台中露パイナップルフリーゲーズの活動資金にも充てられているのが現状です。  

 

 

 

 

 

日航ジャンボ123便 「ソ連が攻めてきた時には下田」。 JAL123便の教訓から「豊かな時代」を取り戻さねばなりません。
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/843.html
投稿者 愉快通快 日時 2012 年 2 月 11 日 00:56:49: aijn0aOFbw4jc

 

(回答先: 日航ジャンボ123便 乗客小川様が機内から右側の車窓を撮影した写真の「6枚目」ですが、右上にプロペラ羽根が写っています。 投稿者 愉快通快 日時 2012 年 2 月 10 日 15:14:13)

 

 

JAL123便は伊豆半島川奈界隈から、わざわざ南下して下田港周辺で超急旋回。回避を繰り返しているのです。
海上自衛隊出身の日本で数番目の腕を持つ高浜機長でなければできない技です。

また、
「下田港」まで南下して急旋回回避を行なっている理由は
・天皇家の下田御用邸がある。
・下田開港の下田である。
・下田開港の時、ロシアも開港をせまって、軍艦ディアナ号で来たのですが、11月4日に大津波(安政の大地震)。神力の地である。
ということです。

さらに、
大津波で自力航行不能となったロシア軍艦ディアナ号は、西伊豆の戸田(へだ)へ修理のため曳航中、風と波により数百隻の救助活動もむなしく、ついに宮島村沖で沈没となった。

地震、大風の神力が発生した訳です。
ソ連が攻めてきた時、神国日本の力が出るのが下田なのです。

要は、
「ソ連が攻めてきた時には下田」
と、昔から相場が決まっているのです。

逆に、JAL123便が「下田」に逃げているということは、「ソ連が攻めてきた」ということになります。


欧米が破綻寸前で、ロシアや原住民アジアの世が来そうな流れですが、
この「6枚目」
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/7286.jpg
は、欧米勢力を復活させることのできるほどの重要な1枚なのです。

1985年8月12日で「豊かな時代」が終焉してしまったのは、
JAL123便で欧米の飛行機、軍、及び救助が敗退し、JAL123便は撃墜され生存者は残忍に虐殺され、野蛮な原住民の世が到来したからなのです。
なんとしても、JAL123便の教訓から「豊かな時代」を取り戻さねばなりません。


<参考>下田開港の歴史
http://www.izu.co.jp/~p-boo/kaikou.html
ロシア軍艦ディアナ号とプチャーチン提督
http://www1.cts.ne.jp/~fleet7/Museum/Muse260.html

 

 

 

 

 

 

 

日航ジャンボ123便     JAL123便残骸写真には、ソ連軍機Tu-95ベアの主翼プロペラと一致する破損が見られる。         
投稿者 愉快通快 日時 2012 年 2 月 24 日 03:34:27: aijn0aOFbw4jc

http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/910.html

 

(回答先: 日航ジャンボ123便 「ソ連が攻めてきた時には下田」。 JAL123便の教訓から「豊かな時代」を取り戻さねばなりません。 投稿者 愉快通快 日時 2012 年 2 月 11 日 00:56:49)

070903 peter start 070903 peter end

 

1985年8月12日の日航ジャンボ123便であるが、
生存者の乗客川上慶子さんが、
「左後ろの壁、上の天井の方がバリッといって、それで穴が開いたの。それと一緒に白い煙みたいなのが、前から入ってきたの。」
と証言している。
http://www.youtube.com/watch?v=YvuSD0Z2vZA


運輸省航空事故調査委員会JA8119号機JAL123便報告書
http://jtsb.mlit.go.jp/jtsb/aircraft/download/bunkatsu.html
http://jtsb.mlit.go.jp/jtsb/aircraft/download/pdf/62-2-JA8119-08.pdf
写真77(215ページ)
写真95(224ページ)
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/7553.jpg
のJAL123便残骸写真には、
ソ連軍機Tu-95ベアの主翼プロペラと一致する破損が見られる。

 


<参考>日航ジャンボ123便 2010年にも「ソ連+自衛隊」が画策されていたがプーチンが断った。日本の裏政府八咫烏に殴られ青アザ
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/898.html

 

<参考>生存者の証言 -川上慶子さんの証言-
-高崎国立病院での証言-

大社町(島根県)のおばあちゃんや大勢の人が、慶子ちゃんの元気になった声を聞きたがっているの。知っていることを話してね。飛行機の音とかあったでしょ?

あのね、北海道の帰りに、千歳から東京まで飛行機で行ってね。東京から大阪まで飛行機で、大阪にいるおばちゃんのとこに回って寄るっていって、それで乗ったの。

飛行機の中で大きな音がした時何が起こったの?

左後ろの壁、上の天井の方がバリッといって、それで穴が開いたの。それと一緒に白い煙みたいなのが、前から入ってきたの。

慶子ちゃんが一番最初気がついた時、周りは暗かった?

暗かった。

真っ暗だった?

うん。

その時何も見えなかった?

見えなかった。

お父さんやお母さんや咲子ちゃんはその時どうだったか覚えている?

うん。咲子とお父ちゃんは大丈夫だったみたい。お母ちゃんは最初から声が聞こえなかった。

その時に何か思った?

うん。お父ちゃんたち生きているかなとかね、思った。

明るくなった時何か見たものある?

木とかね、太陽が差し込んできた。(私は)寝転がってたみたいになってたから、目の前に何かネジみたいな大きいものがあったの。隣に何かタオルみたいなものが見えて、触ってみたらお父ちゃんが冷たくなっていた。左の手が届いたから、触ったの。

左手が届いたところにいたわけね?

うん。

ヘリコプターでつり上げられた時何を考えていた?

出される時にね、咲子の何かベルトで縛られたところが見えたから、咲子たち大丈夫かなって思った。

助けられてから、一番うれしかったことは?

知らない人やクラスの友達とかにね、いろいろ励ましの手紙をもらったり、いろんな物を宅配便とかで送ってくれたの。

ほかに何かみんなに言いたいことは?

いろいろ励ましてくれたので、くじけずに頑張りたいと思います。

上記のインタビューは事故から一週間後の8月19日、高崎国立病院の病室で小川清子看護婦長が報道陣のメモを基に質問したのに答えたもので、約5分間のテープが公開された。質問は慶子さんの病状を考慮して、ショックを与えそうな質問は避けられたが、慶子さんははっきりした声で積極的に事故の様子を話した。落合由美さん・吉崎博子さんも同様にインタビューのテープが公開されたが、川上慶子さんのみ病室にテレビカメラが入った。下の映像はその時公開されたテープのダイジェストと思われる。
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
-付き添い関係者への証言1-

http://www.youtube.com/watch?v=YvuSD0Z2vZA  

 

 

 

 

 

 

 

 

日航ジャンボ123便 御巣鷹の尾根 昇魂の碑 広場の風車は、ソ連軍機Tu-95ベアも自衛隊に加勢したことを示している。
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/935.html
投稿者 愉快通快 日時 2012 年 3 月 02 日 16:27:49: aijn0aOFbw4jc

 

(回答先: 日航ジャンボ123便 総括 日本に必要なのはアメリカ主導による国家再構築である。 投稿者 愉快通快 日時 2011 年 12 月 26 日 18:40:35)

070903 peter start 070903 peter end

 

1985年8月12日の日航ジャンボ123便であるが、
前原大臣が御巣鷹の尾根に参拝された頃から、昇魂の前広場には風車が飾ってある。
これは、JAL123便撃墜に、
ソ連軍機Tu-95ベアも自衛隊に加勢したことを示している。


<参考>日航ジャンボ123便 昇魂の碑前ヘリポートの読売寄贈ベンチ。「読売」の文字が溶剤で消されている。ロシアサイドの隠ぺい工作
http://www.asyura2.com/10/lunchbreak42/msg/783.html
 

 

 

 

日航ジャンボ123便 運輸省報告書216ページ写真79の隔壁プレス痕跡がソ連軍機Tu-95ベアプロペラと一致。等倍サイズ
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/937.html
投稿者 愉快通快 日時 2012 年 3 月 02 日 17:35:48: aijn0aOFbw4jc

 

(回答先: 日航ジャンボ123便 御巣鷹の尾根 昇魂の碑 広場の風車は、ソ連軍機Tu-95ベアも自衛隊に加勢力したことを示している。 投稿者 愉快通快 日時 2012 年 3 月 02 日 16:27:49)

070903 peter start 070903 peter end

 

1985年8月12日の日航ジャンボ123便であるが、
運輸省航空事故調査委員会JA8119号機JAL123便報告書
http://jtsb.mlit.go.jp/jtsb/aircraft/download/bunkatsu.html
216ページ写真79の
http://jtsb.mlit.go.jp/jtsb/aircraft/download/pdf/62-2-JA8119-08.pdf
隔壁プレス痕跡がソ連軍機Tu-95ベアプロペラと一致している。
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/7714.jpg
等倍サイズであるから、直接ベアのプロペラがJAL123便を損傷した状況となっている。

 

 

 

 

日航ジャンボ123便 運輸省報告書214ページ写真75の隔壁破損状況が安全姿勢をとる乗客になっている。近傍で核ピカドン。
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/936.html
投稿者 愉快通快 日時 2012 年 3 月 02 日 17:14:46: aijn0aOFbw4jc

 

(回答先: 日航ジャンボ123便 運輸省報告書197ページ写真41の機体破損状況が安全姿勢をとる乗客になっている。近傍で核ピカドン。 投稿者 愉快通快 日時 2012 年 2 月 28 日 14:53:17)

070903 peter start 070903 peter end

 

1985年8月12日の日航ジャンボ123便であるが、
運輸省航空事故調査委員会JA8119号機JAL123便報告書
http://jtsb.mlit.go.jp/jtsb/aircraft/download/bunkatsu.html
214ページ写真75
http://jtsb.mlit.go.jp/jtsb/aircraft/download/pdf/62-2-JA8119-08.pdf
の隔壁破損状況が安全姿勢をとる乗客になっている。
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/7713.jpg

大きさは、人体等寸大より大きいため、
レントゲンの原理で、後部圧力隔壁を受像板としてJAL123便近傍で自衛隊ピカドンが炸裂した際に、発生した痕跡と分析される。

 

 

 

 

 

日航ジャンボ123便 歴史的に見て、日本に欧米政権が君臨している時に日本人は豊かであった。「徳川幕府」とはロシア下部組織
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/944.html
投稿者 愉快通快 日時 2012 年 3 月 05 日 16:23:23: aijn0aOFbw4jc

 

(回答先: 日航ジャンボ123便 総括 日本に必要なのはアメリカ主導による国家再構築である。 投稿者 愉快通快 日時 2011 年 12 月 26 日 18:40:35)

070903 peter start 070903 peter end

 

1985年8月12日の日航ジャンボ123便であるが、
日米勢力が、ロシア中国台湾北朝鮮(旧日本軍部)徳川幕府連合勢力に敗退したため、
実質的に、裏の権限が、大陸勢力に移ってしまっており、
故に、現在までの大きな国難の時代となっているのです。

 

「御巣鷹」というのは、江戸時代、上野村界隈に33箇所つくられています。
また、
上野村や埼玉県川越~日高等に、江戸時代に、大陸から、かなりの移民が来ています。

要は、
「33」ですから、
徳川幕府、というのは、ロシアフリーメーソン(アメリカフリーメーソンとは正反対)の下部組織です。
しかも、
鎖国をしていることになっていたのですが、実質的には、大陸から植民地として移住政策をとっていたわけです。

この動きが、現在の「熊谷部隊」等の、現政府転覆組織への流れとなっており、徳川幕府の名残として裏予算として官房機密費の半分を得るような絶大な裏権力を維持しているのです。

日航ジャンボ123便の際、
JAL123便は、現政府アメリカ政権、日本皇国臣民の集大成ですから、
当然、攻撃してくるのは、
ロシア、徳川幕府、大陸移民、といった勢力になります。
・ソ連軍機
・自衛隊(中露台湾旧日本軍部派)
が出てきて至極当然なのであります。


要は、近代史の流れを単純化しますと、以下のように分析されます。
徳川幕府(ロシア下部組織)
~ ロシア統治時代。天変地異も多く、暗澹たる世の中。
明治政府
~ 欧州統治時代。よい世の中。
大正時代
昭和初期
~ 旧日本軍(現北朝鮮)統治時代。惨憺たる世の中。
昭和終戦まで
~ 米国統治時代。よい世の中。
JAL123便の昭和60年8月12日まで
~ ロシア北朝鮮(旧日本軍部)統治時代。 惨憺たる世の中。
現在

 

なお、日航ジャンボ123便の「御巣鷹山」は、徳川幕府の33箇所の御巣鷹地域区分では、「長岩御巣鷹山」という区域に、
アントヌッチ中尉が報告した地点は「品塩御巣鷹山」という区域になります。

 

 

 

 

 

 

 

日航ジャンボ123便は、川上村の梓山を超低空飛行しましたが、

皇太子様のお印は「梓」なわけです。

そして、梓山 近くの扇平山蟻ヶ峠付近で核攻撃されました。

 

これは、

「シンボリックな場所で攻撃を行う」http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51918798.htmlという中華特有の戦略手法であり、中ロ自衛隊による卑怯な皇室攻撃がJAL123便ですから、当然といえば当然です。

 

米軍パットン中尉が、ナチスドイツと組んでマルキストソ連をもっと叩いておくべきだとの論調を改めて考察する必要が出てきている時代と言えます。

 

posted by ja8119 at 12:59| 指定なし | 更新情報をチェックする

2008年09月07日

ところで御巣鷹県境一帯の山頂付近には「ふき」が自生するが株分けで増える「ふき」に種があるのは大洪水対

ところで御巣鷹県境一帯の山頂付近には「ふき」が自生するが株分けで増える「ふき」に種があるのは大洪水対策だ。

 

御巣鷹周辺には野いちごのようなものが自生しているがランナーで増えるイチゴに種があるのは大洪水に備えるためである。

 

古代から生き延びている古代ハスも、レンコンから増えるのに種がある。これは大洪水の後、復活するためである。

 

 

また、ノストラダムス「諸世紀」の石碑のようなものに云々ということで南相木ダムの石碑を見てきた。

 

 

 

 

 

 

 

日航ジャンボ123便 「赤いプロペラの飛行機」(軍機)「青色の飛行機」(軍機)が攻撃した背景には中国ヤクザ赤パン青パンも
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/942.html
投稿者 愉快通快 日時 2012 年 3 月 04 日 23:08:15: aijn0aOFbw4jc

 

(回答先: 日航ジャンボ123便 総括 日本に必要なのはアメリカ主導による国家再構築である。 投稿者 愉快通快 日時 2011 年 12 月 26 日 18:40:35)

070903 peter start 070903 peter end

 

1985年8月12日の、JAL123便では、
アメリカの配下にあった
・日本の自衛隊
・台湾勝共連合
・中国台湾ヤクザの赤パン青パン
が、米国の経済低迷を主要因に中露台湾側(旧日本軍部北朝鮮)に寝返ったという背景もあります。

中国ヤクザの赤パン青パンですが、
元々は、アメリカの配下にありました。
しかし、1985年当時の米国の経済低迷で、地元中国側に寝返ったと分析されます。


>>> ■ 目立つ色のブルーインパルスを、あの最終局面で果たして使うかどうか。

 


なぜに、こんな目立つ
・青
・赤
の飛行機が出てきたかということですが、

背景に、
中国台湾のヤクザ「赤パン青パン」
があります。
このヤクザは現在、上部ではイタリアの金塊マフィアとつながっています。
中台の赤パン青パンが、アメリカ配下からイタリアの金塊マフィア配下に乗り換えたのでしょう。

福島で休日に訓練を積んでいる、自衛隊
・松島
・習志野
の、旧日本軍部(ロシア中国台湾派)自衛隊というのは中国の「赤パン青パン」ヤクザの影響も強い訳です。

要は、中国台湾ヤクザの
「赤パン青パン」
が日本のヤクザ界に乗り込んできたという側面もございます。

それで、元ヤクザでJALパーサーの経歴もある安倍氏が、宝島誌の記事を書いたりしている訳です。(日本のヤクザ業界から、赤パン青パンへの圧力)
http://www.google.co.jp/search?q=%E6%97%A5%E8%88%AA%E6%A9%9F%E3%80%80%E5%AE%89%E9%83%A8%E8%AD%B2%E4%BA%8C&rls=com.microsoft:ja:IE-SearchBox&ie=UTF-8&oe=UTF-8&sourceid=ie7&rlz=1I7RNWE_jaJP310&redir_esc=&ei=VGhTT4HfCMbGmQWPyYyKBg

あらゆる面で、日本内部の構造が、
・アメリカの良い方式
から
・旧日本軍部(中露台湾)
クレイジー体制に変化するきっかけとなったのが、JAL123便であります。

 

> 「青色の飛行機」と言った場合、機体全体が「青色」ではなく、
> 写真のように、「青色の筋」が入った機体を、「青色の飛行機」
>と目撃した可能性は、充分にあります。
> このような航空機をJAL123便追い込みに使った

 

自衛隊の旧日本軍派(中露台湾派閥)の曲芸飛行部隊ですが、
福島に練習場があり、
松島と習志野
が、基本的に所属になります。

それに、JAL123便では岐阜の自衛隊航空実験団や浜松も関与しておりますので、
予備機、納入試験中の未登録の機体、等がふんだんに使えた状況です。

レーダーに映らないよう、山にへばりつくように
低空旋回していたと想定されますし、
ブルーインパルスの機体は性能重視ですのでうるさいですから
そうなりますと、上野村の子供らに印象が強く、「青色の飛行機」が作文集や絵に残っていてもなんら違和感がありません。


他の側面では、
JAL123便では、結構多くの「電通社員」が死亡しています。
マスコミへの
旧日本軍部(北朝鮮側)からの圧力、弾圧、とも受け取れます。

とにかく旧日本軍部というのは無謀な方々で、
・目の前に見えているものを隠蔽する
ことに全力を上げるという
クレイジーな方々です。

 

 

 

 

日航ジャンボ123便 大蛇倉山(高岩)山腹の大蛇の抜け殻のある洞穴は塞がっており、地底湖の湖水は、悪石沢付近から出ている
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/947.html
投稿者 愉快通快 日時 2012 年 3 月 05 日 23:34:26: aijn0aOFbw4jc

 

(回答先: 日航ジャンボ123便 神界の都にはあくが攻めて来てゐるのざぞ。八月の十二日、のひつく 。高天原にパイナップルフリーゲーズ 投稿者 愉快通快 日時 2012 年 2 月 03 日 12:27:58)

070903 peter start 070903 peter end

 

1985年8月12日の日航ジャンボ123便であるが、
蟻ヶ峠付近において、JAL123便近傍で自衛隊がピカドンが発生した。
この無謀でクレイジーな旧日本軍部派の作戦は特攻隊同様、「サムライサージ」として恐れられている。

また、翌年の1986年にかけても自衛隊の悪行は続き、自衛隊が奥三川洞等の神域を爆破破壊した。

こうした岩盤崩壊の影響により、洞穴内に大蛇の抜け殻のある
大蛇倉山中腹の洞穴は塞がれている。

地底湖の湖水は、現在も湧き出している。
しかし、
蟻ヶ峠付近のピカドンで山体岩盤に亀裂が入ったため、現在では、
三川左岸の悪石沢手前(三川上流)の沢から、
大蛇倉洞穴湖底水が流れ出している。

この湖水は、クロレラ的な健康に極めて寄与する藻が含まれている。

 

 

 

日航ジャンボ123便 運輸省報告書で、あえて指摘されている「0.23um」ですが、ナチスドイツで完成していた「殺人光線」
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/941.html
投稿者 愉快通快 日時 2012 年 3 月 04 日 14:26:53: aijn0aOFbw4jc

 

(回答先: 日航ジャンボ123便 自衛隊T-2(F-1 T-2支援戦闘機)の塗料残骸が御巣鷹の尾根に散見される。ブルーインパルス色。 投稿者 愉快通快 日時 2012 年 3 月 03 日 17:21:17)

070903 peter start 070903 peter end

 

群馬県立図書館に、JAL123便当時の上野村小中学校の御巣鷹作文集、
が蔵書してございますが、
その中にも、
・青い飛行機
が、出ていました。
大人ですと、青い飛行機といえばブルーインパルス自衛隊ということになるので
証言を濁すのでしょうが、小学生は、そのまま青い飛行機と記載したと思われます。

すると
・食堂ヒロ展示の絵
・当時の上野村小中学校の御巣鷹作文集
と、複数の子供が「青い飛行機」を証言していることになります。

> 目立つ色の機体を、あの最終局面で果たして使うかどうか。

通常は、目立つ機体は出ません。
しかし、
「自衛隊」
ならばありえます。

・特攻隊
・南方戦線
・ひめゆり
といった無謀な作戦立案兵士住民虐殺の前例があります。

JAL123便では、
無理に核兵器を使用し、
米軍を押しのいてまでも、生存者虐殺を行なっています。


なお、
運輸省報告書で、あえて指摘されている
「0.23um」ですが、
第二次世界大戦末期にナチスドイツで完成していた
「殺人光線」
という兵器です。

一応、台湾ロシアと組んだ自衛隊というのは
ナチス
と見て然り(自衛隊114部隊系「安全部隊」等により毎年10万人の日本のユダヤ血統を集団ストーカー殺人している)ですから、

・無謀な作戦(目立つ機体)
・「殺人光線」(核兵器亜種)

が出てくるというのも、
自衛隊ならではの作戦立案の傾向です。

 

 

JAL123便後、自衛隊再編が行われ、
・岐阜の航空実験団が事実上お取り潰しとなり、入間に合併
しています。

そして、浜松基地には
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/7756.jpg
の展示がございますが、
これはドンピシャの機体ではありませんが、JAL123便に対して攻撃が見られた
・「青色の飛行機」(自衛隊ブルーインパルス)
・「赤いプロペラの飛行機」(自衛隊岐阜航空実験団の小型赤軍機)
を象徴する機体だと分析されます。


アメリカから自衛隊への「日本人の虐殺を繰り返すな」という圧力で、しぶしぶ展示していると分析されます。
いかにも、米軍らしい日本人(ユダヤ人種)の生存に友好的な開示のさせ方です。

 

 

 

 

 

 

 

日航ジャンボ123便 例えば、この、特徴的な形の巨岩ですが、場所からしても「イルミナティの目」の岩なのです。
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/946.html
投稿者 愉快通快 日時 2012 年 3 月 05 日 23:08:45: aijn0aOFbw4jc

 

(回答先: 日航ジャンボ123便 日本の裏政府(台湾)を「牛鬼」と定義すると興味深い。JAL123便残骸現場に「伊勢岩」「二代淵」。 投稿者 愉快通快 日時 2012 年 2 月 28 日 10:31:45)

070903 peter start 070903 peter end

 

いろいろと世の中の案件というのはございますが、
どれもこれも、面白くありません。

その点、JAL123便は、古代の中心地、高天原で発生しているため、
古代文明とあわせて説明できます。
これは、
レベルの高い方々にも話を聞いていただいても損をさせないという有意義さがございます。

例えば
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/7787.jpg
の、
ちょこんと乗っているような感じの、特徴的な巨岩ですが、
「イルミナティの目」
の岩
な訳です。


古代史云々でセミナー等されておられる方々おられますが、なぜに、こういった単純明快かつ重要な話をされないのか理解に苦しみます。
よくわからんいろいろな解説が世の中にありますが、
これがそうです、という現物があるのが一番手っ取り早いはずです。


なお、
群馬長野県境の「日航の頭」の1922m峰の高天原山側に、もう一つ、1922m峰の巨岩がありますが、ここも重要地点です。実は、「両眼」があるのです。
これは、フリーメーソン(アメリカ)と逆フリーメーソン(ロシア中国台湾)との関係も示しています。

 

 

 

 

日航ジャンボ123便 昨今では、311の放射能汚染が顕著であるが、原発利権のフランス由来だからノストラダムス予言に解決策
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/948.html
投稿者 愉快通快 日時 2012 年 3 月 06 日 17:25:39: aijn0aOFbw4jc

 

(回答先: 日航ジャンボ123便 大蛇倉山(高岩)山腹の大蛇の抜け殻のある洞穴は塞がっており、地底湖の湖水は、悪石沢付近から出ている 投稿者 愉快通快 日時 2012 年 3 月 05 日 23:34:26)

070903 peter start 070903 peter end

 

1985年8月12日の日航ジャンボ123便であるが、
古代からの案件の多い高天原山周辺であった。

現在、ロシア中国台湾旧日本軍部(北朝鮮)といった連中が高天原山周辺の宝を占拠強奪している状況であるが、この「宝」は、ロシア中国台湾旧日本軍部(北朝鮮)といった
「人間風四足動物(獣の者)」
には、全くもって無効である。


そもそもが、「金」というのは竜神が産出するのであるから、「金」の利権はドラゴニアンが持っていて然りである。
現在、ブッシュ等のドラゴニアンが金の件で圧力を受けているというのは、完全金本位制の世の中では無いにせよ、滑稽極まりない。

『ひふみ神示 第20巻 梅の巻 / (んのキ)   第二十二帖 
竜神は悪神ぢゃと云ふ時来るぞ、心せよ。』
が到来しているもようである。


また、日本人等の「ユダヤ人種」が、大陸の「人間風四足動物(獣の者)」から圧力を受けているが、原子番号の大きい有用金属(特に放射能の影響に有効)は、「ユダヤ人種」が生産しているのであるから、
「ユダヤ人種」が中露台湾日本軍部といった「人間風四足動物(獣の者)」に官房機密費等まで投入されて、殺されている状況は、これもまた極めて滑稽である。


具体的には、


『神の名二つ』というのが、基本的には
・ドラゴニアンと
・ユダヤ人種
である。
『ひふみ神示 第01巻  上つ巻 / (うへつまき)   第十六帖 (一六)
ひふみの火水とは結ぞ、中心の神、表面に世に満つことぞ、ひらき睦び、中心に火集ひ、ひらく水。神の名二つ、』

こういった、「竜神」や「ユダヤ人種」が、「宝」を使って、放射能汚染等を解決しうるのである。


『それぞれ身魂相当』なので、「中露台湾日本軍部といった「人間風四足動物(獣の者)」が取得しても、何もできないのである。
『ひふみ神示 第02巻  下つ巻(四百つまき)  第二帖(四四)
それぞれ身魂相当』


『火水』の
『火』とは、
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/895.html
の物質、であり
中央の経緯度 北緯36度0分18.5秒  東経138度38分59秒   この位置へのリンク http://watchizu.gsi.go.jp/watchizu.html?longitude=138.64974999998&latitude=36.005149776073
付近に存在する。

『水』とは
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/947.html
の水であり
中央の経緯度 北緯35度59分57.5秒  東経138度39分35.1秒   この位置へのリンク http://watchizu.gsi.go.jp/watchizu.html?longitude=138.65977777776&latitude=35.99932114885
付近から出ている。

『ひふみ神示 第13巻 雨の巻 / ( アメのキ) 全十七帖  第十一帖 (三四五)
愈々となりたら一寸の火水で うでくり返してやる仕組ざぞ』
ということであるからして、ユダヤ人種とドラゴニアンは大事にせねばならない。

 

昨今では、311の放射能汚染が顕著であるが、これは原発利権のフランス由来であるからして、ノストラダムス予言に解決策があるが、約500年前に同様のことが述べられている。この「宝」をドラゴニアンとユダヤ人種が使うと解決できる。
『三頭政治家の骨格が発見された。』→竜の抜け殻
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/947.html
『陶器の砂岩の長手方向の側面に深層の難解な宝がある。』
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/895.html
『階段の踊り場の中、その付近に生まれていた。』
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/947.html
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/895.html
『窪みは組み付け台と金属製の重りにある。』
組付け台
中央の経緯度 北緯36度0分17.1秒  東経138度39分6.3秒   この位置へのリンク http://watchizu.gsi.go.jp/watchizu.html?longitude=138.65176388886&latitude=36.004760994381
金属製の重り
中央の経緯度 北緯35度59分57.2秒  東経138度39分39.1秒   この位置へのリンク http://watchizu.gsi.go.jp/watchizu.html?longitude=138.66088888885&latitude=35.999246904343

 

 

<参考>ひふみ神示 第15巻 岩の巻 / (一八のキ) 全十一帖  第十帖 (三七五)
竜宮の乙姫殿のお宝、誰にも判るまいがな。びっくり箱の一つであるぞ。

<参考>ひふみ神示 第02巻  下つ巻(四百つまき)  第二帖(四四)
それぞれ身魂相当

<参考>ひふみ神示 第13巻 雨の巻 / ( アメのキ) 全十七帖  第十一帖 (三四五)
愈々となりたら一寸の火水で うでくり返してやる仕組ざぞ

<参考>ひふみ神示 第01巻  上つ巻 / (うへつまき)   第十六帖 (一六)
ひふみの火水とは結ぞ、中心の神、表面に世に満つことぞ、ひらき睦び、中心に火集ひ、ひらく水。神の名二つ、カミと神世に出づ。早く鳴り成り、

<参考>ひふみ神示 第20巻 梅の巻 / (んのキ)   第二十二帖 
竜神は悪神ぢゃと云ふ時来るぞ、心せよ。

<参考>第十帖 (三七五)ひふみ神示 第15巻 岩の巻 / (一八のキ) 全十一帖
竜宮の乙姫殿のお宝、誰にも判るまいがな。びっくり箱の一つであるぞ。キT(た)がよくなる、キたが光るぞ、きT(た)が一番によくなると申してあること段々に判りて来るのざぞ。これ程に申してもまだ疑ふ人民 沢山あるなれど、神も人民さんには一目置くのぞ、閉口ぞ、よくもまあ曇ったものぢゃなあ、疑ふなら今一度 我でやって見よれ、それもよいぞ、あちらこちらにグレングレンとどうにもならんのざぞ、人民には見当取れん大きな大きな大望ざから、その型だけでよいからと申してゐるのぢゃ、型して下されよ。改心の見込ついたら、世の元からの生神が、おのおのにタマ入れてやるから、力添へ致してやるから、せめてそこまで磨いて下されよ。

<参考>諸世紀 第05章第007編
原書
Du triumvir seront trouvez les os,
Cerchant profond tresor enigmatique,
Ceux d'alentour ne seront en repos,
De concaver marbre & plomb metalique.
原書置換
Du triumvir seront trouvez les os,
Cerchant profond tresor enigmatique,
Ceux d'alentour ne seront en repos,
De concaver marbre & plomb metalique.
原書直訳
三頭政治家の骨格が発見された。
陶器の砂岩の長手方向の側面に深層の難解な宝がある。
階段の踊り場の中、その付近に生まれていた。
窪みは組み付け台と金属製の重りにある。

<参考>日航ジャンボ123便 川上村からの目撃で、123便近傍が光って原爆のようなきのこ雲が上がった蟻ケ峠近くの南相木ダム付近に「宝」がある。
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/895.html

<参考>日航ジャンボ123便 高天原は古代の重要地点。
例えば、「イルミナティの目」の岩。
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/946.html

<参考>日航ジャンボ123便 大蛇倉山(高岩)山腹の大蛇の抜け殻のある洞穴は塞がっており、地底湖の湖水は、悪石沢付近から出ている
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/947.html
 

 

 

 

 

日航ジャンボ123便 主翼の日の丸は可動部のため赤丸シールを貼ってあるだけ。「赤い物体」が主翼の一部と言うのは困難である
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/949.html
投稿者 愉快通快 日時 2012 年 3 月 06 日 21:58:23: aijn0aOFbw4jc

 

(回答先: JAL123便事件:国土交通省運輸安全委員会が指摘した、御巣鷹墜落現場で発見された「赤い物体」。           投稿者 高原レタス 日時 2011 年 12 月 03 日 11:18:27)

070903 peter start 070903 peter end

 

1985年8月12日の日航ジャンボ123便であるが、
B-747SRジャンボ旅客機JA8119号機で運行された。

参考に、JA8119号機と同時期に製造された同仕様の、
JA8118号機
を見てみる。
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/7796.jpg

すると、主翼の日の丸部分は、可動部のため、赤丸シールが糊料で接着されているだけの状態である。
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/7801.jpg
現に、
JA8118号機の主翼の赤丸シールは剥がれかかっている。

外部装飾におきましては
・アクリル系塗料による静電塗装
・シール接着
が、よく用いられる。

通常は、耐久性等に優れた塗料による塗装になるが、
可動部は「シール接着」
も用いられる。

すると、
JA8119号機の主翼の日の丸もシール接着で、剥がれやすかったと想定される。
特に、シールは熱で剥がれやすい。
故に、
「赤い物体」を「主翼の一部」とするのは、かなり無理がある。

別の日の沖縄行きJAL913便のJA8119号機の主翼で比較してみる。
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/7804.jpg
すると、やはり、日の丸部分は赤丸シールを貼ってある仕様である。
初期の火炎等でラッピングシール仕様の装飾ははがれやすかったと想定される。右主翼の赤丸シールが翼に接着されたたまま残骸として残っていたというのは極めて無理がある。

 

 

 

 

 

日航ジャンボ123便 オレンジ色残骸(JAL機以外)が見られる。ソ連の中性子爆弾日本自衛隊の電磁パルス核が米国に対し行使
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/950.html
投稿者 愉快通快 日時 2012 年 3 月 07 日 07:05:39: aijn0aOFbw4jc

 

(回答先: 日航ジャンボ123便 ロシアからの寄稿文の低クオリティと、昨年出された低俗なJAL123便補足解説分の低クオリティが一致 投稿者 愉快通快 日時 2012 年 3 月 05 日 22:34:54)

070903 peter start 070903 peter end

 

1985年8月12日の日航ジャンボ123便であるが、
御巣鷹で、JAL機以外の残骸が見られる。

この内、オレンジ色残骸もあるのが特徴的である。
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/2302.jpg
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/2304.jpg

昭和60年当時、
・米ソは中性子爆弾の開発競争
・日本は国産巡航ミサイル及びステルス機塗料(ラバー)の開発
が盛んであった。

相模湾、伊豆や御巣鷹の状況からすると、
自衛隊、ソ連の連合で、日米勢力が攻撃されている。
具体的には、
対象として、当時のアメリカで最重要商品であった、ジャンボ旅客機が攻撃された。アメリカの最重要飛行機を撃墜することで、対米で優位に立とうとする自衛隊ソ連の動きが垣間見られる。
・ソ連の中性子爆弾が使用された。
http://www.asyura.com/bigdata/up1/source/9874.jpg
・自衛隊の国産電磁パルス核ミサイルが使用された。
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/7805.jpg
状況である。

 

なお、この「国産電磁パルス核ミサイル」は、中国軍の対米国空母攻撃用核ミサイルDF-21として中国に供与され、日米勢力の脅威となっている。

日本サイドのこうしたマルキストイスラム方面への寝返り、裏切りが、JAL123便ソ連自衛隊核攻撃惨事(背景に中国共産党中国軍中国公安部)である。

 

 

 

posted by ja8119 at 13:43| 指定なし | 更新情報をチェックする

自衛隊が米軍海兵隊スカイトレインを撃墜した件は猛省を迫られる。 日航ジャンボ123便

日航ジャンボ123便 自衛隊が米軍海兵隊スカイトレインを撃墜したのはまずかった。U字溝~スゲの沢第4支流にスカイトレイン残骸
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/684.html


1985年8月12日の日航ジャンボ123便であるが、
U字溝付近~スゲの沢第4支流にかけては、C-9B SKY TRAIN II の残骸が落ちている。
これは、医療機器等救援物資を積んだ米海兵隊C-9B SKY TRAIN IIを自衛隊が撃墜した際の残骸である。

自衛隊におきましては、JAL123便撃墜生存者虐殺と共に、米海兵隊C-9B撃墜も猛反省しなければならないと思います。


<参考>医療機器残骸
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/6677.jpg  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日航ジャンボ123便 御巣鷹の尾根で散見される空対空核ミサイル残骸部品にMILコンでは無くニチコンニチケミ部品が見られる
http://www.asyura2.com/10/lunchbreak42/msg/654.html
投稿者 愉快通快 日時 2010 年 9 月 22 日 12:00:35: aijn0aOFbw4jc

 

(回答先: 日航ジャンボ123便 光線カッター的な火傷。ディスク円盤状の真鍮製反射放射板を介して放射された。 投稿者 愉快通快 日時 2010 年 9 月 21 日 14:20:21)

070903 peter start 070903 peter end

 

御巣鷹の尾根で散見される空対空核ミサイル残骸部品にMILコンでは無くニチコンニチケミ部品が見られる。


御巣鷹の尾根で容易に散見される、空対空核ミサイルの散弾残骸である。
http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/2009/12/123_bf5d.html
↑のそばには、空対空ミサイルの電子部品もいっしょにバラバラに突き刺さった状態で埋まっている。


米国製ミサイルならば、コンデンサには米軍MIL規格のコンデンサ(通称「ミルコン」)が使用されているはずである。

そもそも、米軍規格を満たしていなければ米軍へは納入できない。
しかし、御巣鷹の尾根での実際の空対空核ミサイルの不発残骸を見ると高グレードのニチコン、ニチケミ(日本製の非米軍仕様)の部品が使用されている。
これは、米軍の装備ではありえない状況を示しており、日本製の自衛隊空対空核ミサイルである状況証拠である。  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日航ジャンボ123便 マルキスト台湾マルクス主義ソ連が、皇国日本ユダヤアメリカに攻めてきたのがJAL123便であります。
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/727.html
投稿者 愉快通快 日時 2012 年 1 月 23 日 07:18:11: aijn0aOFbw4jc

 

(回答先: 日航ジャンボ123便 総括 日本に必要なのはアメリカ主導による国家再構築である。 投稿者 愉快通快 日時 2011 年 12 月 26 日 18:40:35)

070903 peter start 070903 peter end

マルキストは反天皇反ユダヤです。

台湾客家民族を象徴する建物はマルキストの旗印の形そのものです。
 

客家(はっか)族というのがいまして、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%A2%E5%AE%B6
JAL123便で客家民族をはじめとするマルキストが日本に攻め入りました。(国歌君が代告示日の8月12日に自衛隊が武装蜂起)
 

奥秩父がこの連中に占拠されている状態が垣間見られます。
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/7002.jpg

マルキスト台湾とマルクス主義ソ連が、天皇日本ユダヤアメリカに攻め入ったのがJAL123便です。

 

<参考>マルキスト台湾マルクス主義ソ連
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%82%AF%E3%82%B9%E4%B8%BB%E7%BE%A9

 

 

 

 

 

 

 

 

日航ジャンボ123便 元公安調査庁の菅沼氏「米国が守ってくれる」はJAL123便アメリカによる生存者救助を示唆した発言。
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/746.html
投稿者 愉快通快 日時 2012 年 1 月 26 日 08:31:05: aijn0aOFbw4jc

 

(回答先: 日航ジャンボ123便 マルキスト台湾マルクス主義ソ連が、皇国日本ユダヤアメリカに攻めてきたのがJAL123便であります。 投稿者 愉快通快 日時 2012 年 1 月 23 日 09:15:41)

070903 peter start 070903 peter end

 

1985年8月12日の日航ジャンボ123便であるが、
元公安の菅沼氏の各種暴露の中で、
・中国の脅威
・米国が守ってくれる
という点が特に注目される。
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/7053.jpg

これは、JAL123便の際の
・ソ連台湾及び自衛隊の脅威
・米国によるJAL123便生存者救助
を示談した内容と分析される。  

 

 

 

 

 

 

日航ジャンボ123便 高浜機長は、数ヶ月前の1985年イラン法人脱出の際、唯一救援に名乗り出ていた。しかし外務省に睨まれ
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/930.html
投稿者 愉快通快 日時 2012 年 2 月 29 日 18:41:13: aijn0aOFbw4jc

 

(回答先: 日航ジャンボ123便 総括 日本に必要なのはアメリカ主導による国家再構築である。 投稿者 愉快通快 日時 2011 年 12 月 26 日 18:40:35)

070903 peter start 070903 peter end

 

1985年8月12日の日航ジャンボ123便であるが、
数ヶ月前の
イランイラク戦争、イランからの法人脱出
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%A4%E3%83%A9%E3%82%AF%E6%88%A6%E4%BA%89#.E5.9C.A8.E7.95.99.E9.82.A6.E4.BA.BA.E8.84.B1.E5.87.BA
の際、高浜機長の「高浜機」が、日本側で唯一、救援に名乗り出ていた。
それで、
トルコ航空の救援につながり実を結んだ。

 

 


<以下参考>災難を慰めた機長懐かしく
http://www.asyura2.com/10/lunchbreak42/msg/810.html
災難を慰めた機長懐かしく(朝日新聞)


 夕食後何気なくテレビを見ていた私は、ニュース速報で日航
機墜落を知りくいいるように画面を見つめるうち、高浜雅己機
長と出た時は驚きました。
 十三年前の九月、友人とヨーロッパを旅行中、あと一ヶ月で
帰国という時、ローマで盗難にあい、荷物の一部とトラベラー
ズチェック、現金のすべてを失いました。家族からの連絡場所
を日航ローマ支店とし、毎日出向いて返事を待っていました。
 当時国際線を飛んでいた高浜機長らが乗務を終えて休んでい
ました。途方にくれている女の子二人が不思議に思えたのでし
ょうか、声をかけて下さり、事情を説明したと
ころ「それはかわいそうだなあ」と、夕食をごちそうして下
さいました。四ヶ月の旅で一度も日本食を食べたことがなかっ
た私たちは、涙が出るほど感激しました。
 キリッと制服に身をつつんだ高浜機長に、思わず「わあかっ
こいい」と叫んでしまいました。機長の「でも大変な仕事な
んだよ。何百人もの大切なお客様をあずかっているのだから」
といって乗務に就かれた姿が、今懐かしく思い出されます。
 緊急事態発生から墜落までの三十数分間、精いっぱい努力さ
れたことと思います。心からごめい福をお祈りいたします。

http://www.asyura2.com/bigdata/up1/source/6822.jpg  

 

<以下参考>
イランイラク戦争でのイランからの邦人脱出の件がありましたが、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%A4%E3%83%A9%E3%82%AF%E6%88%A6%E4%BA%89#.E5.9C.A8.E7.95.99.E9.82.A6.E4.BA.BA.E8.84.B1.E5.87.BA
その時に、日航は断って、トルコ航空が救援したということになっています。

しかし、実際には、高浜機長の
日航の国際便「高浜機」が、唯一、救援を申し出ていたそうです。
それで、
トルコ航空の救援につながったということです。


これは、日本人にとって、国際的な人道主義にとっては、極めて模範的であります。
ところが、外務省のメンツを潰したということで、目をつけられたということです。
それが、
高浜機長のJAL123便搭乗となり、ソ連軍機やら度重なる執拗な核ミサイル攻撃で殺害されたということです。
高浜機長のご遺体が歯のみであったということですが、おそらくは、日本の裏権力がご遺体を持ち去り零封していると思われます。

国際人道主義におきましてはそういうことは想定されませんが、日本の裏政府だったらやりかねない。

 

高浜機長は、好感の持てる人物だと個人的には評価させていただいております。
http://www.asyura2.com/bigdata/up1/source/6822.jpg

JAL123便後、朝日新聞がすぐに、この記事を載せました。
当然、
イランからの法人脱出で唯一動いた人物が高浜機長であった情報を持っていたと観察されます。
そうなれば、外務省にハメられただろうことは当然の流れであり、
汚い権力に対する鋭い透察報道は、さすがは朝日新聞といったところであります。  

 

 

 

 

 

 

 

日航ジャンボ123便 「金属疲労」の疑いだが、実は、紫外線で瞬時生成された年輪状の素材変化。230nmUV-Cの年輪模様
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/940.html
投稿者 愉快通快 日時 2012 年 3 月 03 日 20:03:24: aijn0aOFbw4jc

 

(回答先: 日航ジャンボ123便 スペースワープしていたJAL123便。「サムライサージ」により18:15~18:20長野北相木村へ 投稿者 愉快通快 日時 2012 年 2 月 25 日 07:46:36)

070903 peter start 070903 peter end

 

1985年8月12日の日航ジャンボ123便JA8119号機であるが、
「金属疲労」の疑いが持たれた。
しかし、実際には、
・紫外線で
・瞬時に
生成された年輪状の素材被加工変化である。


運輸省航空事故調査委員会JA8119号機JAL123便報告書
http://jtsb.mlit.go.jp/jtsb/aircraft/download/bunkatsu.html
233ページ~236ページ
http://jtsb.mlit.go.jp/jtsb/aircraft/download/pdf/62-2-JA8119-09.pdf
写真107~写真114
に、JAL123便JA8119号機の「披露亀裂」の進行状況が示されている。

しかし、
離発着等の老朽化等による金属疲労とすると、金属組織の状態に矛盾を生じる。
・「疲労亀裂」の拡大図(233ページ 写真108)を見ると、亀裂は生じておらず、金属組織が年輪状に加工された状態である。
・離発着ごとに「疲労亀裂」が発生したようなニュアンスになっているが、これはおかしい。実際には、機械的な荷重の繰り返しでは一つの面に集中して疲労が発生し、披露で破断するのならば226ページ写真100のような破損状況となるはずである。
・「疲労亀裂」の進行方向が、力学的な方向では無い。(235ページ 写真112)
・そもそも、「疲労亀裂」の数が、JA8119号機の離発着回数と全く一致しない。


それでは、
この「疲労亀裂」とされる年輪模様はいったいどのようにして生成されたのかということである。
報告書234ページ写真109では0.23μm間隔と指摘されている。
これは、
紫外線の波長であり、UV-Cと一致する。
年輪模様は、極めて強力な光線を外側から面として浴びた結果生じた加工状況である。

即ち、
・外部から、
・極短時間、
・超強力な、
・UV-C
を浴びたことを示している。


<参考>紫外線 UV-C
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B4%AB%E5%A4%96%E7%B7%9A  

 

 

 

 

 

 

日航ジャンボ123便 なにやら「住所も声も顔もバレてんだぞ」と、脅迫されているようだ。当方は免許等の情報をネットで公開させていただいているが、いやはやである。
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/956.html
投稿者 愉快通快 日時 2012 年 3 月 07 日 22:34:32: aijn0aOFbw4jc

 

(回答先: 日航ジャンボ123便 総括 日本に必要なのはアメリカ主導による国家再構築である。 投稿者 愉快通快 日時 2011 年 12 月 26 日 18:40:35)

070903 peter start 070903 peter end

 

なにやら「住所も声も顔もバレてんだぞ」
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/7811.jpg
と、脅迫されているようだ。

当方は免許等の情報をネットで公開させていただいている
http://www.asyura.com/10/lunchbreak41/msg/520.html
が、いやはやである。
 

 

 

 

日航ジャンボ123便 垂直尾翼にオレンジエアが刺さっていた (カラー写真掲載)
http://www.asyura2.com/10/lunchbreak41/msg/520.html
投稿者 愉快通快 日時 2010 年 8 月 14 日 01:08:46: aijn0aOFbw4jc

070903 peter start 070903 peter end

 

アメリカが一番手薄な時間帯(アメリカ本土が一番寝ている時)に岐阜航空実験団のEC1が相模湾飛行しており、
123便尾翼にはオレンジ色の鋼板が突き刺さっていた。
http://www.asyura2.com/10/lunchbreak41/msg/519.html

http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/1472.jpg

日本病、と言うと話が早いですが、
基本的には123便というのも日本特有の病による犠牲なのです。
太平洋戦争の時の作戦と同じです。

何か、また日本病による大規模な国民の弾圧がある雰囲気がむんむんしています。
アメリカは誤っている。しかし日本はもっと誤っている。
これを如実に示したのが日航ジャンボ123便であります。


123便の相模湾の際には、岐阜の航空実験体のEC1というのが飛んでいまして、
これがリモコン操縦等悪さをしていた可能性が大なのです。
オレンジ色の鋼板破片が刺さっている垂直尾翼の写真は当方も恐れ入りました。
(あのオレンジ破片の刺さり方は人工的にできるものではなく、御巣鷹の後部胴体残骸のところにも同じ物が残存しますからホンモノの写真と見てよいです。)


当方の説明は、他で追随してくる2年ほど前にいろいろと案件を出している傾向があり、後から、そうだったのか、となる傾向があります。
intecで現代で解りやすい核心的な解説がありますので添付させていただきます。


<以下引用>
http://www.intecjapan.com/blog/cat18/
 JAL123便を追尾したF-4EJ戦闘機の航空基地指令への報告の中に、欠けた
垂直尾翼に巡航ミサイルの衝突痕跡――オレンジ色の塗料の跡があるというのがあった
のです。自衛隊では軍事演習用の機器は、オレンジ色に塗ってあるのです。
 この報告を受けた航空基地指令はがくぜんとします。そして、直ちにこの事実は上級
指令者(航空幕僚)に報告されたのです。その航空幕僚はそれをさらに上――自衛隊を
指揮命令する立場の者に報告して、指示を仰いでいるはずです。
 垂直尾翼にオレンジ色の塗料の痕跡が残っているということは民間機が軍事演習のタ
ーゲットになって操縦不能に陥ったことになり、日本国政府と自衛隊の立場は完全に崩
壊します。しかし、本来であれば、だからこそJAL123便に乗っている524人の
乗客・乗員の救出を何としてでも行うべきなのです。
 しかし、われわれは、この事件のあと、警察や自衛隊、各官庁の官僚たちの責任回避
体質をイヤというほど見てきています。彼らがこういう状況に直面したときどうするか
。何よりも現体制の維持と責任回避を考えただろうと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

日航ジャンボ123便 蟻ヶ峠付近で発生した「紫外線と赤外線を中心に発する核」をさらに改修した新型無可視光核が想定される。
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/955.html
投稿者 愉快通快 日時 2012 年 3 月 07 日 21:19:43: aijn0aOFbw4jc

 

(回答先: JR福知山線脱線転覆事故=脱線した約10メートル手前で、「砂煙がポッと上がった」原因は何か? 投稿者 高原レタス 日時 2012 年 2 月 02 日 09:52:36)

070903 peter start 070903 peter end

 

1985年8月12日の日航ジャンボ123便であるが、
運輸省報告書にJA8119号機の残骸金属組織顕微鏡拡大写真が複数掲載されている。
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/7779.jpg
顕微鏡拡大写真は
・0.23um(運輸省報告書で指摘)
・0.71~0.83um(運輸省報告書写真110を計測)
の2種類の均一な縞模様になっている。

金属組織に対し超強力な光線が面的に当てられ、瞬時加工された状態である。
0・23umは紫外線
0.71~0.83mは赤外線
を中心とする光線である。

超強力光線が機体金属組織を瞬時加工し、光線の波長に被加工されているのである。

この状況は、高天原近くの長野県蟻ヶ峠の南相木村を飛行中のJAL123便近傍で
「紫外線及び赤外線を中心に発する新型核」
によりもたらされている。
なお、1985年当時の新型核は、可視光もやや発するため、
長野県川上村ではパパっと光る可視光が蟻ヶ峠方面を中心に目撃されている。


さて、
2005年4月25日の福知山線では、1985年8月12日のJAL123便への攻撃タイプの核をさらに改修した、
「紫外線と赤外線のみを発する新型核」
が使われたと想定されます。


電車というのは火の気が無く、キノコ雲が出るのは難しい状況です。
・線路バラストの砂利で多量の粉塵は出ない状況。
・横は駐車場で塵は出ない状況。
・マンションも塵は立たない状況。

よって、
マンションに衝突する前に、起爆がされたと想定されます。

電車ですとフライトレコーダー等がございませんので、
そういった関係もあるかと思われます。

大阪・吹田の鉄道安全考動館に事故車両を展示予定と
2008年の報道記事に書いてあります。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK20080425020063

要は、
JAL123便の安全啓発センターと同様の意味合い。
(外部要因及び核による金属組織の変化証拠物の保全)
ということになります。


しかしながら
最近のスーパーおおぞらでは
・トンネル内でこっそり行う。
・すぐにブルーシートを被せる等、
隠蔽が巧妙化してきています。

 


<以下参考>
鉄道の、曲線通過速度というのは、
かなり古い時代の設備に合わせて大幅に余裕を持っています。
・40キロレール。
・丸い川原のバラスト(敷石)。
・バラストが少々動いてカント(カーブにおけるレールの傾き)がゆるくなった場合も想定。
・ふきっさらしで強風で煽られた場合も加味。
・震度4までの地震も想定。
・夏場でレールが伸びて、局所的にゆがみが生じた場合も想定。
等を想定。

JR西日本の2005年4月25日の福知山線の現場では、
・50キロレール。
・角が尖った山からのバラストで崩れにくい。
・充分なカントがつけられている。(特急や快速等、高速通過列車が多いことを想定。)
・気象条件は問題無し。
・路盤はマンションや駐車場のところが福知山線の旧線であり、強度に問題無し。対向列車も特急が接近してきていたが地盤の揺れ等は無し。
・温度条件は問題なし。

となっています。
重心が高めの207系で、乗車率が高かった条件でも、
110km前後でしたら問題なく通過できます。

そもそも、これがスピードの出し過ぎによる脱線ということであれば、振り子電車というものが存在できなくなってしまいます。(制御振り子及び自然振り子が作動しなかったとしても問題なくカーブを通過できる設計である。)
JAL123便の際、圧力隔壁が原因であのジャンボ旅客機が墜落したとする話術と同様である。

なお、
現在、JR東日本では、さらに規格を上げて、
路盤の強化、60キロレール(新幹線と同等)に交換、
等、余裕度をさらに高めています。

また、
JR東海では、かなり古い国鉄規格のままの線路もあり、
万が一高速で通過すれば脱線しかねない路線も確かにあります。
これは、
カント(カーブでのレールの傾き)をとりすぎると、
蒸気機関車が、カーブで停車した場合、発車時の粘着係数が得られなくなることに起因しています。
電車や気動車時代ではカントを多めにつけて問題ありません。

 

 

 

 

 

 

日航ジャンボ123便 「口外しないように」とのことですので述べますが、朝日新聞報道「白煙」地点は大規模に削り取られている
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/978.html
投稿者 愉快通快 日時 2012 年 3 月 15 日 04:08:28: aijn0aOFbw4jc

 

(回答先: 日航ジャンボ123便 御巣鷹の尾根スゲの沢報道写真中にロシア語ソ連キリル文字が見られる。ソ連軍機が一緒に落ちている状況。 投稿者 愉快通快 日時 2011 年 12 月 28 日 12:01:01)

070903 peter start 070903 peter end

 

朝日新聞報道
http://www.geocities.jp/joox_tv2/jal123/13_1.jpg
で、「ぶどう峠と三国峠を直線で結んだ中間地点」と記述されております。

この地点を確認に行ってみたわけです。
南相木ダムから県境を抜け、仲ノ沢林道を美人平(ぶどう沢付近)から徒歩で、この地点を通過し、御巣鷹山トンネルから、南相木ダムまで歩きましたが、
朝日新聞報道の「白煙を発見」地点は、大規模に山が頂上付近まで表面を削り取られていて大規模な造成地になっていました。
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/7897.jpg
中央の経緯度 北緯36度1分30.2秒  東経138度40分29.6秒   この位置へのリンク http://watchizu.gsi.go.jp/watchizu.html?longitude=138.67491666636&latitude=36.0250706819


御巣鷹山トンネルを抜けて長野側に出たところ、一目して殺し屋とわかる自衛隊公安特殊部隊の人間が灰色のワゴン車で待ち伏せ待機しており、
「そこで見たことは口外しないように」
と口止めされました。

 

余程、都合の悪い現場なのではないでしょうか。
「山体表面が上の方まで削り取られている」ことを述べられたくないのだと思われますので、ここに述べさせていただきます。

posted by ja8119 at 01:05| 指定なし | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。